So-net無料ブログ作成

2019-09-06  カテゴリ: 奈良帰省日記

《奈良帰省日記2019②》(3)矢田寺へ - 供養と山頂へ

《奈良帰省日記2019②》(3)矢田寺へ - 供養と山頂へ (2019.9.6)

昨日(5日)は両親の墓参り。
暑いながらも雨が降りそうな気配をにじませながら持ちこたえてくれました。墓参りのあと、ウォーキングを兼ねてニトリへ。
結局1万8700歩歩きました。



矢田寺へ


そして今日は本骨(喉仏の骨)を収めた矢田寺へ。(本骨はお寺へ収めて胴骨は墓に納めるのが近畿の習わしのようです)

で、民俗公園を経由して矢田丘陵中腹の矢田寺へ。
矢田寺では2月に母の3回忌をすませているので今回はろうそくと線香で参拝。


そのあと矢田山最高点へ行くことを目的に歩きました。

これで帰省の手続き、行事はほぼ終了。あとは特定検診かな。





今日は9月としては何年ぶりかの猛暑日、奈良でも最高気温が35度とのこと。矢田寺までの道のりは街路樹のないアスファルトの道、強い日差しの中、1時間ほど歩いて民俗公園と矢田寺へ。
矢田寺からは山に入り豊富な緑に包まれてすぐに気温は下がってきて風も非常に涼しく心地よくなってきました。天然のクーラーですね。猛暑日とはいえ秋はそこまで来ています。
矢田山最高点からの帰り道、矢田寺の手前で風が暖かくなって下界へ・・


矢田へ

大和民俗公園へ






矢田寺へ








矢田山最高点へ



山頂展望台からの展望 - 生駒山


最高点からの展望 - 奈良・若草山、大仏殿、二月堂、興福寺五重塔など・・




あれこれ


鳥が舞っていました。
どうやらチョウゲンボウのようです
自画像です
2019-09-06 コメント(0)

コメント (0)

コメントを書く (发评论・可以用中文)

名前:[必須]
あなたのURL(名前にリンクされます):
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


2019_10


Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved