SSブログ
2015年03月 ◄ 2015年04月 (18件) ► 2015年05月
次の15件

《中山マンション購入内装日記》(9)
ある内装設計会社へ(2) (2015.4.1)

2日前に行った内装設計会社ですがアイデア図ができたようで微信が入りました。で、夕方訪れました。
マンションの老板の息子という内装設計会社のオーナーが来ていました。おそらく私が行くのであいさつがてらなのでしょうかね。
なんか雰囲気からすると新しい会社のような気もするのですが・・彼の年齢は30歳でマンションの老板は60歳だといっていましたかね。

用意されていた図面はこれ。

元々の間取り図の主人房は書斎として使います。家にいる時はほとんどPCをいじくっていますので広い主人房は書斎・・まあ事務所感覚ですね。

なんせ3房を一人で使いますから自由です。年に1ヶ月ほど漢中から3人が遊びに来るのでその時は書斎だけが私の居住区になりますのでソファーベッドも装備して・・
ストレッチや簡単な筋トレができるように小さな健身房も用意。

無料はここまで。これ以上は契約をしてからの話しとなります。
一番重要なのは品質ですということはいっておきましたが。
2週間後に返事をしてもいいかとたずねると「OK」

明日は別の会社へ。

今日も帰りは周辺を散歩。正面の小さな山は紫馬嶺公園で手前にはカルフールが・・


そして赤い花の咲く木、南国の花・火焔木です。冬の終わりから春に咲きます。背景はお向かいさん、遠洋城。


火焔木並木がありました。深圳では街路樹には火焔木が少なかったので新鮮。


タグ:
2015-04-01 コメント(4)

《中山マンション購入内装日記》(10)
もう一つ内装設計会社 (2015.4.2)

さて今日はもう一つの内装設計会社へ。
実は深圳に住んであちこち引っ越し場所を探していた頃、中山に来てとあるマンションを見学した時に知り合った内装設計会社の人と時々微信をしていまして内装するなら声をかけてくれと言われていたのです。
中山の内装設計会社事情は知りませんが雰囲気的に小さな会社だろう、と勝手に思っていましたが一応旧知の相手になるので話しだけでもしとかないとダメかな、と思い今回出かけたのです。

1時に彼の事務所で待ち合わせ。名刺帳をくってみると彼の名刺が出てきました。地図で場所と行くための交通機関を確認。忘れ物をして時間が遅くなりそうだったので中山に来て初めてタクシーを拾いました。深圳のタクシーはごまかしが多かったので二度と乗るまいと思っていたのですが今は地図アプリで簡単にごまかしをチェックできますし、何となく中山はそんなにごまかさないだろうと思えましたので・・・

さて時刻通りに事務所に到着。見るとけっこう大きな設計会社のような気が・・・大きな会社でした。1991年広州で会社設立、1998年から中山でも仕事を開始したそうです。お見それしました。

中国式でお茶を飲みながらいろいろ話しを聞きます。まあ話しは話しとして重要なのは内装工事の品質ですね。
「こちらで設計したマンションを見学することはできますか?」とたずねると「もちろんOK」と。
で車で現在この会社が内装しているマンションへ向かいます。
ん、私の買ったマンションのお向かいさんでした。遠洋城。ここで70戸ほど内装工事をしているとか・・なるほど。

現在内装工事中
 


遠洋城からの眺め



そのあと工事関係の材料も自社で作っているとのことでこれも見学。
まあよく聞いてみるとOEMをしているらしい。電線や配管材に自社のロゴが捺印してありました。






このとき電線が銅100%でないような感じを受けました。いやに固いし、重さも重い・・不信感が・・・
事務所に戻ってからチェックしましたが始めは鉄が含まれているかと思ったのですが磁石にくっつかないのでこれはシロ。不純物が含まれているのは間違いないと思いますが・・さて今後の課題ですね。
導線を包む皮膜は一つはちょっと妖しい。ライターで火をつけてライターを取り去ってもほんの少し燃え続けます。一番最新で使っているというのはすぐ火が消えるし、煙もないのでこれはOK。

どうしたものでしょうかね。
2、3日後にアイデアの平面図を書いてくれるというのでまた後日。
ついでに昨日行ったあのマンション老板の息子の設計会社の事を聞くと新しく会社を設立したばかりのようでした。

一応3社の会社をエントリーしているのでその中から15日あたりに内装をお願いする会社を決定します、と言ってあります。
会社の名前は実名を言っています。
タグ:
2015-04-02 コメント(2)

東望洋炮台 - 二龍喉公園 (2015.4.3)

マカオ・東望洋炮台へ
マカオの観光地図を見ながら次はどこへ・・と水塘(貯水湖ですかね)が見えて近くに観光番号らしき「25 東望洋炮台」の文字。ここにしよう、と言うことで今回はこのあたりを散歩します。
まあマカオ半島9.3km2、そんなに急いでどこへ行く、ゆっくり行きましょう。

東望洋炮台は二龍喉公園にありまして、行きは25Xのバスで二龍喉公園站下車、帰りは片方向循環線の17路に乗って南へ東へと東半分を一回りするようなルートで未知の部分をバスで見学しながらイミグレへ。



17路のバス路線。目玉印が二龍喉公園


今回はバスで行ったのですが帰って地図を測ると距離が2kmほどなんですね。歩いても30分ぐらいでしょう。マカオに慣れたらマカオ半島ぐらいは徒歩で回るようにしましょうかね。今はとりあえずバスに慣れると言うことで。

その時はスマホの中国移動通信の国際漫遊でマカオでもデータ通信が使えるようにしておきたいですね。実は私、信じられないほどの方向音痴なのです。地図アプリを使いたい!現在は方角を知るためコンパスアプリを重宝しております。

二龍喉公園の南西隅にある東望洋炮台の丘。


軍事用という1931年に作られた小さなトンネル。




上に登ると視野がよく開けます。リスボアホテルはどこでもよく見えます。


教会もあります。中に入れますが写真撮影はダメ。洞窟風になった教会。17世紀ポルトガル風とか。
灯台は中国沿海地域のもっとも古い現代の灯台でマカオ出身のポルトガル人によって建設。















二龍喉公園で

紫片喰(むらさきかたばみ)は真っ盛りですね。

蒲桃(ふともも)に実が付き始めました。花と実が共存

開花期 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

果期 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12


これ、なんなんでしょうかね・・・

たくさんたくさんいました。お世辞にもきれいといえない声で鳴いてました。

どこにでもいる鹿の子鳩(かのこばと)ですね。

タグ:
2015-04-03 コメント(0)

今日は清明節 (2015.4.5)

今日はいいお天気、したがってすごく暑かった。昼は30度になって18時でも29度。
能見度(●視程)も18kmとすばらしく能見度も冬、春から脱出、夏になりました。
そして今年初クーラー始動。暑くてたまりませんね。

半袖短パンの解放スタイルも間近。今日も短パンで出かけたかったのですが・・まま、今日はおさえて・・山とか自然を満喫しに行く場合は短パンでいいでしょうね。




清明節
今日、世間はご先祖様を祭る清明節。
香港では処刑されたキリストが三日後に甦ったことを祝う復活祭と重なります。復活祭は春分後の最初の満月の次の日曜日と言うことで毎年日が変わりますが、清明節は二十四節気なので毎年ほぼ日が変わりません。
で今年の香港は清明節と復活祭が重なって3~7日までの連休。香港の休日はクリスマスとか復活祭とか、以前の風習がまだまだ残ります。それにしても香港の暦は複雑です。

漢中の燕燕も亡くなったおじいちゃんの所へ出かけたようですが数日前から喉が痛くて点滴まで打っているので気分は優れない様子。今日も早くにおやすみメールが来ました。

 


中山・博愛五路




中山・孫文紀念公園にも行ってみました。公園からの展望はたしかに能見度18km


中山十景の興中道


タグ: 清明節
2015-04-05 コメント(0)

《中山マンション購入内装日記》(11)
3つ目の内装設計会社へ (2015.4.5~6)

さてエントリーしていた最後の内装設計会社へ。
まず予定していた興中路へ・・・ん・・えー改装中? あれま、せっかく見つけておいたのに・・
と言うわけでネットで別の場所を探して仕切り直してやってきました。それにしてもわかりにくいところにありました。普通なら道路に接したよく見えるところにあるのですがここはビルの24階にありました。しかも外側には「看板」が全くない。商売っけがない?
ま、ここを選んだ理由は10年前深圳で内装をした時頼んだ会社だからです。深圳の会社ですが中山には2008年に設立したらしい。
深圳の時の内装に対する私の評価は悪くないのです。ですから一応話しだけでも聞いておこうと。



中はサロンみたいにとても豪華な雰囲気を出していました。こんな雰囲気の設計会社に来たのは初めて。一つ一つのテーブルの灯りはシャンデリア。
設計者がやって来てお話を。
ここで使っている内装材料を見せてもらいます。まずは気になっていた電線を確認。銅100%のような感じを受けました。これは問題ないでしょう。ただ外皮は少し燃えやすい材料・・

合板は20mmで見た目ちゃんとした合板。前回の所は中は合板ではなく安っぽそうなムクの板を継ぎ合わせていました。使っている材料ははかなり違います。

この内装設計会社は深圳の系列ですが会社として使う材料は統一して決まっているので、とのこと。


ここでもこの会社の設計した内装を見学させてもらいました。
この日は清明節で休みなので・・ということで日をおいてということになりました。


帰ると微信が入り次の日の午前にどうですか、と。
で次の日、彼らが車で私のマンションまで迎えに来てくれて出かけました。現地へ・・・ん、ここも知っているところでした。香港人がたくさん買っている凯茵新城でした。私も購入を最後まで検討した地域です。結局車がないと不便なので購入は断念しましたが。
彼らはここでたくさんの受注をしたとのことでその中の間取りの広い(300m2たらずと别墅なみ)所へ連れて行ってくれました。




 

帰ってから事務所に戻り私の部屋の彼らのアイデアを聞きました。

これで一応私の内装設計屋めぐりは予定終了です。これまでの材料を元にあと少し検討をして最終的にどの設計屋にするか決断します。



孫文紀念公園


タグ:
2015-04-06 コメント(2)

マカオスナップ (2015.4.8)

短パンにしようかと思っていた昨日とうってかわって気温が急降下。昨日のつもりで半袖で外へ飛び出してそのまま網友と共にマカオへ。
始めはそれほどでもなかった寒さがバスが珠海に着くと風もあって・・・さらに雨模様の空。かろうじて雨は思いとどまってくれていました。

マカオは聖パウロ天主堂からリスボアホテルまでの散歩。

そのあと網友はフェリーで蛇口まで帰り、私はいつものように珠海からバスで中山へ。バスが走り始めたら外は大雨。
中山に着くと出発時とは全く変わり、街は冬に戻ったみたいな服装。私の半袖はすごく目立っていたことでしょう。気づかぬふりをしてわが家へ・・


昨日の気温は23-28度、今日の気温は・・・
15-18度!





とある教会で




半袖の人もいればコートを着ている人も・・・








ホテル・リスボア




フェリーのりばで 外港碼頭


オニカッコウが1羽で元気よく鳴いていました


タグ: マカオ
2015-04-08 コメント(0)

HKnetのメールサービス終了

私のメインにしているメールは香港NTT HKNetサービスで私の香港時代から17年ほど使っています。初めてネットサービスを受けた98年当時はNTTdataでしたがサービス終了後、HKNetに引き継がれました。香港から深圳に引っ越した時、メールは使えるとのことだったのでメールサービスだけ受けていました。使用料は1年分まとめて小切手で前納していました。

ここ1週間ほどNTT HKNetのメールサーバーにloginできないので問い合わせましたところ返事がありません。
いつも日本語でOKだったので日本語でメールを送ったのですが返事がないので一応英文もつけて送るとすぐ返事が返ってきました。

Sorry to informed you that all of the HKNet Email had been terminated since 1-Apr-2015.

Oh my God!!! だいぶ前にネットサービスが終了したのですがメールは今後も続きます、とのことだったので安心していたのですが予告なしの終了にちょっとあわてました。
で残っている使用料はHKNetから小切手を送りますとのこと。であわてて現住所をメール。金額はたいしたことはないのですが・・・了解のメールがすぐに届きました。


というわけで私のメールアドレスが変わります。HKNetからKCNに変更してください。アドレス変更のメールは現在準備中ですがよろしくお願いします。
もしくはSkype、微信(WeChat)、LINEも使用可能でアカウントはいずれもSceneway。ただし、LINEは中国では接続が不安定です。

 


今日も中山は寒いです。
昨日は15-18度、今日は15-19度・・・




タグ:
2015-04-09 コメント(1)

麻煩な小学校の転校

陝西省漢中の知人Aは小学生になった自分の子供星星(小学1年)と親戚の燕燕(中学三年)と一緒に借家に住んで学校に通っていますが、一昨年から学校に自分の居住区を証明する房産証の掲示が必要になりました。
燕燕の地元だと割り当てられる中学校はかなりの田舎になるみたいなので少し裏の手を使って市中心に比較的近い学校に通っています。


内装工事の終わったマンションのテレビ背景
今回新しく漢中に買ったマンションの内装工事が終わり来期(9月の新学年)までに引っ越します。9月からは燕燕は高校になるので問題はないのですが星星は小学校を転校しなければなりません。
今回は住居証明である房産証ができたので転校の届けを出すだけ、と軽く思っていたのですがけっこうな問題でした。

知人Aは転校に向けて行動開始、彼女が調べてみるといろいろ面倒なことが発覚。まず転校希望先にいるそれなりの先生を見つけてこの先生に紅包(お金ですね)を渡して便宜をはかってもらわなければならないとのこと。
額は学校の風格によってさまざまだとのこと。

相談を受けて一番いい学校を選ぶよう指示。彼女のいう「一番いい;[最好]」というのをいい中学に入れる小学校、と解釈していたのですがよく聞いてみると
「いい中学校に入るには試験でいい成績を取らないとダメ、『最好』の学校に転校すると試験の成績が良ければ学費が免除になる」
おお、そういうことか。星星は幼稚園のテストでも100点をとっていましたが、小学校1年になっての試験でも好成績だったようで学年トップだったそうでびっくり。幼稚園の時は試験の時に先生からいろいろレクチャーされてたいがいの人は100点になるのかなと思っていたのですが・・もしかして幼稚園でもガチの試験をしていたのかも知れません。ですので最好という学校がいいではないですか。でもあいにくその学校は定員いっぱいとのこと。で別の学校の先生ににアタックして手続き終了。

このときにかかった紅包は・・日本でいうなら普通にボーナスぐらいの金額!!
聞いた時想像した金額はもっとかわいらしい額。ほんとうに半端ではありません。びっくりです。「最好」の学校ならこの2倍の金額になるとのこと。私の頭の中は・・・

まあ日本でも中国でも発現する方向は違いますが働かずに大金を得ようとするすさまじい迫力を経験してしまいました。
タグ:
2015-04-12 コメント(6)

《中山マンション購入内装日記》(12)
内装設計会社を決定 (2015.4.15)

寒波も通り過ぎて今日の日中は太陽いっぱいでどんどん気温が上がった様子。長袖をまくり上げて街を歩きます。
さて予定通り今日内装設計会社を決めて契約書を交わしました。と言っても今日は設計分の契約。
今回はちょっと冒険をして小さな設計会社を選びました。リスクとしては内装後、問題が起こった時に会社がなくなっていたら・・・とか、技術的に未熟かも知れないとか、いろいろ考えられます。メリットとしては小回りがきくだろうと言うこととかですね。
これまでの内装設計会社めぐりでわかったのは電線のような問題がいろいろありますがどこでも同じような感じで決定的な判断が苦しいこと。で何かあれば便利なように物件の近くの設計会社を選んだのですが・・さてうまくいくか、裏目に出るか、まあばくちですな・・


さて契約です。
大きな内装会社は設計費込みでの内装費を計上するのですがここは設計費と施工費に分かれていました。設計費は風格(和風とか欧州風とか・・)に寄って値段が異なります。まあ、ヨーロッパ風ならばあちこちごちゃごちゃと装飾があるので結構面倒ですからね。
ネットで4つの設計の写真をエントリーしてこれからおおよその風格を判断、設計費を計上、支払い方法を定めてサイン。

電線の件は銅100%の線材、そして皮膜は燃えにくいものを探して欲しいことを告げます。そして1週間後、私がネットでそれぞれの部屋の気に入ったデザインを探して彼らに提示した後、設計に入って欲しいことを伝えました。
ですのでこれから1週間は少し忙しくなりますね。


ネットで見つけた書斎の一つのデザイン

ネットで見つけたデザインページ。
たくさんたくさんあります


今日はほんとにいい天気でした。燃えるような赤い花が満開の物件にほど近い火焔木(かえんぼく)並木


タグ:
2015-04-15 コメント(0)

ネット友達

こちら(中国)で日本のドラマや映画をネットでよく見ているのですがなんか最近のドラマは私にとって不作が多いですね。
ドラマではないのですが思いきり笑いたい時には言葉の問題もあり明石家さんまの さんまのまんまとかさんま御殿とかをよく見るのですが昨日の「ホンマでっか」 (→ホンマでっか 4.15) を見ていたら 最近の若者は知り合う友達の半分以上がネット経由?と言う話題で話が進んでいました。
ちなみにネット友達のことを中国では網友(网友)と言うようです。

考えてみると私もリタイアしてからはブログを書いたり掲示板(BBS)とかネット経由で人と知り合うことが圧倒的に多いですね。山歩きで知り合うこともありましたがネットが圧倒的に多いです。

まあ、仕事をしないで中国に住むという特殊な背景はありますが、日本のニュースを知るのも中国のニュースを知るのも全てネットです。私にはネットがなければ生活はできません。
おそらく日本に帰って日本で老後をするにしてもたぶん新聞、テレビは買わないでしょうね。おおざっぱなことは全てネットでわかりますから。テレビを買い新聞を読むとすると1ヶ月あたり少なくない額を多くない年金から支出しなければなりません。



先日、漢中の知人Aの息子、小学1年生の星星から微信(WeChat)がありました。
「你好吗?」始め、知人Aのアカウントから来たので彼女からと思い返信。と、
「我是星星」
お、星星か、とびっくり、同時に嬉しい。
二言三言やりとりしたあと星星が「遊びに行く」と言ってチャットは終わりです。

お母さんのスマホがあったのでそれを使って私にメールを送ったのでしょうがやっぱり現代の子は子供の時からPCに慣れるよう教育しておいた方がいいのでしょうかね。いつ彼(星星)にスマホを持たせるか、考えておきましょうかね。

 

マンションの花壇で




タグ:
2015-04-16 コメント(2)

《中山マンション購入内装日記》(13)
内装アイデア思案中 たたみの部屋 (2015.4.18)


間取り図です下がほぼ南。
黒色の壁以外は取り去ることができます。
外は外出意欲をそそるようにいい天気が続く中、外を見ないようにして部屋に閉じこもって内装アイデアを練る日々です。
今日は曇り空でやっと一安心・・なにがやねん!

書斎のアイデアはほぼできあがり。書斎と言ってもPCを使う日々ですのでデスクトップ、ノート、タブレットのパソコンをどう配置するかというPC机の構想ですね。



ところで10年前の深圳の内装の時にも見かけた畳の内装、中国ではまだまだ元気に頑張っているようです。
畳は中国語では「榻榻米(tà tà mǐ)」で発音は「たたみ」です。おそらく日本語からの音訳でしょうかね。

で中国のGoogle、百度で「榻榻米」をキーワードに検索すると470万件の記事があり、画像は46万件との表示。畳は中国でももう完全に「市民権」を得ていると言うことでしょうかね。

試しにGoogleでも「榻榻米」のキーワードで画像検索をすると30万件以上というおびただしい画像が出てきました。見る限り全部中国のサイトで、ほとんどが内装設計用の画像。
YahooもGoogleのエンジンを使用していますのでYahooの画像検索をしても同じ結果になります。
    → 榻榻米(Yahoo)

さてでは畳の部屋も作ってみるか、と言うことなのですね。普通に作ると個人的な感覚として あまり・・なので一ひねりが必要。写真にあるような真ん中に掘りごたつ的テーブルも一つのアイデアですね。この方式は一般化しているようで伸縮する支柱も作られているようですね。これだと既製品でいけるかも・・テーブルが不要の時はしまい込めます。

まあ3房を一人で使うので自由に・・まあ漢中から3人が来た時のことは考えなければなりませんが。

さて・・
タグ:
2015-04-18 コメント(4)

《中山マンション購入内装日記》(14)
畳のの部屋(2) (2015.4.19)

ネットで畳の内装写真をたくさん見たので少しその気になってきたので実地の見聞に行ってみました。まずはこの前見つけた紅星美凯龍家居広場の「たたみ屋」さんへ。
話しをしていると大唐和室と言い、全国チェーンみたいな感じ。出店しているのは大唐和室家具店(→ HP) というようです。
和室関係の家具、ふすまとか、掛け軸とかもそろえて「システム和室」のようにして仕事を請け負っている様子。畳の下は全部収納スペースになっているのでこれを作ればあとの収納は考える必要がなさそうな感じ。これが第一のメリットでしょうかね。たたみも軽いし簡単に取り除けるので畳のじゅうたんを敷いている、と考える方がいいのかな。

そして買ったマンションの近く、カルフールのある遠洋広場(★远洋广场)の3階の簡愛家居の中にも先月新しくショールームができたというのでこちらにも行ってみました。
遠洋広場で

テーブルをしまい込んだところ。畳の厚さは薄いです=軽い
写真のサンプルの大きさは160 x 80 cm、ほぼ団地サイズですね。でも大きさは自由に選べます。表面(畳表)の模様はたくさんのバリエーションがありました。真ん中のテーブルは中にしまい込めます。


もう一つのタイプの展示

机はムクの木で重い。このタイプだと冬に布団を掛けて中に温風器でも入れれば掘りごたつになりますね。
そう言うとこちらは寒くないのにいつ使うのかと笑われました。「いやいや、冬に寒い時がある!」と、ちょっと意地っぽく。

実際に使って和室のテーブルで話ししてみるとなかなかいい。気分で時々使うのもいいではないかと思えてかなり傾いてきました(和室を作る方向に)。畳の下に大きな収納スペースができるのもいいですね。

ただ全体的に安っぽいので畳の部分だけにしてあとは現代風のイメージでデザインしたいような感じ。畳の部分以外は和風でなくてかまわないと。

さて最終的にどうするかな。
タグ:
2015-04-19 コメント(2)

2015-04-20  カテゴリ: ハプニング

《中山》わ、断水

断水 (2015.4.20)

昨晩、ストレッチと筋トレで汗だくだくとなったので2回目のシャワーへ。
・・・何・・・水が出ない。まさか冗談でしょう・・・しょうがないのでタオルで体中拭きまくります。まあ明日の朝になれば水が出るようになるでしょう。で、トイレのあとの手は濡れティッシュで。深圳の時に山歩き用に備えていた濡れティッシュが意外なところで活躍。

そして今朝、水を・・・あれ、まだ出ない。メンテナンスにしてはおかしい。ふと思い当たったのは・・もしかして管理費や水費などの自動引き落とし口座にお金が無くなって強制執行されたか?
こちらの借家は大家さんから管理費とか光熱費関係の自動引き落とし用の銀行通帳を渡されまして自分でその中にお金を入れて管理するのが一般的。この口座のお金が無くなると自動引き落としができなくなるわけで・・

とりあえずあわててインターネット・バンキングで管理費口座に2000元振り込んで管理所へ。
管理所の小姐に「水が出ません」・・小姐「断水です」・・私「!!」
理由を聞いてもおそらく聞き取れないだろうしとも思ったので理由は聞きませんでしたが、復旧は今晩だとのこと。トイレやご飯は・・・しょうがない。
花壇の水道にはバケツを持って水を汲みに来る人、その横で洗濯をする人がいます。なかなか懐かしい光景です。皆さん断水に慣れているのでしょうかね・・私にはバケツなど用意がありません。

以前働いていた頃、中国の宿舎(アパート)が1週間ほど断水をしまして、ため置きの水、外食と散髪屋の洗髪(当時は10元、上半身のマッサージ付き)などでしのいだことがありましたが今の時代に丸1日の断水は辛いですね。

深圳の時も定期的にメンテナンスのための断水がありました。でも深夜から早朝まででしたのでほとんど影響がありませんでしたが今回は今晩まで、となると少し考えなければなりません。
外出でもするかな、と言うことで内装設計屋に中間報告と話、和室を作るよう指示、帰りに日本料理屋で夕飯。

午後8時、めでたく復活。

 

今日の中山は気温20-30度、だんだん夏に近づいてきています。外を歩くとべっとり。

午後8時の気温は22度、能見度(●視程)は14kmとまあまあ。

タグ:
2015-04-20 コメント(0)

《中山マンション購入内装日記》(15)
内装アイデアが決まりました (2015.23)

内装平面図でこちらから変更を依頼していた部分ができあがったと連絡があったので今朝、設計会社へおもむきました。
新しい図面を見ながらさらに少し変更を加えて直ちに図面化。図面にサインをして設計費の第1回目の支払いを。
基本的にこの図面を元に立面図、さらに効果図、イラストの作成を進めます。
だんだん具体化してきました。効果図が楽しみですね。



私は基本的に仕事をしていませんので家にいる時はほとんど書斎です。で元主人房のトイレ付きの大きな部屋を書斎として内装します。書斎の机はいくつかのPCを配置しますので私がアイデア図を書き図面化してもらいます。
まあ、公用トイレが別の所にあれば書斎と寝室、トイレを含んだ一つの部屋にして主人房として使いたいところですが。

元家庭娯楽室の部屋を広げ(壁の作り直し)和室を作ります。ただし和風は畳の部分だけで建具は和風ではなく現代風に仕上げるつもりです。半畳の部分には格納できるテーブルを設置。畳は 160 x 80cmとします。したがってテーブルは80 x 80、普通のこたつ天板は75 x 75なのでそれより少し大きめ。

元入戸花園は健身房にして同時に洗濯機もここに。健身房を作ることで現在やっているストレッチや簡単な筋トレのほか、いろいろなトレーニングをしたくなるように期待。

漢中から3人が遊びに来た時は私が普段使う寝室を開放して私は書斎のソファーベッドで寝まして、3人は寝室と和室を使うことになります。
タグ:
2015-04-23 コメント(2)

携帯SIMカードと銀行の「戸籍」 (2015.4.22)

先日深圳から香港へ行きました。目的はいつものようにビザ関係、そしてSIMカードの交換と国際漫遊の登録。
私の電話SIMカードは深圳発行の中国、香港2ナンバーのものです。以前SIMカードが新バージョンになったので無料で交換するので深圳の移動通信の営業所に行きなさい、とショートメールが来ていました。
でこれを口実に深圳に行くことにしました。

中山からは福田行きのバスですので近くに移動通信の営業所がないかまずは地図上で確認、ありました。念のため他の所も・・福田口岸に近い福民にもありそう。
深圳に到着、竹子林には見つからず、福民の移動通信の営業所へ。

さてカードの交換を・・・
「あなたのはすでに新しくなっています」
え、とするとSONYのスマホを買った時にマイクロSIMに交換しましたがそれ以後変更なしということかな・・・
さらに国際漫遊の登録は・・・
「あなたは中国と香港の2ナンバータイプなので国際漫遊の登録はできません」
・・・・おー・・なんと・・・
2ナンバーのSIMカードは何と不便なんでしょうか。
では香港、マカオでデータ通信もできないのですか・・・
「それはできますよ」
「やってみてるのですができないのですけど・・・」
「私がかわりに登録してあげましょう」
そうか、登録が必要なのか・・・
なにやらちょこちょこやっていまして
「あと、あなたの携帯の電源をOFF、ONすればいいですよ」
とのこと。

結局来る必要がなかったのかな?
このあと香港へ。で楽しみにしていたデータ通信が使えるかどうか・・
使えそうで使えない・・・微信を使うと・・
微信はネットに接続されていないと上段にピンクの帯が出てネットに接続されていないとワーニングが出てくるのですが、この表示がないのでいけると思いきや、使い始めると黒バックのワーニングが一瞬出てネットにつながらないというような文字。

結局再び深圳に戻ってきてわかったのですがスマホの設定が変わっていて深圳でもデータ通信ができませんでした。設定をいじくって通信OKに。とするとこの状態で香港、マカオで試してみる必要がありそうです。たぶんできることを期待しましょう。文明の利器はなかなかしんどい。

で、ここで考えるのですが・・・私の携帯(SIMカード)は中山発行のものではなく、深圳発行。で、重要な変更なんかは深圳へ行く必要がありそうなので中山発行に買い直した方がいいかもしれないのです。
ただ電話番号の変更は銀行にもけっこう大きな影響があります。
たかが電話番号なのですがインターネットバンキングで振り込みをする時に銀行に登録している電話番号にショートメールで動態パスワードが送られてきてこのパスワードをインターネットバンキングで使わなければなりません。

私の口座のある銀行も深圳戸籍。したがって複雑な問題があると深圳の銀行に行かなければなりません。
中山のATMでお金を引き出す時も手数料を取られます。
前にも書いたのですが同じ銀行でも深圳と中山とでは別会社みたいなもので住所変更だけの登録では口座の「戸籍」を変える事はできません。おまけに同じ銀行に一つの身分証明書(パスポート)では一つしか口座が作れませんので中山の同じ銀行に新たに口座を作れません。いろいろ思案したあげく実際上銀行口座の「戸籍」移転はあきらめました。

銀行カードをスーパーやお店でデビットカードとして使う時は「口座戸籍」に関係なく手数料がないのでいつもこの手です。日本料理屋でも何を買っても極力銀行カードで支払います。したがって1000元ぐらいをATMで引き出すと1ヶ月以上財布に入っています。

で電話番号の変更も銀行と絡めてタイミングや方法を考えなければなりません。全部が中山にあれば楽ですが全部深圳・・・

なかなか大変です・・ さてどうするかな。


香港・屯門の青山 久しぶりに登りたいなあ・・


 

タグ:
2015-04-24 コメント(4)
次の15件
2015年03月 ◄ 2015年04月 ► 2015年05月

2015_04


Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved