SSブログ
2020年10月 ◄ 2020年11月 (9件) ► 2020年12月

散歩道の花暦・・ 福獲村トレック (2020.11.1)

出かけるとき、天気は良好。目的地に着いて歩き始めるとやっぱり暑い。袖をまくり上げ、短パンにして歩きます。
長江水庫は水がいっぱい、雨のない冬を前に水道水の確保ができた感じ。そしてけっこういろんな花が咲いていました。今回は以外にたくさんの花を見つけたので花ごよみ。年中咲く花も多いのですが・・
YAMAPで見ると花と咲いていた位置とを対比できます。


9km
4時間(移動時間 2時間40分)
累計上昇 362m
累計下降 372m



《広東省中山市》散歩道の花 福獲村トレック / Scenewayさんの活動データ | YAMAP / ヤマップ







出発点近くの公園で ブーゲンビリア


水庫は水がいっぱいになりました


水いっぱいの水庫を近景に獅頭山


今回の標高最高点近くで


最高点近く。一番落ち着ける場所でした


下山してきました。


山では鳶(とび)が



トレールの花暦

木栴那 (もくせんな)
黄槐 (huáng huái)




台湾連翹(たいわんれんぎょう)
デュランタ
假连翘 (jiǎ lián qiáo)


紅葉昼顔 (もみじひるがお)
紅葉葉昼顔 (もみじばひるがお)
五爪金龙 (wǔ zhǎo jīn lóng)


ハイビスカス
仏桑華 (ぶっそうげ)
朱槿 (zhū jǐn)


十万错 (shí wàn cuò)


和名はないようです。コロマンソウの仲間。

大葉梵天花 (おおばぼんてんか)
地桃花 (dì táo huā)
肖梵天花


大花栴檀草 (おおばなのせんだんぐさ)
白花鬼针草 (bái huā guǐ zhēn cǎo)


アメリカ浜車(アメリカはまぐるま)
南美蟛蜞菊 (nán měi péng qí jú)


木立金梅 (きだちきんばい)
毛草龙 (máo cǎo lóng)


キキョウランが鮮やかな紫の実をつけました
ユリ科

桔梗蘭 (ききょうらん)
山管兰 (shān guǎn lán)


毛麝香 (もうじゃこう)
毛麝香 (máo shè xiāng)


ランタナ / 七変化(しちへんげ)
马缨丹 (mă yīng dān)


タグ:
2020-11-03 コメント(0)

平日と休日の獅頭山 (2020.11.6, 11.8)

朝、家の中にいると長ズボンに長袖。ストレッチをすると暑くなってきます。山に出かけるときは・・
歩くと足のちょうつがい部分、くるぶしとか膝とかは摩擦熱でしょうか、ぽかぽかしてくるのでズボンが長いとちょっとうっとうしい。腕は日が当たらないと少し冷たく・・と言うわけで長袖をリュックに準備して短パン半袖で出かけます。
いい天気。6日(金)と8日(日)にほぼ同じルートでトレック。

11km
4時間半(移動時間 3時間20分)




《広東省中山市》長江路から獅頭山(★狮头山) / Scenewayさんの活動データ | YAMAP / ヤマップ


登りのルートは少しマニアックになりますので6日にひとりだけ会いましたが日曜日は全く人はなし。
山頂の様子はがらりと変わります。平日は人もまばらですが気候がよくなった日曜日、山頂ではハンモック族、親子連れなどひっきりなしにやってきます。5時を過ぎてもどんどんと登ってきます。


 

6日の山頂からのビュー





6日下山



獅頭山へ 11月8日

今の時期にしてはまあまあの能見度(●視程)


山頂反対側の急坂から山頂へ。この岩場を登れば山頂




山頂から








実にたくさんの人たち


まだまだハンモック族は健在です。




下山してきました。深圳中山間の橋、深中通道につながる中開高速道路の二期工事が始まりこのあたり周辺は騒がしく・・


新築マンションもそろそろ


獅頭山
おわり
タグ: 獅頭山
2020-11-08 コメント(0)

《陝西省漢中》中学校・生徒の登下校時刻を毎日親にSMS + 燕燕の運転免許証

星星の中学校
星星の通う中学校、生徒が学校への登下校時の時刻をSMSで保護者に知らせるようになったようです。昼は2時間の昼食休憩があるのでそれぞれ家に帰って昼食をするので1日4回、学校の門をくぐることになります。


ぼかしの部分には生徒の名前が入ります。

SMSによると7時半開始、12時-14時昼休み、17時半下校、ということですかね。
またSMSが瞬時に送られています。おそらく生徒が門を出入りするとき生徒のQRコードを読むとかして自動的に保護者にSMSを送るシステムになっているのではとか推測します。まさか手で送信しているとは思えません。
燕燕が中学、高校の時は全寮制が普通でしたのでなかなか世の中、変化しますね。


燕燕 運転免許証ゲット
そして燕燕、9月から大学3年生になりましたがどうやら運転免許証をゲットしたようです。こちらのシステム、なんか複雑そうで筆記試験が3回、実技テストが2回あったようです。
大学入学時に免許学習の手続きをして時間のあるときに勉強、練習して在学中に試験に合格すればいいとのことでした。夏休みに実技試験2回、1週間ほどおいてありまして、合格したと聞いてました。あと筆記試験を1回受けるだけとかになっていたと思います。
まあそれにしても悠長ですね。ちゃっちゃと行かないもんでしょうかね。


免許証。本人のではありません。ネットで拾ったもの。ぼかしを入れました。





紫馬嶺公園に行くとあちこちで香港オーキッドツリーの花が咲いていました。これからが季節ですね。
中国名の羊蹄甲、羊のひずめ、葉が羊の蹄みたいな形をしています。

香港オーキッドツリー
大花蘇芯花 (おおばなそしんか)
红花羊蹄甲 (hóng huā yáng tí jiǎ)
花 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12



タグ:
2020-11-12 コメント(0)
(332)

これでも全開です 頷き姫芙蓉

長江路から山に入りトレックを終えて出てきた長江水世界。出口の近くにいつもこの花が咲いているのでふと見に行きました。

一見つぼみのようなのですがこれが精一杯、これ以上開きません。ハイビスカスと同じアオイ科、でこれをスリーピングハイビスカスとも呼びます。

頷き姫芙蓉(うなづきひめふよう)
スリーピング・ハイビスカス
南美朱槿 (nán měi zhū jǐn)
悬铃花懸鈴花 (xuán líng huā)
科属名アオイ科ヒメブッソウゲ属
花 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12











そして同じ場所に咲いていた香港オーキッドツリー、これから半年ほど見られます。

香港オーキッドツリー / 大花蘇芯花(おおばなそしんか)
红花羊蹄甲 (hóng huā yáng tí jiǎ)

花 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12


中国名は紅花羊蹄甲、羊の蹄のような葉です
(034)

アカネシロチョウ 报喜斑粉蝶報喜斑粉蝶 - 長江路(2020.11.14)

散歩中、道路沿いの緑地に帳がひっきりなしに。結構私の好みでもあるアカネシロチョウが。漢字だと茜白蝶とでもなるのでしょうか。名前が茜ですがなんとなく赤のような・・
蜜を吸う口吻(こうふん)がよく見えています。

アカネシロチョウ
报喜斑粉蝶報喜斑粉蝶
 (bào xǐ bān fěn dié)

学 名Delias pasithoe
科属名シロチョウ科シロチョウ亜科シロチョウ族カザリシロチョウ属
開 長60 - 70mm
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)










連続滞在1年を越えた・・

とうとう連続滞在1年を越えました

それにしてもすさまじいコロナの勢い。以前はミヤネ屋のyoutubeを見てチェックしていましたがコロナウイルスのウイルスの概要はほとんど出尽くしたように思えたので1日1回寝る前に日本国内の感染者情報を見るだけになりました。そして最近は数日に1回のチェックだけしかしません。メディアは真実だけを報道してくれればいいだけなのですがやたらと不安をあおるので見る気がしません・・第2波の最初の頃は東京をロックダウンすれば・・とか思っていましたが今はあきらめムードですかね。

飛行機のフライトはあるものの運賃がとても高い。大阪便は普段使ってるLCCの10倍以上、おまけに上海からの早朝便だけなので1泊する必要があり更に金額がかさむ。使えません。
で、今は比較的安全な中国にいてワクチンができるのを待つしかないかな、と思っています。

と言うわけで去年の11月18日のフライトで中国に戻ってからいつの間にか連続中国滞在1年を越えました。1996年に香港に渡って以来25年目になりますがおそらく1年以上故郷に帰らなかったのは初めて。おかげで頻繁に帰っていた頃よりも近所の人の目が優しくなったようにも感じます。マンションの管理所の人とかスーパーの人とか。


山歩き

中山の滞在が長引きそうだと思ってこれを機会にと始めた中山・五桂山脈めぐり、楽しくて登山アプリ・六只脚の記録から見ると1月からこれまで、五桂山脈を600km以上歩いているようです。六只脚の記録に失敗したもの、とどめていないものもあるので実際には700~800km程度と思います。2ヶ月ほど引きこもり生活があったことを考えると8ヶ月ぐらいなので結構な距離。 ちょっとびっくりしています。継続は力なり、となって欲しいですね。

水色が記録に残っている私の歩いた所





紫馬嶺公園から展望する五桂山脈。それぞれの山の名前が知りたくて始まった五桂山脈めぐり。


まだまだ知らない山、名前のなさそうな山がどっさり


タグ:
2020-11-20 コメント(2)

獅頭山A路 (2020.11.22)

実は1週間ほど前からお腹の調子が悪くて大事をとって引きこもってました。引きこもり中は六只脚の山登り記録をYAMAPアプリにせっせとコピー、リメイクに専念していました。
前日の夜から症状が変化、よくなったような感じなのでしばらくお休みしていたトレッキング、再開しました。獅頭山への最近のお気に入りの10km、4時間、2万歩コース。自宅から出発、自宅へ戻る巡回コースです。


10.4km
4時10間分(移動時間 時間分)


このルート、これで3度目、けっこう気に入ってます。たぶん今後はこのコースを基本として獅頭山散歩することになるかな。
このコースに「獅頭山A路」と名前を付けました。


長江路は花が元気。山ではいつになく鳥のさえずりがにぎやか。冬鳥が戻ってきたのかも。
この既設にしては見通しがききます。山頂からは望遠で深圳もほんのり。これが今季最後の澄んだ風景かも。


山頂からの展望。この時期にしてはびっくりするほど澄んだ空気。






お腹は・・
でお腹の具合ですがこれまでだと2、3日で回復するはずだったのが意外に長引いてしまいました。
何か悪いものでも食べたかと、原因を探ろうとあれこれ試してみたのですが・・水、生野菜、買ったばかりの茶葉などなど、次々にテスト、原因を断定するに至らず。
で、何かの別の病気だったら・・と気にはなっています。熱もないしお腹以外にはなんの症状もないのであれではないとは思いますが・・現在症状は完治もよう。

もし感染して治ったのであれば抗体ができてるはずですから抗体検査で判明するでしょうから機会があれば抗体検査を受けて確認してみましょうかね。こちらではPCR+抗体検査のセットで気軽に受けられるお値段でようなので。

登山道から望遠でとらえた山頂は人がいっぱい。さすが日曜日


少し暑い日、短パンの人も多い




我が家方面。この季節にしては非常に能見度がいいですね。遠くまではっきり見えます。



道ばたのブーゲンビリア。年中咲く花


これは・・唐鼠黐(トウネズミモチ)かな?★女貞(nǚ zhēn )


香港オーキッドツリーの白花ですがなんか地味・・


タグ: 獅頭山
2020-11-23 コメント(2)
(193)

久しぶりに目白 - 紫馬嶺公園(2020.11.12)

紫馬嶺公園に行くと久しぶりに目白が出てきて愛想してくれました。

目白 (めじろ)
绿绣眼緑繡眼 (lǜ xiù yǎn)


学 名Zosterops japonica
目 科スズメ目メジロ科
全 長12cm
渡 り留鳥
観察期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
雌 雄同色

●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)



目白












季候のよくなった獅頭山の休日 (2020.10.29)

日本はいつまで続くともしれぬ状態になってきました・・やっぱりワクチンができるのを待つしかないですね。ワクチンができて効果が出てから国と国の交渉が始まるのかな・・あと1年?
中国はほとんど普通の生活に戻ってますが定期的なビザ延長手続き・・

さてそろそろ半袖では寒くなってきた今日この頃、獅頭山は更に人が多くなりました。まあ登っていると汗はたらたら出てきますが、とどまると暑寒い感じ。これから一気に寒くなっていくのかも。

下山して展望



寒そうな雲になってきました


夕刻の雲


休日の山頂 さすがにハンモックはなくなってきました




桔梗欄の実が連なってました


タグ: 獅頭山
2020-11-30 コメント(2)

2020年10月 ◄ 2020年11月 ► 2020年12月

2020_11


Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved