SSブログ
2021年04月 ◄ 2021年05月 (12件) ► 2021年06月

《中山日記》雨模様 ドラマ三昧 (2020.5月3日)

漢中は5連休で帰ってきた燕燕を交えて久しぶりに家族で会食、楽しくやっている様子。急に気温が上がったらしい。 今日は星星から燕燕と一緒に山歩きに出かけたと微信が入った。

中山は5月に入ってからまた雨基調の天気に。外出せずに引きこもってテレビドラマ三昧。いくつかのドラマを途中でやめられず全話分を一気に鑑賞。少し目が疲れて・・


マンションから

タグ:
2021-05-03 コメント(0)

大尖山から二尖山、金鐘水庫東へ(2021.5.4)

大尖山から金鐘水庫東ルート

地図に大尖山近くに二尖山というのがあるのですがまだ行ったことがないので気になってました。で、今回は二尖山を経由するルートをさぐってみました。
大肚嶺~大尖山~二尖山~馬嶺水庫~金鐘水庫東 というルートを策定しました。

二尖山は山頂前後の斜面は鋭くて険しいものでしたが山頂の展望はなし。
馬嶺水庫は去年の1月に訪れたことがあるのですが今回、道が整備されて水庫に続く小径は廃止されたのか見つけることができず・・
さらに金鐘水庫の接続点は閉ざされていました。水庫(水道水の元)を守るために立入禁止処理をした?ただ人は気にせずどんどん柵を越えて入ってきましたが・・


天人花が咲き始めました

先日見つけた天人花のつぼみ、今回の大尖山でたくさん咲き始めました。この花がどうして和名の天人花と呼ばれるのか気になる所です。そして中国名は★桃金娘、なんか色っぽい。

咲いていた天人花 → フトモモ科






トレックの詳細な写真は → YAMAP



青い線は前回の金鐘水庫西へのルートです。
今回は初めての二尖山を訪れます。


馬嶺水庫へは去年の1月に訪れた時はルートがあったのですが今回なくなっている様子。水庫の環境保全のためでしょうか・・






登山道にはいると天人花の群生が・・つぼみが多いのでもうじき満開


まずは大尖山山頂へ


大尖山山頂から金鐘水庫を展望。意外に小さい


そして下山、二尖山へ。この下りの斜度は49度ありました。


ここが二尖山山頂。取り立てて特徴があるわけではありません。只前後の斜面は滑りそう・・


馬嶺水庫が見えてます。きつい斜面


そして金鐘水庫に合流。


五桂山・芋子排へ(2021.5.7)

今はGPSアプリがあるので山登りもルートを調べるのがとても楽です。深圳の頃は中国語のサイトを調べて当たりを付けて現地へ赴き一つ一つ調べてから仮登り、そして本登りという手順でした。実際、初めての梧桐山登山の時はたっぷり時間をかけて下調べをしました。
今はアプリで先人のルートを調べて地図にそのルートを読み込めばOK。まあ、とんでもないところがあったり、ルートがなくなっていたりすることはありますがたくさんルートを読み込んでおけば現地での変更も可能です。

最近はこの方法に慣れきっていてときおりどきどきするような行程になることがあります。ちょうどGPSアプリができる前の登山みたいな・・・最近ちょっとたるんでいるのか生傷が絶えないと言うか・・傷が治ってきたら磨羅新しい生傷・・
レッグカバーもアームカバーも持参はしているのですが使うのが面倒でつい・・・気をつけなければ。

今回久しぶりに五桂山へ行きました。近くのまだ登頂してない芋子排に登るのが目的。調子よく芋子排に登頂。そして先へ・・途中、山中では珍しくコンクリートの長い橋。途中穴が開いてました・・



なんとか渡り先を見ると・・・道がない・・ナビで方向はわかりますがブッシュ、灌木でルートがわからない。先へ進むしかないのでブッシュ灌木をかき分けかき分け・・・どうにかこんなんが見つかりました。



ずいぶん行ったあとでで気がついたのですが写真の斜めの棒の部分で右に登ると登山ルートになっていましてやっと一息つくことができました。まあ、ルートと言っても何となくそうだろうなとわかる程度ですが・・
でもまあこのルートは以後は使いたくないルートですね。第1の理由は橋が怖い。いつ壊れるか・・・

ともあれ、なんとか帰ってこれました。いつになく疲れた感じ。

トレックの詳細な写真は → YAMAP


5月になって2回とも3万歩越え

赤が今回のルート。南橋バス停から田心公園バス停まで。





ケルンがまだ残っていました


五桂山主峰を眺めながら・・


芋子排 山頂




2021-05-08 コメント(2)

獅頭山から天葬墳へ(2021.5.10)

とても暑い日でした。風は涼しいのですが日差しが強くて全くの夏。日焼けもかなりバージョンアップ。
空気の透明度、★能見度(●視程)も夏の能見度、とてもよろしい。今年初めて獅頭山山頂から深圳が見えました!


獅頭山東壁からの最後のアタック部分。角度を変えて撮影してみました。けっこうな角度があって自分でもちょっとびっくり。

岩場手前の斜面

最後の岩場。ここから真上に登ります。



下山してきたらふもとの広東薬科大学でなんかの式典。卒業記念の写真撮影なのでしょうか。先日ここを通ったらひな壇を作っていましたがこれだったのですね。



姫椿と獅頭山。


登山道からの展望。能見度がよろしい。


獅頭山山頂からもとてもいい。遠く深圳が見えてます・・


長江水庫と奥に深圳


深圳と中山を結ぶ深中大橋の建設が一段と進んでいるようです。


このあとこの山に向かいます。二つ並んでいる奥の方が天葬墳


天葬分に向かう登山道から見た獅頭山山頂を望遠で。けっこうごつごつしてます。


タグ: 獅頭山
2021-05-11 コメント(0)

ブログ開設15周年、16年目に入ります (2021.5.19)

5月19日は私のブログ開設記念日、ブログ16年目に入りました。

そして5月19日は奈良唐招提寺のうちわまき。今年(2021年)は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、関係者のみで行われたもよう。
日本では大変な時期ですがブログ16年目になりました。今後ともよろしくお願い致します。





帰省しました

実は今日(21日)、奈良に帰ってきました。いつもとは違うルート、途中泊、おまけにコロナですごく面倒な手続きで不安いっぱいの帰省路でした。そのため、トレックもお休みしてほとんど準備に奔走しておりました。ワクチンの進行状況によるでしょうが、いつ中山に戻ってこられるかわからないので中山のマンションも整理・・
と言うことでブログの更新もしてませんでした。明日あたりから少しずつ・・・
2021-05-21 コメント(2)

《奈良帰省日記2021》帰省 - 広州~常州~関空 (2021.5.21)

去年(2020年)11月18日に中山に戻ってからほぼ1年半、帰るに帰れずビザ延長を繰り返して旅費の安くなるのを待ったのですが・・
ビザ延長は公安で申請のあと10日後にパスポート受け取り、そして私の住んでいる地区担当の別の公安に出向き滞留延長の届け出をします。これを毎月繰り返します。延長は基本的に1年以内となっているのですが今はコロナの関係で大目に見られています。
でも申請に行くたびにストレスは急激に増加、で、帰ることにしたのです。まあ運悪く帰るときになって日本のコロナ状態がえらいことになって・・


中山から初ルートで奈良へ


今回は中国国内便併用で初めてのルート、初めての空港からの帰省です。
20日 広州白雲機場→常州奔牛機場(常州泊)
21日 常州奔牛機場→関西国際空港へ、さらに予約済みの専用ハイヤーで帰宅。


20日 広州白雲機場から常州へ

4時半に起床。ストレッチをすませて6時前出発。タクシーがつかまるかどうか心配だったので今回初めて滴滴出行アプリを使ってみました。(病院へ行くのに2回ほど試用)
すぐにやってきました。

車に乗り中山候機楼(空港バスターミナル)へ向かっています。着いたら紐付けしている微信で支払い終了。

3回目の使用ですがとても具合がいい。大好きです、こんなシステム。

7時のバスに乗り広州機場へ。バスはすいすいと走り早く着きすぎました。まあ、健康申告を作成するのにあれやこれや出時間がかかり、ちょうどよかったかも。

白雲機場。私の乗る飛行機のゲートはここから階下へ。バスに乗ります。



常州へ 1泊
さて国内便広州から常州へ。常州は上海の西160kmにある歴史の街だとか。説明を聞くとゆっくり旅行してみたいような気分に。
飛行機は11:50発、少し遅れての出発でしたが到着は少し早く。


アナウンスは飛行時間1時間50分と言っていたように聞き取りましたが予定時間では2時間半かかることになってます。かなり余裕を見た飛行時間。飛行機はA320。



機内と機内食。

食事が付くかどうかわからなかったのですがありました。でも予約案内(上の写真)を見ると「正餐」と書かれていますね。


常州到着ではQRコードの健康嗎が必要。外人は中国の身分証ではないので手書きの登録です。


予約している空港近くのホテルへ。滴滴出行で検索してみると15元程度。目の前にタクシーが止まっているのでこれを利用することに。途中不審さを感じたので下車、やっぱり滴滴出行で。
あとでじっくり状況を考えてみるとタクシーの運転手、印象がよくないだけで怪しいことはなかったと結論しました。
でも滴滴出行にしておくと一番ストレスがありません。


宿泊した格林豪泰常州国際機場店
 

部屋の第一印象は悪かったのですがチェックアウトする頃には普通かなと感覚が変化しました。もしかして常州人ってそういう感じなのかも・・・


21日 常州から関空へ
朝。2階に朝食用の部屋があったのでフロントで聞いてみると15元だというのでここで朝食を。中華式バイキング。お腹いっぱいに。



ホテルをチェックアウトのあと滴滴出行で車を呼びます。すぐにやってきました。
空港へ。健康申告をして空港に入ります。二階へ。小さな空港で国際便もあまりなさそうで、国内便と国際便を分けるのはアクリルの壁だけ。

警備員の経っている所が国際便の入口。時間がくるまで閉じたまま。


中に入って健康申告アプリのQRコードを読み込むといろいろメニューが出てきますが「健康申報」だけ必要です。

質問蘭に書き込みが終了すると・・・


これが出てきて一応スクリーンショットで保存して終了。

そしてまたまたA320で関空へ。国内便同様予定よりも早く15時過ぎに到着。


関空で
ここからがたいへん。まあ時間がかかりました。おまけにウォーキングかと思うほど歩いて何箇所ものコーナーを移動。
頭がくらくらして余りよく覚えていませんが・・・それはそれは大変でした。


こんなんでした
まずはニュースに聞いていた唾液のコロナ検査。唾液をぬぐうだけかと思っていたら唾液の量がけっこう必要。漏斗につばをはきます。唾をはくってちょっと気がとがめましたが・・

唾が漏斗にまとわりつくのだろうという予測と裏腹に無駄な唾はなくすべてするすると下に落ちていきました。さすが。


そして様々なコーナーを経由。

出発前に用意しておいた質問表ウェブの回答済みQRコードです。
もちろんこれも確認されます。


質問票Web
常州空港にも質問票WEBのQRコードがあります。


次に中山での出発72時間前までのPCR検査陰性証明書。中国語様式だし、年齢が0歳になっていたので年齢を修正して英語にしてもらったら時間的にも詰まっていたのと慣れないためかパスポートNo.を間違えてたり採集方式が書いてなかったりと不完全。時間的に間に合わなかったので2枚持参しました。
空港では事情を説明して中文と英文両方を提出してOK。


そしてスマホに3つのアプリをインストールすることを要求されました。係員の目の前でインストールします。メールアドレスが有効かどうかもチェック。

この3つのアプリです


地球のマークみたいなのはGPSアプリ、次がココア、SOSとあるのがビデオ通話アプリです。以前の情報ではSkypeだったものですね。


「関空を出て帰りの足は確保してますか?」と。「専用ハイヤー、芝山タクシーです」「それはどうも、ありがとうございます」
いえいえ、自分の感染防止のためです。私はPCR検査で非感染が一応証明されてますので現在の日本の状況を考えると一般交通機関を使うことは自分にとって感染リスクが高いことになりますので・・


あちこち歩き回ってどれくらいの担当者と会ったのでしょうか、もし彼らのひとりが無症状感染していたら・・・と思うとちょっと怖いですがとにかくたくさんの人がチェックに携わっておられました。乗客に中国人が多いので中国人と思われる方もたくさん。

どれくらい時間が経ったでしょうか、ようやく最終。検査結果も非感染と出てやっと解放されて荷物を受け取り出口へ。


さて最後は専用ハイヤーに「乗車可能」メールを出し待ち合わせ場所に移動。


そして乗ったタクシーの運転手は中国人の呉さん。1992年に日本に来たと言いました。

やっぱりタクシーは速いですね。電車よりも速く家に到着。デビットカードで支払い。
準備期間を含めて長い長い旅の終了です。これでストレスから解放されます。めでたしめでたし。

不安いっぱいの帰省準備(1)帰省ルート設定

今、日本へ帰るにはどういう手続きが必要なのか、どこへ行って何をすべきか、またどんな準備が必要なのか噂で知るぐらいのことしかわからないので帰国がおっくうでした。

中国内でのビザ延長は中国の法律では1年以内となっているようですが現在は事情が事情だけに融通をつけていただけています。私の場合最終中国入国日から1年4ヶ月経っています。

ビザ延長はビザ申請をして10日後にビザ(パスポート)受け取り、さらに住んでいるエリアの担当公安派出所への届け出とけっこうな苦痛時間を過ごさねばなりません。ビザは1ヶ月なので毎月申請の必要があります。公安に行くたびにストレスは大きくなって・・・・

とうとう帰国を決心し、準備を始めました。まあ、ちょっと調べると不安でいっぱいになりますがとにかく一つずつ不安を取り除いて行かなければなりません。

運の悪いことに予定していた5月になると日本の感染状況は最悪に・・・ま、インフルエンザにかかったことのない身体を信じて帰りましょう。


帰省ルート設定


中国から日本へ 日中便

現在運行されている日中便は
https://www.cn.emb-japan.go.jp/files/100047926.pdf
中国=日本の航空路線の各航空会社の最新の運航状況
日系便はすべて成田。中国のに関空便があります。




始めは深圳ー成田ーPeach便で関空 と考えたのですがpeach便に乗り継ぎできない(公共交通を利用できない)ことがわかって却下、関空便は春秋航空と上海吉祥航空から出ていますが吉祥航空は高額。常州から出発することにしました。
常州ってどこ?上海の西160kmのところで歴史の街だそうで・・

領事館のHPをチェック。
https://www.guangzhou.cn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
重要なのは出発便72時間以内のPCR検査の陰性証明。
日本入国時の「中国出国前72時間以内の検査証明」の提出
コロナ情報は・・
https://www.guangzhou.cn.emb-japan.go.jp/consular/doc/2020haien.html


中国国内移動 中山から常州へ

常州への国内便を調べます。広州からはたくさん出ていますがよく見ると深圳航空便に各社便乗していました。でも実質的にもそんなに少なくない、と言うことで常州1泊の計画を考えます。

そして空港近くのホテルを検索、適当なホテルに電話して外部の省から常州に入った場合、2週間の隔離は必要なのかどうか、外国人についてはどうなのか聞くことにしました。もちろん複雑な会話になると予想される電話は私にはできませんので漢中のママの登場です。微信で概要を箇条書きにして送り聞いてもらいます。
返事は・・・隔離は必要ないが健康コードが必要とのこと。要するに足取りチェックですね。これならたぶん問題ない。

広州の空港へは中山候機楼(空港バスターミナル)の空港バスを利用するつもりですがスマホで前もってチケット購入しようとすると中国のIDナンバーではないため購入できません。予約はしておきたいのでこれも漢中ママに電話してもらいました。何とかなりそう。

ブログで常州からの帰国報告がないかと調べたらありました。
常州→関空便で帰国
常州って自分が知らないのでブログにはないだろうと思いながら調べたら出てきてびっくりしました。常州奔牛空港の様子がよくわかりとても心強い。


関空からの帰宅手順

そしてあと関空からの帰宅手順。一般公共交通は利用できません。
調べてみるとコロナ対策の帰国者専用ハイヤーと言うのがあるようで一番安い料金のタクシー会社にメールで問い合わせ。返信が来て納得、これで中山自宅から奈良の自宅まで一連の道筋は頭に描けました。
→ 芝山タクシー

全体が把握できたことでルートを仮決定。そして旅程全体の雰囲気をおおむね理解してまず21日の常州→関空のチケットを購入(春秋航空)。春秋航空のスマホアプリもインストールしておきます。



広州白雲機場から常州奔牛機場までのチケットと常州での宿泊は空港バスの状態、飛行機の出発時刻など再検討の後に購入して20日出発、21日帰国の準備が整いました。



広州-常州の国内便と常州の宿はC-TRIPで購入。これは以前からスマホにアプリを導入してますが日本語サイトもあるのでわかりやすい。ただ日本円で支払うと少し割高な気がしたので中国サイトで中国元で支払いを。支付宝払い。


次はPCR検査(★核酸检测)です。
タグ:
2021-05-24 コメント(2)

不安いっぱいの帰省準備(2)PCR検査

PCR検査(★核酸检测)


日本の要求で日本人を含め入国者全員の出発72時間以内のPCR検査と陰性証明が必要です。
→ https://www.guangzhou.cn.emb-japan.go.jp/consular/doc/2021011172hrmc.html


予約
PCR検査、これも初めての経験です。大きな病院ならどこでも大丈夫だと思いますが念のためマンションの管理所へ行ってどこで受けられるか確認しました。

たいがいの所では大丈夫、まず診療カードを作る必要があるだろうとのこと。以前作った博愛医院の診療カードを持っていますが香港のIDカードで作ったので今回の目的に合いません。で、新しくパスポートで作ることにします。
微信(WeChat)で電子診療カードを自分で作れると言うので微信の博愛医院のアイテムをフォロー、微信で試してみましたが中国のID番号が必要みたいで作れません。


で、とりあえず博愛医院へ。21日の11時35分発の関空便ですので逆算して18日の午後以降に検体を採取する必要があります。語学に難のある私、何回も説明するのは苦しいのでスマホのテキストファイルに
「我是日本人。21号回日本。需要核酸检测。可以预约吗?我要18号-14点左右检查。结果什么时候出来?」
(私は日本人です。21日日本に帰ります。PCR検査が必要です。予約できますか?18日14時ぐらいの検査が必要です。結果はいつでますか?)
と書いておきます。 これを見せれば確実に理解してもらえるでしょう。

まずは総合受付へ行き見せます。やっぱり診療カードを作らなければならないようです。新しく作るために「診療カードは持っていません」と答えます。

隣へ移動、パスポートを見せて診療カードを作ってもらいます。そのあと私のスマホ(タブレット)の微信ミニプログラムを操作して電子診療カードも作ってくれました。

スマホにできた診療カード


そして先ほどのテキストメモを見せます。検査の予約は要らないとのことですがとりあえずとってくれました。そして結果は次の日に発行されるとのこと。
メモは効果絶大ですね。何も言わなくてもどんどんやっていただけます。

スマホに予約票


日本ではPCR検査費用は4万円とか聞きましたが、今回費用は65元、1000円程度、とってもリーズナブル。
今払ってもいいし当日払ってもいいとのことなのでさっそく支払窓口へ行って支払いました。微信で支払い。


検体採取

そして18日の午後、博愛医院へ。

日本の要求では採取方法と検査方法にこだわっているようです。あと本人確認。
航空会社のHPに日本に提出するPCR検査の注意書きの中国語版があったのでプリントアウトして持参します。あと日本のページからダウンロードしたフォーマットも念のため用意しました。



まずは内科に寄って登録。
外に検体採取専用の場所がありました。列を作ってました。
そしてQRコード。読み取ると健康申告でした。たくさんたくさんの項目。一つ一つチェック。ところどころ迷うような項目も。同じように並んでいた若者の助けを受けながら入力完成、自分のQRコードができました。これで受付へ。

受付では私のQRコードを読み取り内容をチェックして問題なければ検体採取になります。私の場合、外人だからでしょうか、申告内容を見ながらどこかに電話してます。英語のが必要かと聞いてます。必要と答えます。そして準備した中国語の説明文を見せます。これを見て検体採取セットを選んでました。ちょっと安心。受付の彼女はスマホで説明文を撮影してました。

なんやかんやありながらどうにか検体採取できました。あとは翌日の結果受け取りです。


証明書受け取り

受け取りは2階。領収書を見せるとプリントアウトしてくれます。
証明書が出ましたが中国語、しかも私は0歳。証明書が中国語の場合でも内容に問題がなければ自分で報告書を書いて証明書を添付すればいいと領事館のHPに書いてあったので何とかなりそうですが0歳と言うのは・・・
説明しますが彼はプリントアウトの担当、わかりませんので検体採取の所へ行って説明。

そして込み入った話になってくるとなかなかわからないので翻訳アプリで音声翻訳を・・・
(記録が残ってました)
中国語を話すときは青いボタンを押しながら話します。日本語は赤いボタン。
文字おこしをして翻訳してくれます。あと各項目のスピーカーのマークをタップすると音声で翻訳文を読み上げてくれます。


修正できたら電話しますのでプリントアウトに来てください、とのこと。病院の玄関前にテーブル、椅子があるのでここで待っていると電話が。

「書き直すので明日プリントアウトに来てくださいとのことです・・・」
「明日はダメ、もう飛行機の中・・」

さらに待機。気を落ち着けてその間に対策を考えます。
本人確認ができればいいのだから予約票とか、領収書とかそろえて一緒に提出すればいいだろう、従って0歳になっている中国語のものでいいかなと結論。

長く間があってふたたび電話、「検体採取の所に来てください」
検体採取係の女性が電話でいろいろやってくれて英語のものが準備できたようです。
行くとプリントアウト用のファイルが来たようで「一緒にプリントアウトに行きましょう」と。プリントアウトに行きます。

プリントアウトすると・・・ 英語ですが検体採取方法が書かれてないような・・彼女も一生懸命やってくれたし方針も定めたのでお礼を言いこのまま領収しました。


このあと中山候機楼に行って明日の空港バスのチケットを買いに行きましたが明日のチケットは買えず予約だけでした。とりあえず満席で乗れないという事態は避けられます。
タグ:
2021-05-25 コメント(0)

不安いっぱいの帰省準備(3)滴滴出行アプリ

滴滴出行アプリ


さて広州白雲機場への空港バスの時刻が早いので我が家から中山候機楼(空港バスターミナル)までタクシーが必要なのですが朝早いのでタクシーが見つかるかどうか心配なので配車アプリ、「滴滴出行」を使ってみました。

まずはアプリをインストール。支付宝(アリペイ)アプリの中にもあるのですが滴滴出行単独でアプリをインストールしました。


常州でホテルから空港へ向かったときの様子です。

行き先を設定すると・・

普通経路が表示されるのですが途中通行止めがあるようで表示されてないのかな・・・

配車の種類と何分後に乗車できるかの見積もり、値段が表示されます。

好きなものをチェックして一番下の「確認呼叫」をタップして待ちます。


車が応答すると車のナンバーと型、現在地、運転手の顔が表示されます。


車が来ました。ナンバーを確認。乗り込んで・・

出発です。経路が表示されました。



到着して支払いをタップ。
13.69元だったはずですがなぜか優恵6.78元とかで支払いは6.91元となってます。

とても安い。

おそらく乗客の評価で運転手に何かペナルティがあるのかもしれません。いずれの車に乗ってもけっこう皆さん丁寧です。これまでのタクシーとは対応が違います。
おまけに明朗会計で乗る前に値段がわかりますし直接現金の支払いではないのでぼったくられることもなく・・気持ちいい。
なにより行き先を説明する手数が省けて楽ちんです。メリットばかりなような気がしてとても気に入りました。
まあ普通の生活では滅多に使わないタクシーですが何かの時にはこれがいい。

タグ:
2021-05-26 コメント(0)

不安いっぱいの帰省準備(4)思わぬアクシデントなど

タブレットの故障

帰国準備を始めた頃・・

U盾
スマホのネットバンキングである銀行口座からまとまったお金を振り込もうと・・
金額の少ないときは大丈夫なのですが多いときはスマホのUSBに「U盾」という安全システムを接続して認証しなければならないのですが・・動作しない!

銀行でU盾が更新された?と思い近くにできた同銀行へ行き・・銀行にあったPCでU 盾を使ってみるとOK、とかいろいろやってみてスマホのUSB端子がおかしいと結論。たぶんコネクタが壊れた。充電はできるのですがデータがやりとりできません。これができないと日本でこの銀行の口座をハンドリングできない。

時間もないのでちょっと焦って修理屋へ。 部品取り寄せで時間がかかるという・・・
次の日修理屋さんから電話、修理屋に出かけて修理を。なんかコネクタを交換するだけにしては時間がかかりすぎてる・・と思いましたがともかくも修理できあがり。なんか完全ではないような気がしますが・・時間もないのでとりあえず持ち帰ります 。

ところが帰ってからやってみるとこんどは充電ができない。コードの接続具合で時々成功するのですが・・・
二日後、とうとう充電できなくなって修理屋へ。日本へ出発は3日後。SIMカード、外付けSDカードを抜いて修理屋にタブレットを預け替わりのスマホを借りて帰ります。

ただタブレットには帰国のためのたくさんのデータが入ってますのでもし修理できなかったときのことを考えて新たにスマホを買って帰りました。
そして帰ってから新しいスマホに帰国のデータをすべてPCのバックアップからコピー。ちょっと安心しました。
次の日、修理屋から修理できたと電話、とりに行きます。どうやら今回は大丈夫そう。おそらく1度目の修理はコネクタを交換せずに修理しようとしてただけなのかも・・
まあよろしい、今回は結果よければOK。まあほっと一息。

ただタブレットがないとさらにいろいろ帰国路で問題が出る所でした。新しく買ったスマホは大陸版でGMS(Google Mobile Services)が搭載されていないのでGoogleアカウントと連動するアプリが動作しないのです。YAMAPも動作しません。私にはこれが一番大きい問題。

何より日本に入国したときにインストールしなければならないアプリが動作しない。で、余計な経費(スマホレンタル料)がかかります。
タブレットもホアウェイ製ですが買った当時、何となくの不安があってマカオで買いましたのでこれは問題なし。

それにしても出発前になっていろいろ問題が噴出するものです。自分がスマホ中毒であることも確認・・・


冷蔵庫

普段なら冷蔵庫だけは電源を入れたまま帰るのですが今回は帰ったらいつ中山に戻ることができるかわかりません。ですので冷蔵庫も電源を切って帰らねばなりません。

過去に一度、生ものを処分してから冷蔵庫の電源を切って帰ったことがあるのですが、中山に戻って冷蔵庫を開けたら・・・とんでもないことになっていました。小さな虫の死骸が庫内の壁一面にへばりついてました。
おそらく食べ物に集まる小さなハエとかの卵があったのが庫内の温度が上がって卵がかえったものの食料がないので死に絶えて死骸が残った・・・かと。

で今回は生ものを処分して庫内を全面的に大掃除。分解できるものは分解して水洗い、庫内の壁は漂白剤で拭いておきました。さて次帰ったらどうなってるか。


そして

今回の帰省はまあ不安満載でいろんな人を巻き込んでしまいましたが、おかげさまで出発時はほとんど不安が解消できました。皆さんに感謝です。



常州奔牛機場


タグ:
2021-05-27 コメント(0)

《奈良帰省日記2021》1年半ぶりの日本 ネット買い物三昧

めまぐるしかった帰国騒動、日本に戻ってから生活がやっと落ち着いてきました。ビザの心配をする必要がないだけでもありがたいですね。というか一番ありがたい。
落ち着いてネットを見ると深圳ブロガーが極端に減っているような・・元気だったランキングも寂しい感じでかなりショック。コロナの影響で香港との往来がとぎれているせいでしょうか。


さて1年半ぶりの日本生活です。
6月4日まで毎日11時にやってくる健康報告メールやらが日課となりました。始めは要領が悪くてとんちんかん。GPSアプリは毎日ランダムな時刻にスマホに入ってきます。そしたら今ここにいます、と言うボタンをタップするようなのですが始め気がつかなくてこれまたとんちんかんな時刻に返答。スマホのお知らせ音をわかりやすいものに変更したり他のお知らせを一部拒否したりしてやっと慣れました。ビデオ通話の連絡も1度ありました。
まあ、それにしてもかなり面倒でうっとうしい。かなりストレス。これなら2週間ホテルで軟禁状態の方が割り切りやすくてストレスがないのでは・・・何しろ中山では苦痛なく1ヶ月半のコロナ引きこもり生活をやっていたので・・

ホテルで自主隔離していた人も食事がでないので外のコンビニ弁当を買いに行っていたとかで、なんかなあ・・・
中国ではホテルの食事付きで外出はできず・・・2週間シーツもバスタオルも替えてくれないとかで・・・意味はわかりますがこれもちょっとしんどい。まあ、しょうがないのですが。

いずれにしても私の場合は一般的な行動はもう少し後・・今はあちこちのトレッキングコースを思案中。
そして買い物。街を出歩くわけに行かずネットで。

まず中山で故障した電動歯ブラシ。持っていたフィリップスのは保証期間を待っていたかのように故障。でパナにして新たに買い直し。

そしてこれまた中山で故障した一眼レフ、10年使ったのでボディだけ買い直し。WiFi仕様のものを。さらにカメラカバーも必要。安物があったのでこれもクリック。
最近は日本でも輸送費無料とか、まあ無料と言うことはないでしょうけど輸送費込みという設定なのでしょう。カメラカバーは非常に安いのに輸送費無料とあります。その代わり配達日時がかなりかかるようです。何かと抱き合わせで輸送するということでしょうかね。これは納得できます。


カメラボディが届きました。WiFi付きなのですが期待はずれ。接続が煩雑な上、欲しい機能がない。スマホのカメラみたいに気軽には使えない・・せっかくWiFiがあるのにPCに取り込むのにUSB線をつなげ、ってどういうこと?
何となくカメラメーカー独自のWiFiの使い方というか・・
テレビを思い出しました。USBが付いてハードディスクが使えるのに録画しかできない機能・・しかも使用しているテレビでしか使えないし。
まだまだグローバル化は遠そうな・・・
愚痴でした。

《奈良帰省日記2021》新しいカメラ (2021.5.30)


次のトレックの目標、金剛山。行き帰りの交通も含めて大まかな計画ができました。全行程14km、7時間50分となりましたがそんなにかかるのかな・・
とりあえずはまず一つ。

買ったばかりのカメラ、ちょっと撮影を。
これから露光補正の程度とか手ぶれの程度とか、少しずつ慣れていきます。レンズは古いですがボディが新しいだけに画像がクリア。








2021年04月 ◄ 2021年05月 ► 2021年06月

2021_05


Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved