SSブログ

2008-09-14  カテゴリ: 香港の山と公園

《香港の山》香港第二峰鳳凰山/ランタオピーク934mを行く(1) 露座の天壇大仏・宝蓮寺

香港第二峰鳳凰山934mを行く (1) 露座の天壇大仏・宝蓮寺へ

2008年 09月 14日
香港の空港とディズニーランドのある島、大嶼山(ランタオ島)で一番高い山が鳳凰山(ランタオピーク)です。ふもとには巨大な露座の大仏、天壇大仏の鎮座する宝蓮寺があります。
宝蓮寺に香港・鳳凰山の登山口がありますのでここから登頂します。もっとも登山口が400m以上の標高を持っていますので500m程度を登るだけですが。

香港・鳳凰山
大帽山(957m)に続き香港第2の高峰で934m。
→  香港・鳳凰山  (禁)


宝蓮寺
→  宝蓮寺  (禁)
天壇大仏
標高482mの台座にあり身高23m(台座と共に34m)、202トン →  宝蓮寺 

宝蓮寺 天壇大仏
山登り日記 香港鳳凰山
- 香港大嶼山(ランタオ島)昴坪・宝蓮寺へ -


香港大帽山に続いて目的としている山はランタオ島・鳳凰山、ランタオピーク。香港では大帽山に続き2番目に高い山。2番目といっても大帽山が957mで鳳凰山が934mなのでだいたい同じ。

どう行くか考えていたところ、ネットの記事で深圳からも簡単に日帰りで登れることを知り予備学習をせずに下見のつもりで出かけた。まあ、状況が許せば少し登ってみようかと。
東涌経由でランタオ島の大仏、宝蓮寺から行けることをネットで確認して深圳のマンションを9時過ぎに出る。

僕の定番、福田口岸から75番のミニバスで元朗へ。元朗から東涌へ行けるバスがあったような気がして探してみたが見つからず、荃湾か青衣行きのバスを選択することにした。荃湾行きのバス68Mは知っているので、まだ知らない264の青衣行きのバスを待つことにした。
待っている間にE34の空港行きのバスを見る。AでなくEなので普通の路線バス。もしかしてあれで行けるのでは・・と思いながらもまだ知らない青衣コースの魅力の方が大きく青衣行きのバスを待つ。

264はなかなか来ない。E34が2台通り過ぎていったし、荃湾行きの68Mも2台・・・
やっと来た264に乗り込む。9.6ドル。
途中、島を巡る橋の景色のなんと美しく雄大なこと、島の海岸線には新しそうな高層マンションが建ち並ぶ。ここが香港かと思ってしまう。空港行きのバスで何度も見ているはずだが何度でも見てみたい風景だ。

青衣のMTR駅に着き、東涌行き、もしくは大仏(宝蓮寺)行きのバスがないか探してみるが見つけることができず、MTRで東涌に行くことにした。
このMTR路線も空港列車は開通時に乗ったのだが、ローカル電車に乗るのは初めて。
車両は普通の地下鉄の新しい車両という感じ。東涌までは2駅、でも一駅の間隔が長かった。改札をオクトパスで抜ける時、料金を確認してびっくり。11ドルいくら徴収されている。駅で調べるとふつうで12.5ドル。福田口岸から東涌までは28ドルほどかかった勘定。深圳の安い交通料金に慣れきってしまった僕にはびっくりのプライス。

東涌は初めて訪れる街だがとってもきれい。整備された美しさでそれぞれの店舗も広い。
これからめざす宝蓮寺は過去に3、4回来ているがいずれもフェリーで梅窩へ来て梅窩からバスだったので東涌からは初めてのアクセス。
東涌からは2006年11月に正式開業したロープウエイ、昂坪360があるのだが、開業前のごたごたと、開業後の事故のことがあって多少印象が悪くて今回は敬遠。
で、東涌から宝蓮寺までは平日17ドル、休日27ドルの23番のバスに乗る。23番のバスはエンジン音を響かせて山を上り下りしながら宝蓮寺へ。

奈良の大仏さんより大きいという露座の天壇大佛とまたお目にかかる(1993年開光礼)。ただすでに1時近い時刻、今日は目的が山なのでお参りはせずに鳳凰山の登山口を探す。

つづく

東涌から宝蓮寺(昴平)へのバス  大嶼山巴士 

ホームページ    →  南大嶼郊野公園 
香港郊野公園分布図 →  香港郊野公園分布 
バス264で元朗から出発 まずは大帽山を見て




新界を縦断する大欖隧道(TAILAM Tunnel)を抜けます


「島めぐり」の大橋群を抜けて青衣へ




着きました、宝蓮寺


「やあ!」と言ってるみたいな・・・


宝蓮寺の門と鳳凰山


鳳凰山


つづく
2008-09-14 コメント(0) トラックバック(0)

コメント (0)

コメントを書く (发评论・可以用中文)

名前:[必須]
あなたのURL(名前にリンクされます):
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

2021_10


Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved