SSブログ

2006-10-16  カテゴリ: 深圳スポット

《深圳の博物館》福田区 深圳博物館老館

福田区 深圳博物館老館

2006年 10月 16日
JUSCO福田店近くの深圳博物館旧館(老館)です。2008年12月、市民中心東翼部に展示場面積9000㎡の新館がオープンしました。新館も基本的に構成は変わりませんがいろいろ工夫されていて楽しくなってます。(2009.3.7注)


深圳博物館
再び深圳博物館を訪れました。
2年前とはやっぱりレイアウトが変わっていました。写真を70枚ほど撮りました。

深圳は、番禺県 - 番禺 博羅 - 宝安県 - 東莞県 - 新安県を経て深圳市となったとあります。アヘン戦争後の南京条約までは深圳も香港も新安県に属していたと。


番禺県   -221年 - -207年
番禺・博羅 206年 - 316年
宝安県   316年 - 618年
東莞県   618年 - 1368年
新安県   1368年 - 1911年


こうしてみるとこれらの名前は現在も全部残っていますね。


深圳博物館老館




はく製です








深圳の一人あたりGDPのグラフ。
2004年は5万9300元となってます。今の為替では約90万円、7500米ドル




記憶深圳--- 《深圳改革開放史》 実物資料展覧


上が現在の写真、下が1996年の頃の同じ場所






1980年代初期、深圳引退職工張世烈一家の家となってます




神舟5号


正面の像が林則徐


アヘン戦争 九龍海戦


租借新界


第2次アヘン戦争


抗日戦争












2006-10-16 コメント(0) トラックバック(0)

コメント (0)

コメントを書く (发评论・可以用中文)

名前:[必須]
あなたのURL(名前にリンクされます):
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

2021_10


Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved