So-net無料ブログ作成
紅源平葛(ベニゲンペイカズラ)の小道 - 仙湖植物園

《深圳の山と公園》 仙湖植物園へ

仙湖植物園へ


仙湖植物園大門
心づもりは小梧桐山(692m)へ登った後、仙湖植物園に下りてきて散策、だったのですが、前日に筆架山公園をあちこち歩きすぎて足に疲れが残っていると感じたため仙湖植物園だけにしました。おかげで入園料20元の支出。
植物園といっても仙湖植物園は6k㎡ほどあるので歩きごたえはありますが登ることが少ない分、楽です。園内を巡るバスも走っていますがとりあえず乗るつもりはなく・・
  →仙湖植物園

今回の目的は花の状態の確認とバードウォッチング。
朝の気温は7度、寒いです。最高気温は13度ほどだったようです。ただ日差しが強いので日のあるうちは歩いていると汗が流れます。でも空気は冷たい。難しい季節です。

弘法寺へ行く道とは別のルートをたどります。1万歩弱歩くと化石森林に出るコース。人の少ないコースでこの方がたぶんおもしろい鳥と巡り会える。

ところがまず寄り道。草苺園というところへ。草イチゴ狩りというところ。観光客がたくさん手にかごを持ってイチゴ狩りをしています。私は興味なしでもっぱら写真を・。木立のそばは鳥たちのよい餌場。イチゴをついばみにくるのをおっちゃんが発泡スチロールの箱をたたきながらやってきます。一斉に飛んでいく鳥たち。商売も大変ですがこちらはちょっとおもしろい。鳥はほとんどコウラウンとシロガシラ。

イチゴをねらうシロガシラ
鳥を追い払うおっちゃん


あと、環園路を歩いて人の少ない市花園とかを行きます。ここでは人がいなかったのでたくさんの鳥を見ることができました。再び鵲(かささぎ)とも会えました。
化石森林では香港回帰紀年林の背後の山に登ってみました。10分も登れば頂上というものですが少しでも高いところへ、という習性は・・
すごい急坂でした。階段のぐあいから見ると45度以上ありそうなところがいくつかありました。

あちこち散策する間に日がかげり始めて気温が急速に下がってきました。今日はこれまでかな。5時間ほどあちこち歩き回っていました。ちょっと疲れて弘法寺から園内バスで大門へ。
2万4000歩。


あれこれ

四十雀  筆架山で
前日の筆架山に続き、ここでも日本の春を告げる鳥という四十雀(しじゅうから)を見ましたがupできるような写真は撮れず・・


最近はまっているのがこれ、頬白白鶺鴒(ほおじろはくせきれい)。
なんかひょうきんでかわいい。
会うとにやけてしまう。

鳥はまとめて野鳥ギャラリーにUPします。

市花園で 人がいませんでしたので鳥がたくさんいました。かなり撮りだめ


化石森林そばの紅源平葛の散歩道 - 梧桐山を見ながら


香港回帰紀年林の裏山から
小梧桐山を正面に、大梧桐山が左奥に。仙湖、そして化石の木を並べた化石森林


サボテン区 ここだけは温室。暖かかった。 アメリカ州の温室はきれいです


ちょっと寒々しい夕刻


仙湖植物園ではデイゴの花が咲き始めました。

梧桐山を背景に草苺園

イチゴとイチゴの花

仙湖植物園付近には養蜂しているところが実にたくさんあります。
新しい巣箱も。

近くへ寄ってみました。
こんな小さな出入り口。
もしかして中は真っ暗?

香港回帰紀年林下の芝生ではカップルがささやいていました。
カップルが立ち去ると一斉に集まってきた鳥の群れ。おそらく数百羽いました。
種類もスズメ程度かと思いきや、写真をチェックしてみると実にたくさん。
さて何種類わかるでしょう?


前日の筆架山で
筆架山でもたくさんの鳥たちがさえずっていました。こんなにいるのにどうして写真が撮れないの、と情けなく思うほど。
この写真は夕刻、首輪椋鳥(くびわむくどり)が大挙して飛び交っていまして、とある大木に一斉にとまりました。
筆架山では珊瑚刺桐のつぼみが。

仙湖 - 仙湖植物園

《深圳の山と公園》 小梧桐山と仙湖植物園へ (2) 仙湖植物園 (2010.8.8)

仙湖植物園
小梧桐山の帰りにいつものように仙湖植物園へ。
大梧桐山へ行くつもりが小梧桐山になったので体力は余っているので仙湖植物園も散歩することにしました。

弘法寺から再び紫薇園(さるすべり園)を訪れました。花の元気はなくなっているもののきれいな色。そのあと久しぶりに湖付近を散歩。
弘法寺に戻ってバスで大門へ。ポロシャツは汗でびっしょり、所々汗が乾いて塩が噴いていました。座席にもたれると汗で冷たいのでバスの中で着替えてすっきり。

新しいカメラと以前のカメラ ニコンP80とP100
こうして写真を整理してみるとやっぱり以前のカメラ(P80)の方が自然な色がでます。CCDとCMOSの違いなのか、カメラ内部の画像処理の方法の違いなのかどうかはわかりません。想像ではP100のカメラ内部の画像処理方法がよくない・・・
やっぱり一眼レフも必要か・・・

下山 仙湖植物園へ

帽子代わりに海芋の葉を


仙湖登山道から仙湖植物園



仙湖植物園 紫薇園(百日紅園)
またまた紫薇園にきてしまいました


まだ咲いていますがちょっと元気がなくなっているので全体を撮影





仙湖植物園 仙湖
暑いにもかかわらず一目千人でした


ピンクの山丹花が増えていました


仙湖から小梧桐山を



砂漠植物区 アメリカ館
アメリカ大陸、アジア、アフリカ区に分かれていますが暑い深圳でもこの区だけは温室栽培です。







植物園で
ウコンサンゴ、これも花期が長いですね





仙湖登山道から仙湖植物園展望  パノラマ写真 クリックすると大きくなります



仙湖 奥は水生植物区

《深圳の山と公園》 仙湖植物園(2) 散策


《深圳の山と公園》 仙湖植物園(2) 散策

誰もいないところを息を潜めながら行くとほんとにたくさんの鳥たちが自由にじゃれ合って楽しんでいるように見えました。あちこち飛び回るし、うまく葉の陰に隠れるようにするので撮影するのが難しい。これだけいるのにどうして撮影できないの?と思いながら。

そこへ携帯電話・・話を終えると人の気配を察知したたくさんの鳥たちはすべてどこかへ消えてしまいました。
じゃましてごめん・・

小梧桐山・仙湖登山道から見た仙湖植物園
お寺は仙湖植物園内の弘法寺です その先の湖が仙湖
紅源平葛(べにげんぺいかずら)。源平葛(げんぺいかずら)と紅花臭木(べにばなくさぎ)の交配種
この花を知ったのが2009年10月のここでした。同じところの花を撮影


紫薇園を過ぎて林の中を・・


これはアランセラ?ちょっと違うような・・・遊歩道沿いに植えられていました


園内を歩きます


ここは盆景園、盆栽園です。


仙湖をバックに
カンナですね。こんな色、初めて見ました


大葉紫紺野牡丹(おおばしこんのぼたん)


小梧桐山頂のテレビ塔


化石植物園で
背景の樹は化石です。たぶん色を塗っている・・


頷きヘリコニア(うなずきヘリコニア)


相思樹と仙湖と大梧桐山遠望






鳥たちです。


紫薇園から林の中を行くといました。小さな鳥。

紫薇園でふと横を見ると大きな鳥が・・あわててシャッターを



水生植物区で。
花はありませんでしたが鳥がたくさん遊んでいました

シロガシラです

すずめでしょう

紅羅雲(こうらうん)が2羽

仙湖植物園2010
おわり

紫薇園の百日紅(さるすべり)と梧桐山
仙湖植物園
深圳最高峰梧桐山944mの麓、蓮塘にある植物園。
1988年開園で広さ5.9k㎡、奈良公園と同じぐらい。天上人間、湖区、廟区、砂漠景区と松柏杜鹃景区の五大景区に分かれ、水生植物園、裸子植物園など十数個の植物区があります。
入園料 全票(おとな)20元
このブログの記事 →  仙湖植物園 

《深圳の山と公園》 仙湖植物園(1) 紫薇園(百日紅園-さるすべり園)


《深圳の山と公園》 仙湖植物園(1) 紫薇園(百日紅園)


仙湖植物園大門と雲の小梧桐山頂
久しぶりに仙湖植物園に行きました。
小梧桐山(692m)に登ったらここを経由して下るので馴染みはあるのですが下ってくるときはタダ・・
で、久しぶりに入園料20元を支払っての入園。まあ梧桐山登山のついでではなく植物園を目的に入園します。

植物園と言っても中に湖やお寺を取り込んで面積5.9k㎡、半端ではありません。で、車で入場することもできるのですが庶民ですのでここはひとつ・・
最初に来たときは園内の弘法寺までバスで行き、そのあとは乗り降り自由の電気自動車ミニバスを利用して巡りました。当時は山歩き趣味を持つ前ですので歩くという大それたことは考えていませんでした。

今回は山歩き趣味の延長みたいなものですから極力歩きますが目的は植物園探索、弘法寺まで歩いても30分程度ですがバスに乗ります。弘法寺は拝観せずに植物園を徘徊。
この日は1万9000歩
さて紫薇園(さるすべり園)です


クスノキをくぐって


一面のさるすべりでした。大きすぎてカメラに収まり切れません。背後には梧桐山


ほんとにさるすべりのピンクはすてきです。大好き


白もいい








で、野牡丹もきれいに盛りです


初めて見る小さな黒いトンボでした。獲物をくわえています。一瞬のうちに食べてしまいました


【深圳の山】 今年初めての梧桐山

凌雲道から深圳市街を遠望
今年初めての梧桐山


登山口付近にできた梧桐山の石標
梧桐山もすでに20回以上訪れているわけですが今年になって初めての梧桐山です。
今回は小梧桐山(692m)です。大梧桐山(944m)はまた楽しみにとっておきます。
コースは最大斜度70度の凌雲道。曇ってて雨が降りそうな感じですが透明度は良好。

凌雲登山道と言っても石段の登山道。深圳の登山道はだいたい石段主体で登山道というより参道です。なので段数は半端ではありません。
日本では四国金比羅さんの石段が有名ですが奥社まで1368段とのこと。

ここから第2部
凌雲道は2部分になっていてはじめの部分が500段あまり、あとの部分が2653段ということで計3200段ほどです。傾斜はかなり急で頂上近くで70度以上の傾斜となります。
では出発!写真を念入りに撮影しながらゆっくりと。


でも写真撮影、失敗しました。普段はホワイトバランスを太陽光で固定にしておくのですが今回は曇天に設定してみました。これが失敗でした。なぜかわかりませんが変な色になってしまいました。たぶんカメラの設計がおかしい?(自分のうで?)
公表するのに耐えられない・・で、Photoshopでできる限りの補正をしてアップすることにしました。あしからず。
小梧桐山へ

視界がいいので深圳市街地がよく見えます


いきなり現れた初めての花・・どこかのWEBで見たような気が・・





そして見えてきた最大斜度70度の石段


香港の山 シャープピークが一番奥に


八仙嶺は手前の小八仙と同じ形・・手前の右は紅花寨、奥には馬鞍山がうっすら


凌雲道


蓮塘のマンション、うしろに香港の山々。 左端のピークは小梧桐山の最高部分にあるアンテナ群




小梧桐山で

最近二酸化炭素問題のアピールのためか風力発電とか太陽光発電などの設備が増えました。
ただこのミニ風車(たぶんミニ発電用。下には太陽電池パネル)、騒音がすごい。要改善。

大梧桐山を遠望。


初めて見た掃溜菊(はきだめぎく)だと思ったのですが・・小米菊(こごめぎく)のようです





下山 小梧桐山から仙湖登山道で仙湖植物園へ
小梧桐山からはいつものように登雲道から仙湖登山道へ入り、仙湖植物園に寄っていきます。
植物園といっても面積6k㎡、中に湖(仙湖)や博物館、それに弘法寺というお寺も含んでいる大植物園です。
  小ブログ記事 →仙湖植物園

仙湖登山道の石段も急で下るのは骨が折れますが景色がすばらしい。そして何より、このコースで下っていけば仙湖植物園の入園料20元がいりません・・・
でもまあ、目的が植物園ならこのコースを選ぶより20元を選んだ方がいいでしょうけど・・


仙湖登山道の展望台から仙湖植物園を展望 右のオレンジの屋根群が弘法寺


登山道で見かけた普通の崑崙花(こんろんか)みたいなのですが・・


こんな高いところに咲いているのを初めて見ました。どうやら「オーロラ崑崙花」というような・・




仙湖植物園で

仙湖植物園から見上げると仙湖登山道が見えました。展望台もはっきり





相思樹



とてもいい香りがしていました。写真を撮っていると女性がやってきて「いい匂い」と香りをかいでいました。
「なんの花?」と尋ねると「知らない」と言って去っていきました。






そして植物園の大門 出口(入り口)です


今年初めての梧桐山

深圳八景・梧桐山煙雲への道(9) 8時間25分の最終章

眼下に広がる仙湖と弘法寺 (15:52)

最終章

小梧桐山のテレビ塔をあとにして蓮塘に向かう登雲道に入ったあと途中で仙湖植物園へのコース、仙湖登山道を下ります。

登山道と別に分岐して小さなトンネルがありました。中は真っ暗。何だろうと思っていると、ある登山者の声「ここはダメかな」
すかさず「大丈夫」と知っているらしい人が叫び大股に入っていきました。これを機に十人ほどの人が間髪入れずに入りました。私も中ほどに入り込みます。

始めは外の明るさで見えていたのですが道が折れ曲がっていて右へ折れるとすぐに漆黒の闇になりました。「前後で手をつなげ」の声。前の人から私に手が差し出されました。背後からは 私のリュックに手がかかります。
少し行くと出口から光が差し込んで少しずつ見え始め、無事通過。ちょっとした冒険みたいで興奮ぎみ。
それにしても声がかかったあとのまとまった行動の早さはすばらしい。とても気持ちよい経験でした。
登雲道を歩き始めます (15:08)








登雲道と仙湖登山道との分岐点 (15:34)


ちょっと近道コースのトンネル出口 (15:38)



カメラの電池切れ
トンネルを出て写真を数枚撮ったところでハプニングが起こりました。カメラには「電池残量がありません」の警告と共にパワーオフ・・・「えーー」力が抜けるのを感じました。
私は常にスペアーの電池を持っていますが、この時はすでにスペアーに交換しています。これがなくなると仙湖植物園を見下ろす写真が撮れません。

考えながら歩き始めました。電池は使い終わって少し休ませておけば少し復活するはず。これにかけます。交換した電池を再び装填。おそるおそるパワーオン・・
やった、写真が撮れました。あとどれくらい撮れるか想像つきませんがセーブして写真を撮ることにします。
(この日は実に530枚の写真を撮っていたのです。8時間半の間に撮ったわけで1分1枚という計算になります。自分でもちょっとびっくり)


仙湖植物園の壮大な眺め

ほどなく眼下に仙湖植物園内の弘法寺を中心に雄大な景色が広がります。これは感動でした。
ただ、登山道は急な石段に変わりまして、正直ビビりました。一段が高く狭いのです。片側にロープは張ってあるのですがロープをつかめないところもあり一段足を踏み外せばという思いが 出てきて・・・

仙湖植物園に入ると弘法寺は以前に見学しているので別コースをとって植物園の入り口に向かいます。ほかの登山者は弘法寺へ向かい、私一人になってしまいました。

出口への道は・・・なんと急な上りの石段が続いています。下るだけでいいと思っていた私には、これだけの石段を登る気持ちの準備がありません。ちょっと ショック。
でも登り始めると慣れてしまったのかやけくそなのか、登るスピードが落ちてないように感じますし疲れてもこないのです。これは不思議でもあり私を喜ばせました。
ただ、あまりに登りが続くとほんとうに植物園の入り口に向かっているのか不安になってきます。もしかしてまた梧桐山に登るルートになっているのではないかと・・・

眼下に弘法寺 (15:43)


ビビった道









ゴール間近で

さらに登りが続いたとき下りてくる初老の紳士がいました。娘らしい小姐と共に。
「仙湖植物園はどう行けばいい?」と彼。
「私も分かりません」
「あなたは仙湖植物園のチケットを持っていますか?」
「持っていません。入り口から入ったのではなく大梧桐山から小梧桐、そしてここに下ってきたので・・」
「あなたお年は?」
「××才です。植物園の入り口はここを行けばいいのですか?」
「そうです」
「間違いないですか?」
「大丈夫」

太陽が沈む前にめどがつけばよいからと覚悟を決めて進みます。でもどうして年を聞かれたのかな・・・


ゴール!
さらに長い登りの石段を抜けると外の景色が見え始め、上りはなくなり下りだけとなりました。さらに10分ほど歩くと登山口に出てきました。
目の前には以前に見たことのある道、自信を持って歩いていくと見えてきました、仙湖植物園の大門。
目標のゴール地点です。足が速くなって8時間25分のフィニッシュを飾りました。

(16:00)


(16:31)






登山口に出てほっと一息。弘法寺を眼下にしてからすでに1時間、ゴールはあと少し (16:43)


植物園の門が見えてフィニッシュへGO!!


ゴール!!! 16時48分55秒!



後記
8時間25分をかけてやっとゴールインしました。
今回3万3500歩。平地を普通に歩くと私の1歩は50cmなので16kmあまりの距離を歩いたことになるのですが、今回は石段も多く状況が違いますので何とも言えませんが15kmは歩いていると 思っています。
電池は交換後30枚撮影できました。そのあと再び電池を交換して最後の2枚、仙湖植物園の門を撮影しています。

でもすごくさわやか、一人でにんまりしながら歩いていました。
以前は登山みたいなしんどいものを好きな人がいるとは・・・と思っていたのですがちょっとその気持ちが分かるような気がします。
まあ何十キロもある荷物を背負いながら、というのはできませんが娯楽登山ならもっと行きたいという気になっています。

通ったルート (クリックすると拡大します)


深圳八景梧桐山煙雲への道 (完)

羅湖区 仙湖植物園 (5) 化石森林・エピローグ

2007年 04月 29日
化石森林
遼寧、新彊、内蒙古、インドネシアなどから持ってきた化石植物を展示しています。






















テレビ塔


こんな近くに深圳の街並みが見えます





今回はこれにて時間切れ。まだたくさんの所を見ていませんので再び来ることになるでしょう。

遊覧バスで出口に近いところで降り、バスを乗り換えて出口までと思っていると、白タクが声をかけてきました。話をしていると出口までは30分程度歩けば着くとのことで歩くことにしました。


バスを使いながら歩いても帰ってみたら1万8000歩、歩いていました。

羅湖・仙湖植物園 終わり

羅湖区 仙湖植物園 (4) 深圳古生物博物館

2007年 04月 26日
深圳古生物博物館
古生物博物館


中国初の古生物博物館。
ここは入場券が必要です。20元。
門の前の白い鉄骨は恐竜の骨格をイメージしてるようですね・・

私は地球の生い立ちとか生命の起源みたいなのにすごく興味があり、今回自分で一番の目的とした博物館です。
この博物館は子供にわかりやすく作られているような感じ。けっこう中国(深圳)の博物館って展示がわかりやすいですね。
四川省は恐竜が豊富だとか。
四川省で発見された世界一首の長い恐竜の化石






窓の外にも恐竜のディスプレー












博物館の横に香港回帰記念林が




この博物館の前が化石を集めて作った化石森林になっています。

羅湖区 仙湖植物園 (3) 砂漠植物区

2007年 04月 23日
砂漠植物区
仙湖を出て砂漠植物区へ。アメリカ州、アジア州、アフリカ州に分かれて温室がありました。
アメリカ州








アジア州




アフリカ州









砂漠植物区の坂を歩いて登り詰めると化石植物区、古生物博物館がありました。

羅湖区 仙湖植物園 (2) 仙湖

2007年 04月 22日
仙湖
遊覧バスで植物園内の見学

さて小姐に5元を払い遊覧バスに乗り込みました。しばらく走ると一つめの観光スポットに到着。降りようか、それともまずとにかく1周してみようか、一瞬迷いましたが、 小姐の「降りないのか?」の声に誘われるように降りていました。続きは別のバスに乗れとのこと。

観光スポットで降りては観光しながら進むもののようです。昔、杭州西湖を旅行した時に 観光遊覧船(ボートみたいな小さな舟)が同じシステムでしたのですぐに勘がつきました。乗車券をなくさないようにしないと。
まず着いたところは「仙湖」、湖です。

遊覧バス
遊覧バス。このバスは入り口(大门口)までは行きません。弘法寺が起点終点になってます。
あとは園バスに乗るか、入り口に近いところで降りて30分程度歩くか・・





網で金魚を捕ってます。金魚がたくさんいました




ゆっくりお茶を飲みながら


ここには雀が・・・


小平のお手植えだとか・・・


お坊さんも休憩







湖を見終えて指定場所で次のバスを待ちます。バスを待っている間に、何人かの 観光客が車でやってきました。車があれば楽ですね。

バスに乗り込むとすぐに盆景園(盆栽園)、ここはパスしました。時間的にほかを見たいので。ただ盆景園、待っていたところからすぐでした。これなら歩いて行ったのに・・・道しるべ にキロ程を書いて欲しいのです・・

次は砂漠植物区へ・・

羅湖区 仙湖植物園 (1) 弘法寺

2007年 04月 19日
仙湖植物園大門
仙湖植物園

マンション探しの時、偶然に見つけた植物園です。散歩してみようと初めて入園してみました。下調べをせずに植物園という名前で勝手に想像していたのですが全くの思い違いをしてました。広いのです。とりあえず歩いて回るというのはとんでもない話でした。

羅湖区の東、塩田区との境界の深圳最高峰梧桐山944mの麓、蓮塘にある植物園。1988年開園、その広さ590ヘクタール、ほぼ6k㎡、奈良公園と同じぐらい。天上人間、湖区、廟区、砂漠景区と松柏杜鹃景区の五大景区に分かれ、水生植物園、裸子植物園など十数個の植物園があります。
バーベキューをしたりキャンプしたりできるようです。

まあ何度も来るところですね。気持ちを変えてとりあえず全体を把握、その後日を変えて少しずつ回ってもいいかなと。そうすると散歩にはちょうどいい気がします。
今回は初めて、まだ見ていないところがたくさんあります。次のお楽しみでしょうか・・


20元の門票を買ってゲートへ。入り口の大きなゲートは車用でした。歩行者用は右の隅っこにありました。
入ると園内バスがあり、弘法寺へと書かれています。2元。こんなところならもっと高いと思っていたのですが意外に良心的。そういえば売店で売っているペットボトルのお茶も4元。街で買うと3元なので少し高いですが、観光地は普通5元取っているのでこれも良心的。この植物園はそういう場所かと頭にインプットされました。
クリックすると大きくなります






園内バスで弘法寺へ。予備学習をしてないのでとりあえず中へ。

弘法寺


















白い鳩がたくさんいました。




さて見学を終えて道しるべを見ながら歩き出すと遊覧バスが見えました。まず概要を。手っ取り早く乗ってみることにしました。
5元。

でもやっぱり道しるべには目安でいいのでキロ程を書いて欲しいですね。
タグ / 仙湖植物園
前へ◄   ► 次へ
2019_10


Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved