So-net無料ブログ作成

園博園 点景 (2014.7.24)

平日の園博園は静かでした。あちこちで野鳥が飛び回っていました。




スズメガのんびり


紅羅雲(コウラウン)もひらひらと目の前に着地




あめんぼうを初めて撮影してみました。焦点の取り方がけっこう難しそうです、と言うかうまく焦点が合わせられない・・・


ひらひらと木から木へと枚ながら飛ぶ大きな蝶がいました。調べてみると蝶ではなく蛾でした。
オオツバメガと言うらしいのですが、とにかくでかい。枯れ葉みたいで見つけるのに一苦労。




そして帰り、久しぶりに深南大道の中央分離帯から撮影


2014-05-09  

また雨

雨 (2014.5.9)

また雨 (2014.5.9)

先週土曜日は太陽が出ていい天気でしたがそれ以後ふたたび天気が思わしくなく曇時々雨の日が続きました。そして昨日とうとう本格的に雷混じりの雨が降り始めました。天気予報ではまだ数日雨が続きそうです。

例年は4月終わりから5月にかけて短パンに衣替えのシーズンになります。この雨のためなのか、気温は上がらず短パンから今は長ズボンに逆戻り、上衣もサマージャンパーで暖を。ちょっと辛いですね。早く開放的な季節になればいいのですが。

園博園で(2014.5.2)




園博園 桃玉名(ももたまな)の紅葉と福塔

メーデーの園博園 (2014.5.1)

天気の悪いままメーデーの休暇に入りました。部屋に閉じこもっているのもなんなので手っ取り早く園博園に行きました。マンションを出て30分ほど歩くと北門に着きます。

さすがに五一節、いつも閑散としている園内も家族連れやカップルでたくさんの人。


福塔


福塔の基壇の下でやっていた工事ができあがったようです。仏教の祭壇でした。


普段水の出ていない噴水も元気よく


日本で言うならお祭りの時のテキ屋ですね。似顔絵描きです。いつも人だかりしているのですぐわかります。
お値段は速写20元、素描40元、彩色すると100元・・・


ザクロも実になり始めました


夾竹桃(きょうちくとう)


油断していたらチャイニーズハットも花期の終わり、数少なく残っていた花です。


園博園の福塔

園博園12月の平日  今日の最低気温 5~7度

昨日の夜、ベランダに温度計を置いてたら寝る前には気温は10度でした。これはまた寒くなるか、と思いながらおやすみ・・
で、今日、深圳気象台のHPへ行くと今日の最低気温はだいたい7度、地域によっては5.1度のところもありました。昨日の夜はよく晴れていたので放射冷却で寒くなったのでしょうね。昨日の朝は寒くて目が覚めたので今日は布団を1枚増やしていましたのでぽかぽかでした。
最高気温は14度ぐらい。天気予報ではこれから少しずつ気温は上がるようです。

能見度もよくなり(15kmぐらい)天気もいいので園博園に出かけてみました。マンションからは園博園の北門まで2kmあまり。
永日の園内は人もまばら、鳥さんものんびりとくつろいでいました。
可愛いですね、頬白白鶺鴒(ほおじろはくせきれい)


四季鳥(しきちょう)はあちこちでよくくつろいでいました


市の花、ブーゲンビリアです


福塔の下ではなにやら工事。見ているだけで足がすくみます。


飛行機ものんびりに見えます


園博園

園博園を散歩 (2012.11.2)

深圳に戻ってからの洗濯機騒動も一段落して戻って初めてぐらいの散歩です。マンションを出て園博園北門までは歩いて30分ほど。1ヶ月ぶりぐらいなのに新しいバス停ができていたりあちこちで工事があっったりして景色がかなり変わったような・・

園博園の北門から入っていつものコースからは少し変えてみました。平日とあって静か。雀がたくさん地面に下りてきてくつろぎ中。けたたましい声が聞こえると思えば鵲I(かささぎ)といつもながらの平和な風景。

今週は1週間遅れの登山記念日で梧桐山に登らねば。
園博園のマスコット


ブーゲンビリアがあちこちで色鮮やかでした。


何か遠くを見ているような四季鳥(しきちょう)


紅羅雲(こうらうん)はいつもながら元気


けたたましい声が聞こえて・・照明の上にとまった鵲(かささぎ)



帰りのバス停で 「通天閣」が隠れていきます


深圳・園博園で
園博園で
3月11日、1周年です。
寒さが戻ってきたこのごろの深圳。きのう園博園へ行きました。そのスナップ集です。




















園博園の福塔 (2010.6.6)

園博園 (深圳国際園林花卉博覧園)
中国建設部と深圳市が2004年9月から2005年4月まで共同開催した第5期中国国際庭園の花博の跡地です。面積66万㎡。園内には1800種以上の草花が栽培されているとのこと。

福田区竹子林西、深圳の動脈、深南大道沿いにあり、しばらく入場料を取って運営されていたのですが現在は無料開放されています。

ホームページ http://www.szyby.cn/
アクセス
バス

「園博園」 →  園博園 
「園博園北門」 →  園博園北門 
「園博園西」  →  園博園西 
案内電話 0755-82829085、82829075

《テーマパーク》園博園(深圳国際園林花卉博覧園)

深南路歩道橋から

高さ52m、9層の福塔
園博園へ (2010.6.6)
農園路を歩いて深南路に出て歩道橋から写真を撮影、反対側を見ると・・山頂に塔が見えました。「おっ園博園、久しぶりにあそこに行ってみよう」
というわけで深南路を西に歩きました。
道草をしながら30分あまり歩くと園博園に到着。以前2006年10月、入場料がたしか15元の時にやってきてから実に3年半ぶり。今は無料開放されています。

園博園を歩く
有料だった2006年に訪れた時は博覧会が終わったためか、あちこち荒れていて廃墟のような感じを受けたのですが久しぶりに訪れた園博園は全く印象が変わってしまいました。有料の時よりも立派でございます。
園内は美しく整備されて訪れる人もたくさん。無料と有料でこんなに活況が違うのか、と思ってしまいました。かくいう自分も一度は有料で入ってみたものの有料なら次はこないと思っていましたから。

深圳のあちこちの公園と同じように人々が利用しています。ただひと味違うのか、プロかと思えるような撮影や舞台関係の人とかが多く利用していました。劇団みたいな集団のいたところでは「写真を撮るな」のポーズをされてしまいました・・・


撮影していたあか抜けした美人
きれいな人でした

いろいろなポーズを堂々とこなしていました
やっぱりプロなのでしょうね。


入園した時間も遅いので(午後4時半)目標を塔まで行くことにして歩きました。
それにしても見応えのあるところです。筆架山、蓮花山同様、散歩する場所がまた一つ増えました。何しろ、マンションからはバスで3、4駅、歩いても20分ぐらいで北門まで行けそうです。塔のある展望台からは私のマンション付近もすぐそこに見えました。
いずれにしてもまたゆっくり来ようっと。ちょっとやみつきになりそう。


あれこれ
Start Here と書いています。どうやら来年2011年深圳ユニバーシアードのスタート地点のようですが・・

日本庭園もありました。現在整備工事中でした。どういう風になるのか楽しみです。




プルメリアの前には一面のピンク



花の咲いているのがありました。
おや・・これ崑崙花(こんろんか)?
緋衣崑崙花(ひごろもこんろんか)のほかにもピンクのがあると書いてありましたがこれなのでしょうか・・・

( 中国のサイトでいくつか見つかりました。崑崙花属(玉叶金花属)のようです。
 → 崑崙花属 )
2010.6.9

見事な台湾連翹(たいわんれんぎょう)でした。これだけ見事なの、初めて見ました。




振り返ると・・香港が見えました。




山頂の石塔・福塔




塔のある展望台からの風景、道路は僑香路。隣の新しいマンションがなければ私のマンションが見えたはず・・・


塔付近にもたくさんの源平葛。この赤白の色合いを見ると清楚な気分になります。好きですね。








真っ白のハイビスカスもなぜか激しさが。


大花百日紅(おおばなさるすべり)


茉莉花(まつりか)、ジャスミンです。撮影中、すてきな香りが


誰かが持ってきたオウム。木に乗せると撮影会が始まりました。


福田区 園博園

2007年1月4日

園博園(深圳国際園林花卉博覧園)は深圳・南山区の錦綉中華(ミニチャイナ)に近い福田区にあります。

中国建設部と深圳市が共同開催した第5期中国国際庭園の花博の地です。今はあまり使ってない施設があって少し荒れています。少しだけ散歩しました。

→  园博园 


























タグ / 園博園
前へ◄   ► 次へ
2019_10


Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved