SSブログ

裏山から塘朗山へ  (2013.10.23)

最近は裏山の回廊コースを歩くことが多くて塘朗山まで縦走することがなくなってきたので久しぶりに裏山から塘朗山まで脚を伸ばしてみました。午後の出発です。

裏山へは地道コースを行きます。時間は石段コースより少しよけいにかかりますがエキサイティングな道です。
裏山の山頂からは塘朗山郊野公園に入ります。平日なので人はほとんど通りません。なかなか静か。スタイルはランニングパンツに汗を外へ出すという半袖シャツ姿の完璧な夏姿、かなり涼しくなってきたので歩くペースは上がります。湿度が低いのでのどがからからになりますが夏とは違って水の摂取はかなり少ない・・

でいつの間にか塘朗山に到着していました。こちらの公園も案内板の整備も進んでいてキロ程がわかりました。
まず裏山の山頂から塘朗山頂まで4km、塘朗山を下山する登山コースは1.7km。あと裏山に登るコースを2km程度とすると今日の合計は8km程度というところでしょうか。

ちょっとみすぼらしいですが裏山へのスタートポイントです


地道コースですね


裏山の山頂。




塘朗山郊野公園に入ります
たくさんのミニ嶺を越えていくコースです。上り下りが激しい


秋ですね。。 登山道から見える梅林水庫


塘朗山頂の展望台が見えます。ここからさらに尾根づたいに歩いていきます。



そして塘朗山頂に到着。裏山の山頂から1時間45分。どうやら4kmあるようです。


塘朗山頂から。



下山です。塘朗山頂を振り返って




一番右が裏山の山頂。尾根づたいに左に歩いてここまでやってきました






最後の急石段です


塘朗山の秋

塘朗山郊野公園・秋

いつもは裏山から尾根づたいに歩いて塘朗山でフィニッシュという順番なのですが久しぶりに桃源村から直接塘朗山に登ってみようとやってきました。
塘朗山に初めて登ったのは2008年3月。当時は整備が始まったばかりの頃で山麓ではマンションが建設だらけでした。今は当時から比べると雲泥の違いで山も山麓の街もとてもきれいになりました。

それにしても涼しくなりました。服装はまだ短パンスタイルですが風は心地よいし、空が曇っているので水を飲む量が極端に少ない。
反面、能見度(空気の透明度)はすでに冬の能見度(悪い)、もう香港は全く展望できません。したがって比較的近くの被写体を中心に撮影。


山頂まであと少しのところで・・・
最後の石段を登って頂上へ、と思いきや通行止め。なにやら山頂で整備工事中みたい。山頂までパイプをつないでセメントを送っていました。
他にもあちこちで整備工事をしていました。羊台山といい塘朗山といい、裏山といい、集中的に公園整備がおこなわれています。地下鉄の第三期工事も盛んですし、都会のインフラ建設が急ピッチですね。先行き楽しみです。

ここから出発
















山頂がだめだったのであちこちのコースを。








裏山方面を


下っています









能見度はさっぱりです


もやがありながらも香港が見える季節になりました - 塘朗山の隣の山から

裏山フルコース 聖人大座から塘朗山へ (2013.4.23)

長い梅雨が明けたような天気、午後から晴れ間も。で裏山へ。今日は久しぶりに塘朗山まで行ってみるかな。
ということであの油桐の径コースで聖人大座山頂へ、さらに7つ8つの嶺を越えて塘朗山へ。聖人大座山頂までは大回りコースなので少し時間がかかって休憩込みでのんびり4時間半の山歩きでした。

天気が悪い間はずっと家にくすぶっていましたので前日の裏山散歩でウォーミングアップ、そして2日後のこの日、裏山フルコースを。見晴らしがよくなれば梧桐山にも行きたいので少しずつなまった身体をほぐさないと。

裏山から


聖人大座を越えると・・ 梅林水庫です


この花のシーズンがやってきました。 ★桃金娘 ●天人花


塘朗山の山頂にも椎の木。 花も終わりです。


塘朗山から地下鉄環中線(5号線)。駅ができると建設も盛んに。




深圳湾から香港方面です。


そろそろ黄昏れ。


桃源村付近ももう建設スペースがほとんどなくなったか?


塘朗山頂
深圳ユニバーシアードも終わって普段に戻った深圳。といってもあまり興味もなかったのですが、ここ数ヶ月、当ブログに「ユニバーシアード」のキーワードでアクセス数が激増、普段の1.5倍から2倍のアクセスが続きました。ユニバーシアードが終わってアクセスも普段通りに。

《深圳の山》 裏山フルコース点景 梅林山公園から塘朗山公園へ

能見度(透明度)裏山フルコース3.5時間へ。梅林山公園の聖人大座から6、7つの小さな峰を越えながら塘朗山(430m)に至るコースです。けっこう険しい登り下りが続くので気の抜けないところです。

塘朗山公園側は整備工事もかなり進んでいるのですが梅林山公園側はまだまだの段階。とはいえ、聖人大座の山頂付近は全体像が見えてきました。

それにしても終点、塘朗山の麓の桃源村付近は見渡す限りの高層住宅群となってちょっとびっくりです。工事中だったマンションにも引き渡しのあとの内装工事を終えて入居者が入り始めていました。



そしてこんなものが塘朗山のあちこちに設置されていました。コンクリート製。
読んで字のごとしというか、ねずみ取りなのでしょうがネズミが入っている確認とか処理が面倒そう。でも野のネズミを捕ってどうするのだろう。ほっといてもいいのでは・・それとも人家に下りてきて悪さをするのかな。
聖人大座の石段工事は山頂近くの一部分を除いてできあがったようです。


聖人大座の山頂工事。ここはおそらく展望台。


ここは三層の展望台になるはず。ようやく初層の柱ができてきました。


三層展望台近くのこれが何かわからない・・


そして塘朗山へ


最終地点の塘朗山登山口から見た風景。
右の斜面とマンション横は工事中で赤土の色だったのですがマンションも入居が始まって緑の風景になりました。
それにしても道路沿いの車の駐車は・・まあ、山頂への道路だけですので害はないでしょうが・・


不思議な野草を見つけました。まだ開ききってない葉っぱがあると思ったら。。よく見ると途中に花のようなものが・・

香港の山々をバックに深圳を 聖人大座から

《深圳の山と公園》 裏山フルコース

裏山フルコース3時間半へ (2011.6.5)

ラハイナヌーンの観測のあと、久しぶりに裏山フルコース3時間半に出かけました。約1万6000歩コース。
裏山の聖人大座319mから7つ8つの峰を越えて塘朗山430mに達するコースです。山は低いのですが峰をいくつも越えていくので登り下りが激しくて気が抜けません。

6月から8月の能見度(空気の透明度)のよいシーズンに入り、この日の能見度は28km。深圳湾の背後には香港の山々がはっきり見えました。
実はこの能見度良好な季節とラハイナヌーン間の太陽が北中する時期に合わせて1つのもくろみがあるのですが・・うまくいったらUPします。

それにしてもよくのどが渇く日でした。普段なら500ccのペットボトル1本で十分なのに足らなくなりそうだったので水の規制を・・ 途中から下山後にアイスキャンディー、と念じながら歩いていました。
それにほんとにおなかが減ります。途中でぐっと減ってきた。それだけエネルギーを使うと言うことなのでしょうね。

途中でいつもの掃除のおっちゃんに会いました。撮影に夢中になっていたら向こうから満面の笑みで声をかけてくれました。最近ずっと会っていなかったのでふるさとに帰ったのかなと思って少し寂しく思っていたのでちょっとほっ。

今回はまず、急速に変わりゆく深圳の展望写真です。

聖人大座から
香港の山々をバックに・・ 聖人大座から展望

黒っぽい高層ビルの建ち並ぶあたりが深圳の中心部です。左奥には新築されている98階建ての京基100と地王大厦のある商業の中心部があります。私がこちらに引っ越してきた2005年からは雲泥の差。

街を歩いているとそんなに気がつかないものの、こうしてみていると何となく過密の印象があります。緑を確保するためにもそろそろ開発はいいのでは・・と言う気になります。(十分緑は確保されているとは思っているのですがこうして眺めるとね・・・)

塘朗山から
手前の新しい98階建ての「京基100」は塘朗山とほぼ同じ高さ。そして1996年の建設当時、中国一の高さだった地王大厦が並びます


深圳湾大橋と香港青山から乾山、圓頭山へ続く山々 一番手前のマンション群は深圳桃源村付近。


開通間近の地下鉄5号線(環中線)


環中線と複線化されているような感じのする平南線鉄路、それに周辺の開発。何を造っているのか知りません・・・


羊台山脈と西麗水庫。いつまでもあきない風景です


桃源村付近

中心部から離れたこの地方にマンションが林になりました。
私が初めてこの地域を訪れたときは中央部にある赤いとんがり屋根のある低いマンションを造っていてほかにはほとんど何もありませんでした・・・びっくりするばかりです。
深圳の車輪梅 - 塘朗山から
塘朗山を下りて桃源村の見えるところに、去年咲いていたのと同じ車輪梅がありました。ちょっと嬉しい。
去年もここから写真を撮りました。で、今年も。去年よりも赤みが増したような・・

060

車輪梅 - 塘朗山

裏山フルコース - 聖人大座から塘朗山へ


いつもひょうきんな頬白白鶺鴒
気温は上がってきたものの昨日のしとしと雨のあと今日はじめーっと湿気が多くて少し気持ち悪い。
ここはひとつ山に行って気分を、ということで午後に裏山へ。
それにしてもこのムシムシするのが鳥にはいいのか、部屋にいるときからずっとやかましいほどの鳥のさえずり。外に出ると木々を飛び回るすずめたち。ひょうきんな白鶺鴒が道路に飛び出してちょこちょこ、思わずにこっとしてしまいます。塀の上では四季鳥が、そして白頭のいつもの大きな鳴き声。
そろそろ鳥たちの季節なんでしょうか、騒がしい道を登り口へと進んで登ります。

登山道整備工事はゆっくりと進んでいました。まあ、春節1ヶ月ほどはこういう工事は滞るものですが。相変わらず鳥の声はすごい。聖人大座から塘朗山公園へ入ったところで遠くの木を眺めますとたくさんの野鳥がとまっていました。ズーム最大で撮って見てみると、この前の白頭黒鵯(シロガシラクロヒヨドリ)が写っていて感激。写真は小さいですが識別するには十分。ほかにも初めて見ると思われる鳥もいました。


湿気でかすんで見えない
湿気のせいでしょうか、かすむ景色で遠くの見えない中、鳥の鳴き声を聞きながら3時間あまりで山歩き終了。今回もあの掃除のおっちゃんはいなかった。どうしたのだろう。
いつもの蘭州ラーメンの店でいつもの羊肉炒飯8元を。
食べ終わって外へ出ると暗くなってました。よく見ると道路灯が消えている。今日はこの道路が節電対象になっているのだろうか。さらによく見ると信号機まで停電してる・・それでも車はスムースに・・私もスムースに横断します・・

帰ってくるとマンションのロビー前は大理石の壁と床が湿気で露になっています。滑りそう。でも、ロビーのドアを開けて入ると・・ひんやりしていて湿気は少ない。ガラス1枚でこんなに違うのか・・
自分の部屋に入るとやっぱり湿気。寝室を除湿モードにしておいてからシャワーを。

聖人大座の車輪梅

ズーム最大にして撮影した木。


白頭黒鵯が右端に見えます。その隣の黒い鳥はたぶん初めて見る鳥ですが白頭黒鵯の顔の黒いタイプのようです。
左の方にも白頭黒鵯か・・

ほかにもたくさんとまっていましたが撮影しきれず。
このあといっせいに飛び立っていきました。

そして塘朗山公園の赤い新芽

《深圳の山と公園》 聖人大座から塘朗山へ

新しくなった塘朗山頂
春節後初の裏山フルコース 梅林山公園・聖人大座から塘朗山へ (2011.2.24)

体がなまるのを防ぐための裏山3.5時間コース。聖人大座のあと、7つ8つの小さな峰を登り下りしながら塘朗山(430m)へ行くコースです。多少ハードな登り下り。
塘朗山頂は整備工事がほぼ終わり山頂が美しくできあがっていました。ほかに香港の見える展望台も2つ新設、それらを巡る回廊もできていまして少し楽しくなりました。

塘朗山頂から下るときはやっぱりおなかが減ってきました。で、いつもの蘭州ラーメン屋で羊肉炒飯を。スープ付き8元。

整備ができた山頂

新しい展望台もできました

展望台からは桃源村付近と背景には香港が・・・今日は見えません。

かろうじて世界之窗のエッフェル塔が見えました。

桃源村付近の夕暮れ

新しいマンション群もできあがった様子。

花も

実も

鳥も

初めて見る鳥
図鑑にあったかな・・・

塘朗山のふもと、腰白鵯がいました

《深圳の山と公園》 梅林山公園から塘朗山へ


塘朗山頂の整備工事 これはおそらく展望台
もともと肌の色が白い私、少しは黒くと思っていましたが、山に凝りだしてから色はどんどん黒く・・・
始めは喜んでいたのですが何事にも度というものがあります。だんだん気になりだして日焼け止めを使うのですがそれほどの効果もなくどこまで行くのか心配・・
でも山頂からにっこりと美人がほほえむのです・・・
裏山フルコースへ (2010.8.30)
朝6時半起床。香港の山に登って香港から深圳を展望・・と思っていたが全く能見度(空気の透明度)が悪く8km。で梅林山公園から塘朗山公園へ抜ける裏山フルコースに変更。能見度が悪いので何を楽しみに登るかな。午前中はPC。のんびりして午後2時に出かける。

登山口へ向かう道ばたにはハイビスカス、ユーフォルビアコティニフォリアとか黄胡蝶(おうごちょう)などの花が咲き乱れる。時間的に遅いので紅葉葉昼顔はしぼんでいるし、夾竹桃も季節柄元気がなくなっている。


トレールにリボンがつきました(右上)
裏山、聖人大座(山の名前)を紅嶺中学に下りるコースもけっこう人が多くなってきて山頂に登るまでに下るハイカーとすれ違うようになった。所々にルートを示すリボンも取り付けられたようだ。でもトレールは相変わらず険しい。
聖人大座山頂からはかすかに香港最高峰・大帽山が見えるだけでさっぱりよくない。先へ。
梅林山公園から塘朗山公園に入ると整備されているので石段が多くなる。香港とは違い木陰コースなので直射日光の当たることが少なく、風が心地よくなってきたので人もそこそこ多い。それでも汗はだらだらだが・・
またまた掃除のおっちゃんと出会う。お互いにっこり「你好!」


塘朗山頂の整備工事
いくつかの小さい嶺を越えて塘朗山頂へ。山頂の整備工事の骨格が見えてきた。展望台ができる模様。簡単な売店もできるのだろうか・・最近はふもとの住人が増えて山頂へ散歩に来る人も多いし。
能見度は悪いながらも北側の地下鉄工事や道路工事の様子がよく見える。どんどん変わっていく深圳が面白い。

山頂の整備工事中ということもあってそそくさと引き上げて下山。夕方5時近く、気温も下がってきたので登ってくる人が多くなった。
登山口付近ではまだ台湾連翹の花が咲いていた。
山頂にあまりいなかったため、標準3時間半コースが3時間で終了。バスでマンションに戻る。

マンションについて着ていたものを全部脱いで洗濯機へ。洗濯機を回してシャワー。
気持ちよいひととき。

1万7000歩

マンションから登山口までの歩道の花

いつもハイビスカスの花

ユーフォルビア・コティニフォリア(けつようぼく)/紫锦木  の花が咲きました。
花といっても虫眼鏡が必要なくらい小さな小さな花

提琴桜はいつまで咲いているのでしょう

黄胡蝶(おうごちょう)も長いですね

もう元気のない夾竹桃ですが・・咲いています

整備されているとはいえ、厳しいトレール


梅林水庫 梧桐山は見えません



名前を知りません。

アメリカ浜車と思うのですが葉っぱが少し違うような・・

トレールの人出は多いです



そして塘朗山頂から 視界は悪いながらも新深圳への工事は分かります


地下鉄5号線と平南鉄路の複線化工事中の模様



ランタナの花と実
ここらへんのランタナは赤がすごく鮮やか

夕刻になると散歩姿の人がたくさん登って行きます


桃源村付近はどんどん栄えてきますね。塘朗山へ登る人が多くなるはず


ハイビスカスのお出迎えでフィニッシュ



まだまだ盛んな台湾連翹


おわり

梧桐山にかかる虹

《深圳の山と公園》 夕立のあとに虹が - 塘朗山公園から

虹の梧桐山

朝目を覚ますと裏山は少しかすんで透明度があまりよくないようでちょっとショック。
まあでも家にいるのも面白くないので、久しぶりにたこ焼きを作って食べたあと裏山から塘朗山に抜ける3時間半コースを行ってみることにした。

梅林山公園の聖人大座の山頂から見ると香港・馬鞍山が見えるのでそんなに透明度は悪くなさそうだ。そして塘朗山公園に入る。
茶香径(塘朗山公園のトレール)の入り口付近から梧桐山を見ると空が雨が降っていそうな灰色。ほどなくここにも雨が・・また昨日と同じかな・・とちょっと憂鬱。
写真のネタを探しながら木陰で雨宿りを。雨が激しくなり傘をさして30分。
やっと小降りになってきた。何か雨の面白い写真ネタはないかと見ると・・・なんと梧桐山に虹がかかっていた。初めて見る虹に夢中になってシャッターを。香港・馬鞍山もよく見えている。
虹は1-2分で消えたが初めての虹の撮影に憂鬱は吹っ飛んでしまった。

いつもの掃除のおっちゃんにも会ったし、なかなか今日はいいことが・・と思ったら予備の電池を充電するのを忘れていて塘朗山で珍しく雲のかかっていないランタオ島の山々を撮影できなかった・・・自分が悪いのだけどショック。まあしゃーないか、今日は虹だけで満足しておくか・・・

と言う、半分大吉、半分凶の日でした。
塘朗山と南山


珍しく雲のかかっていない香港ランタオ島の山々
手前は香港・青山、圓頭山、そして九径山、背後にランタオ島・鳳凰山、大東山など・・

春節前の深圳 (2010.2.11)


夕暮れの塘朗山で
今の季節にはないほどの透明度、香港の山々が見えています。
春節前の塘朗山公園 (2010.2.11)

ふと春節前の塘朗山公園に行ってみた。いくつかの峰を越えて塘朗山(430m)、桃源村に向かういつもの裏山3時間半、1万6000歩コースで。

気温が高くてムシムシするコンディション、長袖のワイシャツとジーンズ姿で裏山の聖人大座の登り口から出発。午後3時。
聖人大座でのんびりしていると4時。塘朗山まで行くのをちょっとためらったが慣れたコース、日も長くなったし大丈夫だろうということでいくつかの峰を越えて塘朗山へ。


よく会う掃除のおっちゃん
途中、このトレールを掃除している2人連れ、もしかしてと思ったらやっぱりいつものおっちゃんだった。もうこれで会うのは何度目になるのか、前回は下梅林へ行くルートを教えてもらった。
顔を見合わせてお互いにっこり。カメラを向けるといい笑顔を見せてくれた。

元々そんなに人の多くないこのトレール、春節前とあってほとんど人と会うことはなかった。
それでも数人と出会う。広東語が多い。普通語の人は帰省した?

のんびり歩いて塘朗山頂は6時前。風が強くて汗をかいた肌を冷やして肌寒くなってきたので下山する。
暑さと寒冷注意報
調べてみるとこの日の3時の気温は26度だった。どおりで暑かった。
そして今日は昨日の暑さが嘘みたいに13度。おまけに寒冷注意報が出されている。黄色のマークなので10度以下になるだろうという注意報。昨日と今日でこの温度差・・・
ただ、今の季節にあわず、見通しがよい。能見度20km。
気になるこの未知の花、調べないと


塘朗山と南山が一緒に見えるところがありました。初めて気づいた


南山・前海湾の夕日


塘朗山を下りると暗く・・ 公園内の道路の春節準備もなぜか寂しい。人が少ない。
特にこの地域は新興住宅街、地元の人が少ないはず、みんな帰省したかな・・・


ノートPCとWINAMP

塘朗山のランタナ
ちょっとぶれてます。すんまへん

ノートパソコンとWINAMP (2010.1.25)
ここ1週間ほどパソコンの整理をしていました。
日本で買ってきたノートPCに少し使いにくいところがあって改良のためWINDOWSのインストールをやり直してデータを整理しました。データ専用のパーティションを作っただけのことなのですが買って間もない頃の方がいいので思い切って。

簡単にすむと思っていたのですがこのHPノートのソフト、一筋縄ではいかずにかなり難儀してしまいました。
さらに本体のデスクトップPCもパーティションをシンプルにしてインストールし直してHDの余裕を持たせて・・加えて日本から買ってきた外付けのUSBハードディスクのおかげでかなり容量に余裕が出てきたのでPCの音楽環境も整えました。

いろいろやってみるとWINAMPが結構使いやすいことがわかってWINAMPを中心に音楽環境を。Youtubeで懐メロを中心に大量にダウンロード、といっても中国ではYoutubeがアク禁になったままなので奥の手を使ってダウンロード・・・
データをまとめたあと、ダウンロードした音楽動画を見られるよう必要ファイルをダウンロードしてWINAMPを設定。ついでにダウンロードしたデータから音声データを抽出してこれもまとめて・・
手持ちのCDもWINAMPを使ってデータ圧縮、HDに保存・・とまあ、ちょっとオタクっぽいことをやってしまいました。おかげで落語と音楽好きの私にとって快適な環境になりました。

これからまた山と公園を巡って元気よく・・とは思っているのですが現在の深圳例年になく天候不順、視界不良が続いて外出するのもおっくうになりがちです。
今の時期、ふつうは雨が少ないはずなのに雨が多いのです。水道の出が悪いので節水しているのかなとも思えるので人工降雨でもしているのでしょうかねえ、どうなのでしょう。
深圳塘朗山
ちょっと古いですが1月10日に裏山3時間半コース(聖人大座~塘朗山)へ行ったときの画像です。
7、8つの小さな峰を越えて塘朗山へ行きます。

最高峰が塘朗山430m



黄昏れる桃源村 - 塘朗山から






そしてこの日の花たち
ことぶき菊とかっこうあざみ 近くにはお辞儀草もありました


薄紅苦菜(うすべににがな)


いつもの台湾椿ではないような・・・ 以下不明 調査をさぼってます







深圳南山区/福田区 《塘朗山から梅林水庫へ》 (2) 塘朗山公園

塘朗山登山道 レモンユーカリと遥か南山・・







塘朗山へ


塘朗山登山道




登山道から 鳳凰木と桃源村
nikki091018_2-3_500.jpg

塘朗山頂から 香港が見えません
nikki091018_2-4_500.jpg

北側では地下鉄工事が進んでいました
nikki091018_2-5_500.jpg

梅林山公園方面へ下ります。気候がよくなって人が多い
nikki091018_2-6_500.jpg

やっぱり夏、植物の成長が早い
nikki091018_2-7_500.jpg

塘朗山をふり返ります
nikki091018_2-8_500.jpg


梅林山公園へ

メインルートからはずれて梅林山公園へ
nikki091018_2-9_500.jpg

nikki091018_2-10_500.jpg

とんでもないルート・・
nikki091018_2-11_500.jpg

nikki091018_2-11a_250.jpg


彼らの犬は元気。ちょっとかわいかった

久々にHatと短パンの自画像
nikki091018_2-12_500.jpg

nikki091018_2-13_500.jpg

梅林水庫と梅林の街と
nikki091018_2-14_500.jpg

どうやらここが塘朗山郊野公園と梅林山公園の境界のようです
nikki091018_2-15_500.jpg

つづく

タグ / 塘朗山
前へ?   ? 次へ
2021_10


Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved