SSブログ
長城風の登山道 - 求水山で

求水山と油画村

求水山公園と油画村
深圳の油絵村、大芬油画村の近くにある山公園です。山といっても253mの低い山ですが山頂からは深圳最高峰の梧桐山と梧桐山脈がよく見えるところです。
1996年4月オープン、53ヘクタール。
久しぶりにいってみました。
それとだいぶ前、確か3月、日本語のニュース(香港ポスト)でユニバーシアードのため油画村を撤去する、との記事を見ましてほんまかいな、と思いましたので油画村も覗いてみることにしました。撤去の理由としているユニバーシアードに向けた景観整備とか違法建築だとかの理由も理由になっていない感じで信じがたいのです。
油画村は全く「村」としてすでに生活基盤も整備も確立しているように見えるのでこれがなくなるとはまず考えられないからでした。

油画村
バスで油画村へ。地下鉄で行ってもいいのですが「木綿湾」や「大芬」駅から遠いし、バスに高速路線があるからです。
いつもと変わることなく油画村はありました。『ちゃんとあるやん』ほっとしました。
それにしてもどういうことから撤去の話が出たのでしょう。不思議です。こういうたぐいのニュースはちゃんと確認をとってから公のニュースにしたらどうでしょうかね。
まあニュースソースは時々「?」と思うことや間違いがありますのでブログで使う場合は確認をとる作業が必要ですがこれもそのたぐいかな・・・ それともこれからほんとに撤去される?

求水山公園

がんばれ
久々の求水山公園でしたが、ここもあちこちで工事中でした。何の工事かわかりませんが工事用パネルで遮られた細い通路を伝って公園入口へ。5元を払って入場。
山頂へはアスファルトの山道を登る方法と長城風(万里の長城)の登山道を上る方法があります。長城風の方が雰囲気がいいのでこちらを。
暑い中ですが253mの山頂ですのですぐに到着。

それにしてもここはゴミが大変。ほかの地域では人の気持ちが変わってきているのにここは依然と変わらないような・・・

求水山公園から見る深圳最高峰の梧桐山(944m)の迫力は乏しいですが全貌がよく見えます。
次は久しぶりに梧桐山に登るかな。


おっ少女ギャング 

でも笑顔はかわいかった

記念写真も工夫して・・

展望
梧桐山脈 後方の最高峰大梧桐山(944m)、テレビ塔のある小梧桐山(692m)


小梧桐山のテレビ塔と仙湖植物園の弘法寺


地下鉄線方面



油画村で
香池 珈琲画廊


《日々つれづれ》  油絵村・油画村と地下鉄龍崗線(3号線) 2010.11.21

大芬油画村

大芬油画村へ

大芬油画村への新しいバス路線
何気なくぶらぶらと深圳の油絵村、油画村に行きました。そろそろ地下鉄龍崗線(3号線)が開通して便利になるはずですが未開通なのでバスで。
HPでバスを調べてみると何となく新しい路線ができてそうな感じ。見てみると高速道路と快速路を通って行くので停車する駅の数が非常に少ない。速いかなと思ってこれに挑戦することにしました。ただ、この番号のバスはあまり見かけないので本数が少ないかも知れないのでそのときは別のバスで行くしかないですが。

バスはK359、まずは华强职校へ、ここでK359に乗り換えます。ところが・・・予想通りなかなかやってこない。代用の別便を・・と思ってバス停の行き先案内を見ているとやっとやってきました。床下に荷物を載せられるタイプのバスで、シートもリクライニング。路線一律料金6元。深圳通を使って4元ちょっと。

布吉の雑踏を通ることもなく快速路を走ります。快速路を出ると油画村まであと少し。さすがに早く着きました。本数が多ければいうことないですね。

大芬油画村
久しぶりの油画村はちょっと汚くなってるような・・・・おまけに川のくさい匂いがどこからともなく・・ちょっとショック。地下鉄工事を含めてあちこちで工事をしているのでその影響でしょうか。
でも内容はいつもと変わらずにぎやかでした。
実は前回いいのがあったのですが値段の折り合いがつかずあきらめた絵があります。今回再び見つけてなお気に入ったら買おうとしたのですが店は改装中なのか工事中。まあこういう縁だったのでしょうね。


地下鉄龍崗線(3号線)
もう一つの目的、地下鉄工事の進行と位置。地下鉄と言ってもこの線は旧特区外はすべて高架線なので見れば分かります。めどを付けて少し歩くと国道205号線に地下鉄駅がありました。
木綿湾駅と大芬駅の間になりますが歩いて10分足らずとけっこう距離がありました。双方の駅前は砂ぼこりの中、整備工事中。すでに地下鉄は貫通していて紅嶺から龍崗まで12月から仮営業を開始するとのことでしたが、再び検索すると2011年6月から営業開始ということになっていて12月の文字が見えません・・・
ユニバーシアードのことがあるので6月はまず間違いないとは思うのですが。
広州ではアジア大会の期間中地下鉄、バスは無料の大盤振る舞いですがユニバーシアード期間中は深圳もやっぱり無料にするのかな?

帰りのバスで
あと求水山公園に行って展望しようかと思っていたのですが時間的に余裕がなくなってきたので帰ることにしました。うまい具合にK359がやってきたので手を挙げて停車、乗り込みました。
席につこうとして歩き始めたところバスの急停車に不覚にも転倒。ひっくり返り方がすごかったのか、びっくりした運転手が「大丈夫か、大丈夫か」と・・
ちょっと打撲はありましたが別にたいしたこともなく座席へ。
バスは順調に福田区へ。そして長ーい赤信号に。
声がしてふと顔を上げると運転手が来ていて「大丈夫ですか?さっきはすみませんでした」とのお詫び。座席にやってきてまで謝罪するってこちらがびっくり。初めてのことでした。
大芬油画村で


油画村で 油絵の中に埋まってなにやらお勉強

木綿湾駅


そして大芬駅


肖像画の注文制作 - 深圳大芬油画村 - 実地編

2007年8月13日

前に大芬油画村で見学した肖像画の注文制作、友人の誕生日プレゼントに作ってみました。
まず彼(画伯)に写真を見せて高層を練ってもらってから打ち合わせ。
写真を見て画くわけなので写真と全く違う背景設定をすると色を出しにくいだろうからほぼ写真と同じ背景設定をして描いてもらうことにしました。

50cm x 60cm のサイズで650元、絵の完成を20日後と決定、手付け金を100元支払いました。残金は絵と引き替えということになります。
実際に描く期間は1週間ぐらいとのことですが、ほかにも注文が入っているとのことなので少し時間がかかります。私のメールアドレスを教えました。できあがったらメールで連絡をくれるとのこと。

少し遅れましたがメールをもらって引き取りに行きました。ま、うまく描けていると思いましたので修正無しで引き取り、近くの額縁屋に行き額縁を作ります。画伯に一緒に行き話をしてもらいました。

50 x 60cm と言うのはこちらでの標準サイズのようですのでそれに合わせた額縁が非常にたくさん置いてありました。現品なら安くするとのことでしたがキズとかあってちょっと汚いので新しく作ってもらうことにしました。
で、額縁代は100元。額縁に使う木の材料としては1メートルあたり30元とのこと。

額縁を決定してお店の人が絵を持って近くの工房へ額縁作りに出かけます。待つこと約30分、できあがって持ってきてくれました。緩衝材でパッキングしてもらって完成。
で、額縁込みの肖像画、しめて750元。今のレートで1万2000円というところ。


提出した写真とできあがりの油絵





額縁屋へ


 

額縁を選びます。 右は画伯
 

額縁工房(この時の写真ではありません。)


できあがった額縁と共にパッキング終了。 できあがり
 

肖像画の注文制作 - 深圳大芬油画村

2007年5月28日
日本からのお客さんと一緒に大芬油画村へ行きました。

ある油絵工作室では注文を受けて描いた肖像画をカスタマーの要望で変更していました。
感じのいい吉林省出身の画家さんで27歳の時に独学で絵を勉強したとか、絵をとても丁寧に描いていました。

カスタマーは若い頃の自分とご主人さんの写真を2枚提出して、それをもとに新婚の肖像を描いてもらったとか。明日が結婚記念日。
中国出身でアメリカへ渡ったあと、香港人の旦那さんと結婚して今は香港に住んでいると。今日は香港から。



カスタマーから髪の花を大きくする要望があって、提示された写真をもとに修正しています。




できあがりの肖像画とカスタマー。若い時の雰囲気があります。ちなみにこの肖像画は1200元だそうです。


深圳大芬油画村

2006年8月27日
深圳の有名な油絵村に久しぶりに行ってみました。


深圳の経済特区を北に出て少しの布吉鎮「大芬」にある油画村がそれです。
  油画村のホームページ によると、1989年香港の画商、黄江が大芬にやって来て民家を借りて油絵の収集と販売をしたのが始まりのようです。


 



小さな展示場があり時々催し(テーマ展示即売会みたいなもの)があります。
一般的にそんなに高くはありません。
蘇州のような水郷の絵を3万8千元(小さいもの。たぶん長手が1m足らず)で売っていましたが、こういうのは本物・偽物の区別ができないので買うのが怖いです。でも見た感じはたいへん良かったです。桁が2つ違えば買ったかも。


 

 

 



展示場を中心に油絵販売や表具、額縁など、絵画と多少の彫刻関係を扱う店が並びます。しゃれた喫茶店もあります。


 

 




試しに買ってみました。40cm x 30cmぐらい。2幅で合計80元。
こういうのは高いのは買いません。値打ちがわからないのと、本物・偽物の区別ができないからです。安くて自分の趣味に合うのを選ぶのが一番なような気がします。

タグ / 大芬油画村
前へ?   ? 次へ
2021_10


Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved