SSブログ
南澳の海・大鵬湾と香港の山

深圳大鵬半島南澳へ (2011.8.21)

南澳
南澳は深圳の中心部から直線距離で50kmほどの龍崗区大鵬半島西岸、大鵬湾にある海の町。
そして香港の東側から海を挟んで近くに香港を眺めることのできるところです。手に取るような近くに香港の山々が見えてびっくりします。
南澳から東へ、大亜湾に楊梅坑と言う海水浴場がありますが今回は行きませんでした。

南澳へ
鳳凰山に登って次の日、大好きな大鵬半島へ今年初めて出かけました。暑いですが大鵬半島はやっぱり夏が旬。
体育館のバス停からエクスプレスバス E11 で。10元。体育館から1時間あまりで到着。ほんとに早くて気持ちがいいですね。
南澳の日差しは非常に強いものの心地よい風が吹いていました。風光はほんとうにすてきです。眺めていると心がさわやかに。暑い中、日焼け止めをしてあちこち歩いて写真を。でも日焼け止めがあまりきかない・・
あと、市場へ買い物。昆布とだしじゃこ(だし雑魚)の代わりになりそうな干し魚を買いました。

大鵬半島東側に
そして大鵬半島東側の大亜湾には原子力発電所(深圳市内)があります。香港の資本が入った発電所で主にフランスの技術で造られています。
Googleの衛星写真を福島と比べてみました。見ても何にもわかるはずもないのですが素人目に原発周りの防護がむき出しの福島に比べて防波堤で守られているように見えます・・・

深圳で使う原発を同じ深圳市に建設しています。言わば東京電力が東京湾に原発を造っているようなものです。そのために気の使い方が違うのだろうか、などと考えてしまいます。
福島の原発をきっかけにYoutubeで原発に関する動画を数多く見て明確に原子力反対者となった私です。怖いですが信じるしかありません・・

この平和な風景をいつまでも見ていたいものです。
南澳の海 大鵬湾


左に香港大帽山、右には香港船湾から八仙嶺のはず・・


こちらは香港シャープピークがはっきり


シャープピーク






そして陸側には深圳第2峰、七娘山869m




大鵬湾から香港の山展望。シャープピーク、馬鞍山、大帽山など

南澳2010 (2010.9.12)

南澳

南澳
今年初めての南澳。南澳は海鮮料理で有名で大鵬半島にあります。深圳中心部を東に50kmあまり、原子力発電所にも近いところです。私のマンションからは60kmほど。大鵬半島の風光が好きで時々出かけます。
これまでは普通の路線バスを乗り継いでマンションから3時間近くかかって行っていましたが、最近高速の路線バスができているのでこれに乗って出かけました。

雨が降ったりやんだりのあいにくの天気、七娘山も雲に隠れてしまっていて写真が撮れないので気分を変えて散歩。市場もぶらぶらと。で、だしを取るのに使えないかと思って乾燥昆布を買いました。15枚分で10元。試すには廉価な価格。


楊梅坑 2008.9.13
さらにバスに乗っていくと七娘山の見える「楊梅坑」という海水浴のできる浜とバーベキュー場のあるところがあります。大梅沙にくべると設備では見劣りしますが海がとてもきれいなところです。
今回は天気も悪いのでパスしてまた今度・・

エクスプレス・バスE11路と旅游専線
2008年末に深圳の路線バスが3つに系統化されました。 →  一元バス 
  1. 快線バス ( 快线巴士 EXPRESS )
  2. 幹線バス ( 干线巴士 MAIN-LINE )
  3. 支線バス ( 支线巴士 BRANCH )
これに合わせて路線バスが振り分けられましたが、系統化後にできたバスは番号の前にE、M、Bの文字が付いています。
系統化後にできたEバス、エクスプレス・バスはそれまでのバスとは違い停車する駅が非常に少なくなって高速化しているので今回乗ってみることにしたのです。


帰りの旅游専線。E11もほぼ同じ
マンションから323路のバスで体育館へ、ここでE11路のバスに乗り換えます。
主要な停留所だけに停車して仙湖植物園ふもとの町、蓮塘へ。蓮塘からは高速道路を乗り継いで葵涌汽车站までほぼ30kmを一気に走りぬけました。途中、東部華僑城、大梅沙の海水浴場、小梅沙のきれいな海景を見ながら体育館を出てから1時間で大鵬に到着。今までは364路のバスで大鵬まで行っていましたがこれより1時間以上早い到着でびっくり。さらに15分で南澳へ。
交通費は323が2元、E11が10元の12元。深圳通を使って8元。60kmを高速道路を使って日本円で100円。安いですねえ。
→  E11    364路 

帰りは南澳から大鵬に行き(約15分)新しくできたらしい旅游専線バスに乗る。福田枢纽中心から大鵬金砂湾海滩への快速バス。これもE11と同じく葵涌から蓮塘まで高速道路を使用。ただ、羅湖駅近い繁華街を通るので渋滞に巻き込まれて少し時間がかかる。でもやっぱり1時間ぐらい早い。交通費は13元と少し高め。
大鵬湾。 とがった山は香港シャープピーク! こんなに近い








そして七娘山を見てマーケットの入り口







七娘山を撮影しようとしたら・・・雲がすっとかかっていました











山丹花と蝶




犬に買った栗を一つあげました。
手で押さえながら悪戦苦闘して食べようとしています・・・

以前に撮影して遊んでいた場所は新たに整備工事中・・

大鵬半島の風光と原発

2009年 02月 01日
大鵬半島です。
大鵬の街は雑然としていますが美しい風光
(原発反対写真のつもりはありません。念のため。)

深圳第2峰の七娘山(869m)と原発(一番左)



深圳第6峰の排牙山(707m)と原発(一番右)



排牙山






七娘山


古寺と七娘山


大鵬の海岸線


原発


深圳・龍崗 大鵬半島

2009年 01月 18日
大鵬半島へ (2009.1.18)

最近、よく大鵬半島へ行くようになりました。
大鵬半島の位置を再確認しておきますと深圳中心部から直線距離で50kmあまり東にある半島です。東の海側、大亜湾には原子力発電所(核電站)がありま す。私のマンションからはバスを乗り継いで3時間近くかかります。非接触式プリペイドカード・深圳通を使用してバス代は8元ほど。約30%off。

クリックすると大きくなります


そのほか、深圳の高山がひしめいている地域でもあります。深圳第二峰の七娘山(869m)、第三峰の大燕頂(796m)、第六峰の排牙山(707m)など が小さな場所にあるので山と海の風景が実にきれいです。加えて大小梅沙の海岸線に匹敵する海岸線の美しさも魅力です。いつ行ってもあきないのです。

今日は天気もよくてまず原発のある大亜湾へバスで行き、そこから少し歩いてみました。
ベストと上着を着ていたのですが、暑くてすぐにベストも上着も脱いでしまいました。

東山寺の矢印で何となく行ってみました。古いお廟なのかも知れませんが現在建設(整備?)中でした。
横の地道に興味をそがれて歩いていきました。
遠くに水庫が見えてきたので登っていきます。
水庫には今の季節、渇水寸前状態。で、振り返ってみると・・・
「うおー」
またまた一人で大声を上げてしまいました。大亜湾とその向こうに見える深圳第二峰の七娘山の競演。雄大で美しい至福の風景がありました。
近くに小さな山が見えましたのでここへ登って眺めてみようと登り口をあちこち探しながら20分あまりで山頂へ。
さっきよりも海が大きく見え、じゃまだった電力線鉄塔がなくなりさらに美しくなりました。

次のために登山道の確認をしながら下山。東山寺に出てきました。
このあと、さらに近くを散歩して帰途へ。
この次来たときは・・・・


核電站から歩いて


水庫からの展望 深圳第二峰・七娘山と大亜湾


左の方には核電站



黄色い声がして子供たちが登ってきました。


背後には深圳第六峰・排牙山


そしてパチンコを持った子供


建設(整備?)中の東山寺


龍崗区 原子力発電所 大鵬・大亜湾核電站

2008年 12月 17日
深圳の原子力発電所

深圳に原発があるのを知ったのはかなり古くて私の香港時代の初期なので、私が知ってからすでに10年ほどになります。
香港にいた頃に香港周辺の原発地図みたいなのを見て深圳にたくさんの原発があることを知りかなり衝撃的でした。

表題の大亜湾核電站は予約をすれば見学ができるらしい発電所です。予約はなかったのですが大鵬に行ったついでにバスで寄ってみました。
バスは入り口の門の前まで行って終点。門には当然ながら保安がいて入場する人に許可証のようなものをチェックしていました。従って私は遠くから見ていまし た。

この核電站は深圳中心部から50kmほど東の大亜湾にあります。
1987年8月着工、1994年に正式営業を開始。発電量は100億度(「度」はkWh)以上でその70%を香港に供給して30%を広東 省に供給しているとのこと。
→ http://www.shenzhentour.com/sight/sightdetail.aspx?sid=201288891



バス終点の核電站入り口




ゲート ここで車と人をチェックしています



手ぶれ・・
バスの中である乗客が「そこで降りるので止めて」と言うと運転手は「12月15日からバス停のみで乗降することを厳格に守るよう通達されている」と張り紙を指さしました・・・
あーあ、ここもこれから融通がきかなくなるのか・・

龍崗区 大鵬半島 - 南澳の休日

2008年 03月 03日

大鵬湾

深圳市東南端に近い大鵬湾の南澳へ昨年の7月以来、久しぶりに訪れました。やっぱりここは夏が旬、ちょっと早いのですが漁村の雰囲気をすこーし味わってきました。
逆光がきれいでした
















生活の渡し船


おっ ウニ






浜辺の公園








龍崗区 大鵬半島 - 南澳

2007年 07月 23日
南澳の海・・大鵬湾



クリックすると大きくなります


大鵬所城から大鵬に戻り牛肉拉面を食べてから、時間がありそうなので更に南の南澳へ行ってみることにしました。砂浜の海岸の写真を見たことがあります。

バスターミナルへ行ってみると南澳へは頻繁に出ている模様。適当なバスに乗って南澳へ。2元。地図で見るとけっこう距離があったのでどれくらいの時間がか かるものかと思っていると20分かかることなく到着。一応バスの終点まで行ってみて歩きます。
市場をくぐり抜けて海へ。

あれま、砂浜がない、港だけ。でもホテル、旅館のたぐいが海岸に並びリゾート地らしい雰囲気を感じさせます。もっと南へ行けば砂浜があるとか、次の機会 に。

日差しは強いながらも吹く風は涼しくけっこう強いので日陰にのんびりする人たちががたくさん。歩いていてもそんなに汗が流れることもなく夏なのにいい感 じ。いつもこうなのかは分かりませんが油断をしていたために帰ったら手足がひりひり、焼けていました。

海岸沿いを歩いているとサングラスを板の釘にたくさん引っかけているサングラス売りが横に。
別に買う気はありませんが
「いくら?」
「12元」
「ふーん」。
更に歩いていきます。サングラス屋がついてきました。
「安くするよ。10元でどうだ」
「・・・」
買う気がないのです。
「8元・・・・5元でどうだ?」
5元になってしまいました。
「悪いな」と言いつつ更に歩きます。

適当に切り上げて帰ることにしました。ここらあたりではバスはまだどこでも手を挙げると停まってくれるという「古き良き風習」が残っているようなので羅湖 方面行きのバスが来たのを見て手を挙げます。
途中で大小梅沙の海水浴場の帰りのラッシュに引っかかって渋滞しましたが3時間足らずでほどよい頃合いに帰ることができました。








 







貸し船。 釣りや観光に使います。100元-200元












龍崗区大鵬半島  大鵬所城

2007年 07月 22日

大鵬所城


深圳唯一の全国重点保護文物
羅湖の東、塩田区の大梅沙、小梅沙を更に東へ。経済特区を超えて龍崗区に入りどんどん東へ行くと大鵬と言うところがあります。


クリックすると大きくなります。

ここに深圳唯一の全国重点保護文物(重要史跡みたいなものでしょうか)「大鵬所城」正確には「大鵬守御千戸所城」というところがあります。1394年から海防の要塞として倭寇、ポルトガル、イギリスなどから国を守る役割でした。当然アヘン戦争との絡みもあります。
初めて深圳に歴史的なものがあると知り、歴史的なものに興味のある私はちょっと感激で訪ねてみました。地図を見ると私の住んでいる福田区からは50km以上はありそうです。

大鵬半島へ
バスの車掌さんに尋ねながらバスを3つ乗り継ぎました。合計15元。小梅沙から東への海岸線がとってもきれい。片側に山を見ながら進んでいくのですが山は青々としているし、見える家は時々ゴーストタウンがあったり古かったりするものの、ここが深圳か、と思うような美しさで気持ちがいい。

所々に植林植樹のようなものを感じます。以前は赤茶けたところも多かったのでしょうか。
それにしても深圳はあちこちの植樹に力を入れていて量も莫大だと思います。資金もさることながら物資(木)がよくあるなあと思います。まあでもそこは南国、木の育ちも早いのでしょうか・・・

バスの中はさすがに広東語が多く聞こえてきます。所要時間2時間半あまり、3時間近くかかって昼前に大鵬に着きました。
付近を少し歩いてみると近くには大鵬所城らしきものが見あたりません。
近くにいた白タクの男性が声をかけてきました。

「どこへ行く?」
「大鵬城」
「20元だ」広東語でした。
「高い!」とりあえず言います。普通語で。
「18元」
「10元にしろ」
「だめ15元」
「距離は?」
「7、8km」

こういう状況の場合7、8kmといわれることが多いです。ほんまかいなと思いながらも西も東も分からないので15元で助手席に乗り込みました。


運転手が「あんた、どこの人?シンガポール人か」
シンガポール?どこをどう見ればシンガポール人なのだ。この端正ないでたちで・・ 短パンに去年テーマパーク「世界の窓」で15元で買った麦わら帽子ふうの帽子。カウボーイハットのように両端がそり上がっています。

「まあそんなもんや。あんたは?」
「四川省。あんたひとりか?」
「そうや。商売はどうや」と聞くと
「まあまあやな」
「どれくらい儲かる?」
「1日100元ぐらいやろ。月に2000-4000元」
おそらくこのあたりでいうと実入りは多い方だろうと予測して「ヤウチン・シンサン」(有銭先生、広東語でお金持ちの意)と言うと照れたように笑いました。ちょっと可愛い。
到着して距離計を見るとだいたい5、6kmでした。

帰りにバスのあることが分かってバスで大鵬へ帰りました。2元。
土木作業ふうのにいちゃんに尋ねたのですが丁寧に教えてくれました。このあたりは人がいいのを感じました。


大鵬所城
大鵬所城は東西345m、南北285m、約10万平方メートルですが、けっこう歩きごたえがあります。入場料20元。


大鵬所城の模型
前の客家民俗博物館のような家が並びます。私のような外国人にとっては同じような構造に見えます。おそらく日本に来る外人にとっては数寄屋も書院造りも民家も同じように見えるのでしょうか。同じように木と紙と土でできた家だと・・・


有房出租 联系电话1371・・
そして客家博物館と違うのはこの大鵬所城、今も人が住んで生活している生きた街。ところどころに貸家札も貼ってあります。
「有房出租 联系电话1371・・・・」

日差しは暑いのに風がよく吹いてけっこう涼しくておどろき。



 


 

 


 

 


 

穀物倉庫


懐かしい感じがしました。1994年ぐらいのとき、出張で中国工場へ行っていた時、工員の寮近く、こんな感じで水で髪を洗っている女子工員の姿をよく見ました。冬になるとバケツ1杯の湯を会社から1元で買ってきて洗うのだそうです。今はどうなのでしょうか・・・














タグ / 大鵬半島
前へ?   ? 次へ
2021_10


Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved