SSブログ
(315)

すぐに火焔葛の花が  中山で (2018.1.13)

またこの季節です。あちこちで生け垣や棚に使われている火焔葛(かえんかずら)、オレンジの鮮やかなつぼみがいっぱい。もうすぐ咲きそうです。

火焔葛(かえんかずら)
炮杖花 (pào zhàng huā)

学 名Pyrostegia venusta
科属名ノウゼンカズラ科ピロステギア属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12




火焔葛(かえんかずら)
(194)

火焔葛(かえんかずら) 炮杖花 - 求水山で(2013.1.31)

ブラジル、パラグアイ原産。この花を初めて見たのもここ、求水山。当時はほとんどシーズン終わりかけでかろうじて花が残っていた程度でしたが今回は旬、満開の火焔葛を見ることができました。
筆架山公園では見事な「火焔葛棚」があります。

火焔葛(かえんかずら)
炮杖花 (pào zhàng huā)

学 名Pyrostegia venusta
科属名ノウゼンカズラ科ピロステギア属
花 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)





ここでもマンション建設の勢いはとぎれません。

●火焔葛(かえんかずら) ★炮杖花とマンゴの花
050

●火焔葛(かえんかずら) ★炮杖花とマンゴの花  - 1月の筆架山公園(2011.1.9)

花は昆虫たちを誘惑して蜜を提供して花粉を運んでもらうためのもの、と思っているので、この冬に寒いときに咲いても効率が悪いような気がするのですが、そんな感覚とはうらはらにたくさんの花が寒い冬に咲きます。
この火焔葛もその一つ、たくさんの花が密集して咲きます。昆虫に期待できないので花をたくさん咲かせて風に頼ろうとしているみたい。


この日の筆架山。黒鉄黐(くろがねもち)の実をついばむシロガシラ

糞の中に種子を入れて・・あちこちに落とす手助け


マンゴーの花
そしてこのマンゴーの花も12月から咲き始めました。今もなお咲き続けています。

火焔葛(かえんかずら)
炮杖花 (pào zhàng huā)

科属名ノウゼンカズラ科ピロステギア属
花 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)


筆架山公園の「火焔葛棚」に咲き始めた火焔葛


そしてマンゴーの花


《深圳マンション花暦》 ランタナ ★馬纓丹 と紋白蝶(もんしろちょう)
001

ランタナ ★馬纓丹 と紋白蝶(もんしろちょう)

冬でも暖かい深圳では冬にも蝶をよく見ますし、ランタナなんかは年中咲いているような気になってしまいます。この辺も季節感のない原因なのでしょうね。きれいなのですが。




ランタナ 別名:七変化(しちへんげ) 中国名は馬纓丹




紫ランタナ


鬱金珊瑚(うこんさんご)別名:パキスタキス・ルテア 中国名は黄蝦花




椿。 中国では山茶科山茶属、山茶(花)というようです Camellia japonica




お向かいのマンションには火焔葛(かえんかずら) 中文名は炮杖花





日本のネットサイトでこちらの花の名前を検索するのには限界のあることもあって最近深圳の大きな書店を回って2冊の本を買ってみました。
一番左の本は日本で買ってきたもので文庫本の大きさで471種の草花が掲載されています。


観花植物1000種経典図鑑
真ん中のがベストセラーのようで「観花植物1000種経典図鑑」となっています。39.9元。 なかなかわかりやすい内容でした。
一番右の本は中国南方の「常見樹木」というもの、これはちょっと高くて48元。

新しく買った2冊の本を一通りみて今まで不明だった数種類の名前が判明。


タグ / 火焔葛
前へ◄   ► 次へ
2020_07


Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved