SSブログ

穀象虫(こくぞうむし)の退治

そろそろこの季節になりますね。米につく虫、穀象虫(こくぞうむし)。

深圳に住み始めた頃、米びつ(計量米びつでした)に何か数ミリ程度の虫が動いてみるのを見つけてちょっとあわてました。もしかして残っている米を全部捨てないとダメ??
そんなもったいないこと・・で、ネットでいろいろさぐりました。そして虫を虫めがねで観察、ちょうどつのを持ったオスのカブトムシを数ミリに小さくしたような形をしていました。ネットの写真から穀象虫と判断。

駆除方法は・・
冷凍庫へ入れると一晩で死に絶えるとの記事を見つけました。
で、まずは残っている米を全部冷凍庫へ。数日後、見てみると確かに全て死んでおりました。米を研ぐとうまい具合に穀象虫の死骸と中身を食べられた米粒が水に浮いてきますのでこれを流してしまうとあとは健康な米粒だけが残るのでめでたしめでたしです。
ちなみに穀象虫に毒性はないとのことで食べてしまっても全く問題ないとのこと。

予防
唐辛子を網ネットなどに入れて米びつに入れておくと予防になるそうです。
この唐辛子エキスを抽出して製品にしたものもあります。深圳の時、穀象虫を書いた私の記事を見てある人がプレゼントしてくださいました。右の写真。米唐番。

使っていた計量米びつを調べてみると蓋の一部に小さなすき間ができるのを発見。ここをふさいで米唐番も投入。


以後、私はこの季節になると米を全て冷凍室に入れます。冷蔵室でもいいらしいのですが私は冷凍食品をほとんど買わないので冷凍庫のスペースがたくさん余っているのでこちらに。


当然、徹底した管理と予防をして精米をするようなので製品では問題ないとのことですが管理状態の悪いものは・・・
一度10kgの米を買ってきて封を開けたまま放置しておいた時に穀象虫が大量に発生したことがありますがよく考えてみたら孵化期間である20日には全くなっていませんでしたのでもしかしたら店屋ですでに・・・
このころは10kg 40元程度の安い米でしたが・・・


穀象虫の生態は・・
気温が25度を超えるようになると自然みたいに発生、米の粒の中に卵を産み付けて20日ほどすれば孵化して米を食いながら成長。放っておくと米粒を全部食べきってしまうようなこともあるとか。
(写真は気持ち悪いかも知れないので小さく解像度を悪くしています)

 

米に付く虫・穀象虫除け

先日、米に穀象虫がついていまいましたがいろいろと情報を寄せていただいて唐辛子がよいと教えていただきましていろいろ調べてみると理屈は書いていないのですがかなりの効果があるらしい。 そしてこの唐辛子を使った米の虫除けのあることがわかり、さっそく虫除け剤をいただきました。

その名も「米唐番」。
唐辛子成分と酒精(発酵アルコール)で作られている様子。

以前にホウ酸団子がアブラ虫によくきくと、ホウ酸団子を手作りしているうちにメーカーサイドからホウ酸団子として売られるようになりましたが、この米唐番というのも同じように風評を聞きつけて製品化されたのでしょうか・・

今は穀象虫にやられて冷凍庫に入っている米を少しずつ取り出して使っていますが、次に買う米からは米唐番と唐辛子でばっちり防げるような気がします。

深圳地方 暴雨警報
7月4日22時20分に深圳市に暴雨警報(暴雨黄色預警信号)が出されたようです。
 →  深圳市気象台 

《穀象虫》 再び来襲

(2009.6.2) 穀象虫再び来襲!!

米を研ごうと計量米びつから1合を取り炊飯器へ・・と一瞬動く小さな黒いものが見えた気がしました。
水を入れると少しだけ米が浮いてきてついでに黒い小さなものも浮きました。なんか不吉な予感・・・
気になって計量米びつのふたを開け中を覗いてみましたが動くものは見えませんので、このときは不安を感じながらそのままに。


10kg入り計量米びつ
そして昨日米を炊飯器に取ると・・・小さな黒い動くものがはっきりいました。虫眼鏡で拡大してみると・・・
出た!!
雄のカブトムシみたいに、はたまた象の鼻のように突き出た形の3ミリほどの虫。間違いなく穀象虫でした。

2006年がこの穀象虫初体験でした。突然米の中を小さな黒いものが数知れず動き回っていてびっくり仰天したものでした。
もう訳がわからず、WEBで「米」「虫」などをキーワードに調べまくり、それが穀象虫と知れました。

気温が25度以上になると普通にわいて来ると。
米粒の中に卵を産み付け数日で孵化した幼虫は米を食べ成長、成虫となって米粒の中から出現。さらに米を食い、さらに卵を産み付けるとのこと。
対策も探しました・・
穀象虫のついた米を冷凍庫に入れると数日で死に絶えるとのことで当時は米を全部レジ袋に入れて冷凍庫に放置。数日後、穀象虫が死んでいるのを確認。

以後も冷凍庫に保存したまま、随時取り出して炊飯器へ。水を入れると穀象虫といくつかの米粒が浮いてきます。浮いてくる米粒はおそらく卵を生み付けられたものでしょう。うわ水を捨てるとOK。
まあ間違って食べても害はないとのことでしたが・・・

そして気休めには・・・虫が付くような米は変な害(農薬や保存のための薬)がないものとか、おいしいものだ、と書いてあったこと。まあ納得はできますが。

それにしても2006年の来襲で計量米びつを調べて少しの隙間があったのでそこにティッシュなど詰め込んでおいたのですが三年目に再び来襲するとは・・
当時と同じように冷凍庫に移して対策したものの・・ショック

→ 穀象虫の記事
→ 参考HP

米にわく虫 - 穀象虫

2006年 07月 02日

 去年は何ともなかったのに。米びつに虫が....初めての出来事にあわててネットで調べてみました。虫眼鏡で虫を観察しながら調べて虫が穀象虫というこ とをつきとめました。体長3mm程度で先は象の鼻のように突き出ていると。これを米粒に指して卵を産み付けて約1ヶ月後に成虫して米を破って出てくるとの こと。

 まあ、暑くなると普通にわき、食べたとしても害はない、とのことですが気になります。冷凍庫に入れておけば2-3日で死滅するとのことで米びつの米を袋に入れ冷凍庫へ。2日後 調べてみると死滅してました。
 鍋に入れて洗う時に、虫と卵が産み付けられたと思われる米粒が浮いてきましたのでこれだけを捨てて炊飯しました。

 原因を探ってみますと、
香港時代はナイロン袋で買い少し穴を空けて、普段は穴の部分を折り重ねてクリップで留めて密封していました。
 深圳に引っ越してからは写真のような計量米びつ(日本にあるようにノブを押すと1合分が出てくる)に袋から米を取り出して移します。

 調べてみると米びつのふたの裏側と本体とのかみ合わせ部分に虫が入れる隙間がありました。おそらくこの隙間から穀象虫が進入して米に卵を産み付けたのでしょう。
 米を米びつに移して1ヶ月くらいたちますので計算が合います。これから気をつけないと。米びつはよく洗い日光消毒。


 ただ、穀象虫が食べるのは農薬の少ない良いお米だそうな。そういえば香港で一時期食べていたオーストラリア米は虫が付かないように米を毒ガスの中に入れて貯蔵しているので よく洗って食べなさい、と言われたことがあります。今回の米は中国・東北大米。
        
タグ / 穀象虫
前へ?   ? 次へ
2021_10


Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved