So-net無料ブログ作成
雨上がりの筆架山 筆俊峰山頂で

雨上がりの筆架山 (2014.5.17)

最近の深圳は温度も湿度も高くむしむししていてエアコンを除湿にすることが多いです。
雨の切れ目をぬって久しぶりに筆架山に行ってみました。今季初めて短パンで。やっぱりこの開放感がいいですね。

筆架山は連日の大粒の強い雨に痛めつけられながらも花々はたくましく咲いていました。

筆架山と筍崗路(★笋岗路)




香港・八仙嶺をバックに京基100と地王大厦 いずれもここより高い・・・ (筆俊峰山頂から)


そして筆架山最高峰の筆冠峰から 斜面にはカズザキハカマカズラの花が


筆冠峰から深圳最高峰梧桐山を。天気が悪いとは言え★能見度(●視程)はいいですね。


そして季節の花鳳凰木(ほうおうぼく)も盛りです。


葉が羊の蹄(ひづめ)。 カズザキハカマカズラの花も満開


筆架山公園の春節

春節の筆架山公園 (2014.1.31)

さすが春節の道はよく空いています。バスもすいすい留まることを知らず・・・
どれくらいの人が故郷に帰省したのか知りませんが道はよく空いているのですが蓮花山とか春節の「観光地」の前の道路は不法駐車であふれています。ここ数年、特にひどいですね。そのうち規制されるのかも知れませんが今のところ野放し状態のように見えます。

筆架山公園の中もよく混んでいました。春節とあってあちこちのテキ屋も商売繁盛。私も小腹が空いて・・焼ソーセージ(ホットドッグ)を。

前日に裏山フルコースの4時間を歩いているので控えようと思ったのですが、まあ筆架山ですから・・登ってしまいました。
筆冠峰からの展望




いい香りがすると思ったらあちこちモクセイの花が咲いていました。


山頂も商売繁盛ですね。私はいつも通りアイスキャンディー


能見度(●視程)も良好。深圳最高峰・梧桐山がよく見えます。


湖区では・・


筆架山公園 レモンユーカリの林

深圳・筆架山公園12月 (2013.12.10)

深圳、冬の能見度になりました。しかも6kmほどと冬にしても悪い。こういう時は展望はあきらめて身近な風景を。
南国の深圳、12月と言えど花は多く咲いています。蓮花山公園では徳利木棉の他、香港オーキッドツリー(大花蘇芯花)、火焔樹、大紅合歓など、赤い花が目立ちます。海紅豆 (かいこうず、 アメリカデイゴ )の赤い花も咲き始めたようです。

香港オーキッドツリーは中国名を羊蹄甲と言います。大きな双葉のような葉が羊の蹄(ひづめ)みたいなので・・と言うことですが。
こちらは ★湿地松(●テーダマツ)の林






火焔樹(かえんじゅ)の燃えるような紅


香港オーキッドツリー


大紅合歓(おおべにごうかん)と目白(めじろ)


海紅豆(かいこうず)の紅色も


山頂からの視界はさっぱり


久しぶりの青空 左の双峰が筆架山

久しぶりの青空 筆架山公園で (2013.8.25)

この夏2度目の長い雨からやっと抜けるのかかなり久しぶりの青空を見ることができました。
能見度も復活、気持ちのいい展望になりました。
ただちょっと蒸し暑い、汗がだらだら。ここにはいつも水を持っていかないので筆冠峰の山頂でアイスキャンディーを買いますがいつものがなくてちょっとショック。
筆架山公園は1997年、福田区にオープンした面積1.45km2の筆架山(177m)を中心にした公園。
筆架とは筆立てのことで筆冠峰(177m)と筆俊峰(143m)の双峰が中心。
蓮花山から福田区が間近に展望できるのに対して筆架山の山頂からは羅湖区が間近に展望できます。


筆冠峰から梧桐山


香港最高峰の大帽山頂は雲で見えませんが能見度はばっちり


京基100と地王大厦


厚葉君が代蘭(あつばきみがよらん)の花が咲いていました


逆光もきれいな小藪蘭(こやぶらん)




密雲の垂れ込める山頂から  天気が悪いだけで香港もはっきり

雨の合間に筆架山へ (2013.6.23)

まだまだ日々不安定名天気がある深圳です。
前とは違い夕立のような雷を伴う雨も多く降るようになってきました。晴れかと思えば雨、雨と思えば太陽が・・とめまぐるしく変化します。
雨の合間をぬって筆架山へ行ってみました。日曜日だというのにこの天候のせいでしょうかね、出足は今ひとつ。ただ雨に打たれた木々は瑞々しくてとてもきれい。
レモンユーカリの林はなつかしい木のいい香り。

筆架山。 街路樹が伸びて山のてっぺんが少しだけしか見えなくなりました


空いている公園


山頂から梧桐山方面を眺めます。


ガジュマルとヒメノカリスの道




ところで山頂から私の住んでる方向をじっくり見てみました。一番奥の二山、塘朗山でした。でその左手前の二山は我が裏山。その左の送電鉄塔が並ぶ山から裏山へと行くのが裏山回遊コースですね。
じっくり見るものですね。ここから見えるとは思ってなかったから・・



そして公園の駐車場にあった車・・・
以前車の真ん中を切って中を継ぎ足して改造しているのをネットで写真付きで見たことがありますがこれもその類の改造車なんでしょうか?こんなに長いのにドアは前と後ろだけ。中はどうなっているのでしょうかね。



そして生物は・・

紫有明葛と大花有明葛
ナンバンサイカチはもう花の終わり
これはこれから。
大花百日紅(おおばなさるすべり)
カズザキハカマカズラは花が終わってもけっこう絵になります
紅羅雲も可愛い
山頂に初見の蝶がいました。
キミスジ、黄色の三筋。

蝶図鑑に追加しました。

閑散とした山頂 視界も悪く・・

筆架山公園 12月21日

日本では北海道の陸別が平年より10度も低いマイナス26度と言う全く想像できない寒さの中、深圳はまだまだ暖かく天気がよくないながらも最高気温は20度。

筆架山公園でのひとこまです。
天気がよくない上に平日、出足は悪いですね。





そして

まだ名前を知りません・・

ウコンサンゴ

そして山頂にはいまどき 相思樹の花が・・・

でも花がだいぶ小さい。

相思樹の花

香港オーキッドツリー


鳥も元気よく鳴いていました

首輪画眉鳥
(くびわがびちょう)

そして小さくちょこまか動く鳥、
尾長裁縫鳥
(おながさいほうちょう)

帰ってからお疲れさんのたこ焼きを作ってみました。

筆架山・筆冠峰の山頂から 98階の京基100、地王大厦、そして香港八仙嶺。

筆架山公園 9月

9月1日です。夕方近く、筆架山公園に出かけてみました。そろそろ能見度が冬に向かってきていますが今日は雲が多いながらも能見度はよろしい。
ただ夕暮れ近い山頂はなぜか冬に似た風景の色を感じてしまって少し寂しそう。

この二山が筆架山。笋岗路の街路樹と緑地帯の樹木が生い茂ってきてそのうち山頂が隠れてしまいまそう。


公園を流れる川が整備されて水遊びをする人が多くなりました。


台風で倒れたのでしょうか・・レモン・ユーカリの木。ほんのり香りがありました。


山頂のレストラン。いつもアイスキャンディーを買う所です。


大梧桐山は雲の中



筆架山公園9月の花



まだまだ元気です
ハメリアパテンス

大花有明葛(おおばなありあけかずら)

筆架山頂でも谷渡りの木はまだつぼみ・・

筆架山から (2012.4.19)

筆架山公園から (2012.4.15)

よい能見度でした。香港までよく見渡せました。
翌日から4日ほどぐずつく天気が続いて気温も低い。そして今日は激しい雨。室内にいるので身体がなまってきています・・
筆架山公園前の笋崗路。


筆架山公園で


筆架山最高峰・筆冠峰と次峰・筆俊峰の間の鞍部 子供が楽しそうに遊んでました



筆架山、筆冠峰の山頂から

筆冠峰から 筆冠峰より2倍以上高い京基100 背後には香港・大刀屶








筆架山 点景

カズザキハカマカズラかな?

★假苹婆(和名は見つかりません・・直訳するとピンポンの木擬き)

カズザキハカマカズラの蔓

いつも騒がしい●首輪椋鳥(くびわむくどり)

1羽だとかわいい・・

深圳・筆架山公園

筆架山公園の1月1日 (2012.1.1)

2012年1月1日
今年も何となく1月1日です。
私はあまりこういう行事的なものに関心がなく、何となくみんなに合わせようとするだけのことなので一人でいると気楽なものです。その上こちらでは正月といえば春節(今年は1月23日)。で1月1日はただの元旦休日です。しかも日曜日。

ということで何となく筆架山公園に出かけてみました。
筆架山公園ではいつも何かあるごとに玄関口に花飾りがあるので元旦もあるだろうと思っていたらちょうちんがあるだけでいやに素っ気ない・・
でも中はさすがに休日、人がいっぱい。たこ揚げ準備のお父さん、デートのカップルたちがあふれていました。



筆架山 山頂で







池で


香港の山々をバックに 筆架山頂から山頂よりも高い地王大厦を

《深圳の山と公園》 久しぶりに筆架山公園へ (2010.7.15)

久しぶりに筆架山公園へ

深圳に戻って初めての公園です。
もう花の季節が終わったのか、新しい花は見かけませんでした。ただ、ピンクの崑崙花(こんろんか)やゴールデンシャワーなど、がたくさんあるのを発見。どうして今まで気がつかなかったのでしょうか・・


花びらが細くなった巴西野牡丹
巴西野牡丹の花びらの細いタイプかな、と思ったら、ただ花びらが反り返っているだけでした。花期の終わりにはこうなるのでしょうか。

山頂から

新しいカメラ
以前のカメラの受光素子はCCDでしたが新しいのはCMOS。
タイプの違いでしょうか、画像に多少の違和感があり露光に苦労しています。カメラ自体の画像処理もちょっと気になります。慣れるまでには時間がかかりそうです。
ただCMOSということで電池のもちがよくなったことは感じます。
花が少なくなりました


ガジマルと桃色崑崙花 崑崙花も枯れそうになりながらも花期が長いですね。


鬱金珊瑚(うこんさんご)、パキスタキス・ルテア


大浜朴(おおはまぼう) / 黄槿


登山口への道はゴールデンシャワーの並木でした


花期は過ぎているような感じ



筆俊峰(低い峰の山)から香港青山がはっきり


深圳最高峰の梧桐山頂は雲の中



下山道、ここまで来ると車の騒音が


さるすべりも


鳥です

初めて見る鳥です。何でしょうか・・

メジロの集まっている樹がありました。メジロは葉の陰に体を隠すのでなかなかうまく撮れません。

香港で鳥かごに入れられたメジロを見ましたが、それで警戒している?


これも初めて見ると思います。
暗い中で手ぶれとピンぼけ・・・

帰り道はいつものように見事なガジマル並木


筆架山前のガジュマル並木

深圳・筆架山公園の鳥

筆架山公園の鳥
毎日ほんとに天気がよくないですね。今年は6月に入っても涼しい日があったりしてなかなか気温が上がりません。天気も不順。なかなか外出もおっくうになりがちです。
またまた筆架山へ行ってみました。
この前ネットで調べていたらたくさんの野鳥がいるとのことで『ほんまかいな』と思っていたのですがどうやらほんまのようです。たくさんのまだ見たことのない鳥を見ました。

実は前に一度、オウムのような派手派手の彩りをした鳥を見かけました。深圳で初めて見る本格的野鳥か・・と思ってわくわくしながらカメラを構えると飛んでいってしまいました。近くで同じように鳥を目撃していた人も残念そうでした。

鳥も今年のテーマに入っているのでなんとかと思っているのですが・・・植物のようなわけにはいきません。
まずピントが合わない。カメラのいろいろなモードで試してみるのですがなかなかこれぞという風にはいきません。マニュアルのフォーカスのモードもあるのですが、これがてんで使いにくい。
いいカメラを買えば思っているようにできる?でも望遠もいいのとなると・・・鳥を専門に撮っている人はお金もかけているのでしょうね。きっと。
こちらは素人、お金もないので安くてきれいに撮れる方法を勉強しないと。

みんな初めて見る鳥です。調べないと・・




大きさからメジロかと思っていたのですが、違うようです


植物も少し


日本では絶滅危惧種とか言うのを聞きましたがこちらでは雑草みたいにどこでもよく生えます。


これは源平葛とスプレンデンス種と交配させた紅源平葛(べにげんぺいかずら)。白いところがありません
疲れが出たのか少し休養をしていました。今日から復活。
雨の小梧桐山と大梧桐山 - 筆架山頂から

《深圳の山と公園》 雨の筆架山頂から

雨の筆架山頂から (2010.5.29)
天気が悪いと出不精になります。でも出ないと息が詰まりますので雨が降りそうだなと思いながら筆架山公園へ出かけました。
そしたら山頂で雨。もしかして面白い写真が撮れるかと期待させましたが・・・腕の具合がありますから。

それにしても雲がなければ遠くまで見えるだろうと思える空気の透明さがありました。大梧桐山は雲に隠れているものの、輪郭ははっきりくっきりしていますから透明感の夏を予感させる光景です。
香港側を見ても大帽山は雲の中ながらもいつになくはっきりしていました。


雨に煙る地王大厦



深圳の天人花/桃金娘と深圳の街


ついに咲き始めました、ヒメノカリス/蜘蛛蘭


そして登山道の源平葛(げんぱいかずら、源平臭木ゲンペイクサギとも)/龍吐珠
赤と白を源平の旗印に見立てたものと言います。中国語の龍が吐く珠とは見たまんま


公園のいろいろな使い方。深圳の公園では皆さん思い思いの使い方をしているのをよく見ます


登山道には多くの蜘蛛が巣を


タグ / 筆架山公園
前へ◄   ► 次へ
2019_10


Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved