SSブログ
開通した蛇口線延伸線・僑香駅

蛇口線で華強北へ

今期予定の地下鉄の全線開通
2011年6月28日、残っていた地下鉄蛇口線の延伸線と龍崗線の延伸線が開通。
これで今期予定のすべての地下鉄線が開通して深圳地下鉄は全線180km体制となりました。
なお次期の地下鉄建設は807億元(約1兆円)を投じて2018年で終了、170kmほどの路線が増え全長は350kmとなる予定で、これは日本で一番長い東京よりも多い数値です・・・

蛇口線華僑北駅へ
華強北は電気街です。地下鉄羅宝線(1号線)の華強路はこの電気街の南口に駅がありますが、蛇口線は電気街の中心部に駅があるのでどんなもんかいな、ということで出かけました。目的は安物携帯電話の購入。

僑香駅から乗車、華強北へ。
車内をよく見たら照明が蛍光灯ではなくLED照明だった・・見落としていたのかな。
あと広東語と英語のアナウンスが他の新線と同様にMTRベースに変わっていました。まあ、今までの英語はこの私が聞いてもなんか発音がおかしかったのですが実績のある香港スタイルに変わってよかったか・・
華強北はバスで行くよりもずっと早くて便利な位置でした。地下鉄の運賃は高いけどここだけはメリットがあるかも。

ふりかえって
まさか自分のマンションの近くに地下鉄が通るとは思っていませんでした。
いろいろ感じ方はあるでしょうが、私が香港から深圳に引っ越してきた2005年から思うと地下鉄に限らず、周りの景観からマナーに至るまで夢のような変化のように私には思えます。2005年以前の面影はありません。私にとっては日本で暮らすより快適かも・・
華強北駅


華強北の地下鉄駅
110628-5_700.jpg

10日前の僑香駅付近 右の道路が工事のために封鎖されていました。あの緑豊かな広々した交差点が帰ってきそうです。


非接触式プリペイドカードの検査器。

前は小さな画面でちょこちょこやっていたのですが、ディスプレイが大きくなって一目瞭然となりました。

それにしてもバスに比べて地下鉄料金の高いこと・・
4.25元は特殊路線のバスで原価は6元、深圳通割引で4.25元。

今、気がついた・・
購入2004年12月21日 有効期限2014年12月18日
って有効期限があるの?・・

《深圳生活日記》 デスクトップパソコン

オーダーメイド型デスクトップパソコン

今のデスクトップPCを買ったのは香港に住んでいた頃でもう7年以上使っています。これまで故障なし、立派なものです。

パソコンの主な使用目的はもちろんインターネット、写真の整理と写真編集です。ここ数年、毎年1万枚以上30G程度の写真が増え続けて写真の在庫はすでに120G以上、そしてついにハードディスクがパンク、もう増やせません。

でハードディスクの容量の大きなものを買おうとしたのですがPCが旧式のために現在のものとは仕様が異なっています。ほかにも古いが故にアップグレードできないものがいろいろあるので思い切ってPCを買い換えることにしました。
とりあえず日本で買ってきた外付けの1Tのハードディスクで急場をしのぎます。

今使っているのは香港で買ったものですが香港ではメーカー品のセットパソコンではなく、PCのパーツを組み合わせてセットにするオーダーメイドスタイルの販売が主流です。
深圳の量販店ではメーカーもののセットPCを売っていますが中国ではアク禁チップみたいなのを付けていないと売ることができなくなった、みたいなニュースをだいぶ前に読んだのでセットものはやめて香港と同じスタイルでPCを買おうと華強路へ。
【注】このニュースはよくわかりませんので正しくは確認が必要です。思い過ごしかもしれません。

まずは賽格電子広場ビル。7階まで上がって下りながらオーダーメイドできる店を確認しようと歩き始めるとわんさかありました。
チラシには3年保証、ハードは2年間無料で出張サービスをする・・などの文字が躍っています。これらの価格はディスプレイは含まれていませんがそれにしても安い。新しく買おうか買うまいか、と悩む必要はありません。

当初、ハードディスクが500Gを2つ、一つは常用、もう一つはバックアップ用に、そして画像処理ソフトをよく使うのでキャッシュは8Gぐらいとか考えていたのですが話をしながら思ったことはとりあえず基本的なパーツだけを付けておいて後は深圳で買うか香港で買うかしながら追加しようと。電源だけ大きいものにしておけばよいかなと。帰ってネットで香港の価格を調べてみると遜色ない。これなら大丈夫。

再び華強路へ。 仕様決定

賽格広場の店で 彼は仕様書を作成中
そして再びやってきた華強北。
賽格広場で4階から歩いていくと何となくよさそうな店。話しかけられたのをきっかけに話をしてみました。何となく信用できそうなので予算を2000元(ディスプレーは除く)としてこちらの希望を言いながらコンポーネントを選んでもらいます。予備調査でコンポーネントのおおよそは感じをつかんでいますが、あっさりと選んで後でしまったと思うかもしれない私の性格をここでも発揮してあっさり選びました。ポイントは内蔵メモリーを4G、ハードディスクを500Gにするということ。キーボードはどうするかといわれて無線のものを指定。彼は88元のものをエントリー、安すぎると思いましたがこの値段なら後で買い直すこともできるのでOKしました。
まあ結局は在庫がなかったので150元ぐらいのものになりましたがそれでも安すぎるかな。

仕様書を持って制作現場へ

作業所


両者でコンポーネントの確認


組み立て


組み立ての後チェックをします。彼らがチェックしているのと同じ画面が手前に表示されています。
仕様書を作成してもらって近くのビルにある作業所へ連れて行ってもらいます。ここでコンポーネントの実物を両者で確認してから作成に入ります。
会社組織みたいになっていて流れ作業的に段取りが進んでいき、思っていたのと全く違い十分安心しました。

目の前でコンポーネントを組み立てていきます。そして組み立てが終わったら電源を入れてチェック、そして使ったコンポーネントの一覧を表示させて再び両者で確認をしてから支払いを済ませて梱包、ハンドキャリーという手順でした。
配達もやってくれますが5kg程度と軽いので持って帰ることにしました。

帰ってから
電源を入れてみるとすでにOS(WINDOWS XP)の中国語(簡体字)版がインストールされていました。このソフト代は入っていなかったはず、海賊版?

で、手持ちのソフトで日本語のXPにインストールをやり直し。いろいろ不安なこともありましたがめでたく置き換えることができました。
あとはこれまでのデータの移動、プログラムのインストールなど残っています。1日かかってやっと一段落。いやもうPCを変えるというのも大変です。

でもさすが最新のコンポーネントに変わったPC、調子いいですね。特にPhotoshopがストレスなしの早さ。さすが4Gにしただけのことはあります。
この後何事も起こらないことを祈って・・

このPCのお値段、タワーと無線キーボード、無線マウスをセットにして2100元ほど。(2万7000円)

ディスプレーなしの値段ですがほんとに安くなってました。おまけに軽い。今まで使っていたのは相撲取りみたいに重い・・



深圳地下鉄建設記 - 地下鉄2号東延線から  華強北駅(华强北站)

2008年 12月 08日

華強北駅

深圳の電気街、華強路。電気街は深圳最高のビル地王大厦のある地下鉄一号線「大劇院(★大剧院)」駅から西へ二つめの駅、「華強路(★华强路)」を降りたところから始まります。
華強路駅を南北に延びる道が華強路で地下鉄一号線の走る深南大道とその北の红荔路に挟まれた約1kmが電気街とショッピング街です。
東の老舗街の東門に対して西の新町、華強北という感じもします。

そしてこの華やかな南の入口が深南大道を東西に走る地下鉄一号線の華強路駅、北の入口には三号線延伸線駅が建設され、電気街の中心に建設されるのが二号線東延線「華強北路(★华强北路)」です。

計画路線図 オレンジの線が2号線











福田区 電気街・華強路

2006年8月14日

深圳の大きな市場といえば羅湖の北の東門歩行街ですが、西へ行くと深圳で一番大きな電気街である華強路があります。昨日はここでやっているサイン設計屋の話 でしたので、追加写真です。写真にありますように現在新しいショッピングセンターを建設中で、何百というブースの販売をしたところ、2時間で全て売り切れ たとか。


もっといろいろ写真を撮りたいのですが、ここも繁華街、どんな人がいるかわかりません。
よく声がかかるのが「ノートパソコンあるよ」と言うもの。おそらく盗難品ではないかとにらんでるのですが...また盗聴器を10元で売ってたりします。
他にも立ちんぼでいかがわしそうな商品を売ってます。
そんなところであまり写真を撮っていると、いつどんな怖そうな兄ちゃんが声をかけてくるかも知れず...というのが頭をよぎってなかなか落ち着いて写真を撮れません。カメラ付きの携帯電話を買えばもう少し写真を撮れるかも知れないのでしょうけどね...


道幅は結構あると思うのですが歩道を大きくとっているため、車道は4車線のみ。バスの乗り降りが激しくバスが動かずにいつも渋滞。渋滞で動かないバスから写真をぱちり..


吉野家もあります。はじめは客が少なくてどうなるのかなと思っていたら少しずつ客が増えてるようです。


(後注)すでに店じまいしました・・・2009.xx.xx
タグ / 華強路
前へ?   ? 次へ
2021_10


Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved