SSブログ
国慶節準備の蓮花山公園 ブーゲンビリア (2011.9.25)

国慶節準備の蓮花山公園 (2011.9.25)

国慶節準備の蓮花山公園 (2011.9.25)
まだ9月の終わりだというのに肌寒い日が続いています。それでも山歩きをすると汗ばみます。
国慶節間近の蓮花山公園に行ってみました。気温がしのぎやすくなったためか、あいにくの天気にもかかわらず人がいっぱい。国慶節の飾り付けの準備も進んでいました。


あいにくの天気の山頂。

樹木が茂りすぎて市民センターが見えにくくなってきました。



車番の女の子
手持ちぶさたです

ウコンサンゴがきれい。

久しぶりに蓮花山から夜景を撮影してみました。前回の夜景は2008年1月でしたので2年半ぶりの夜景です。またまたビルの数が増えています。

市政府と市民センター

市民センター横

山頂の鄧小平像

パノラマ写真です。クリックすると3000ピクセルの大画面になります

夜の方が涼しいのか、あちこちで音楽が聞こえて踊りをやっています。
大人数からこの写真のようにこぢんまりしたものまで・・
古い大門が取り壊されて新しい門を建築中のようです。

深圳の展望台 【1】 福田区 蓮花山と小平像

2008.07
蓮花山頂から
蓮花山(★莲花山)と鄧小平(★邓小平)像

日本では冬の空気が澄んでよい風景となりますが、深圳の冬は全く見通しのきかない日が多くて出不精になりがちです。
深圳は梅雨のあと、夏に空気が澄んで遠くまでよく見えるようになります。
深圳の夏は何となく風が強いようにも感じるのでこれが空気のよどみを追い払ってくれるのでしょうか。

まあ南国の暑ーい夏がお出かけによいというのも皮肉なものです。
そして今年もその暑ーい夏、透明な夏がやって来ました。これを機会に「展望台めぐり」をやってみようと思い立ちました。整備されている展望台もあり、自然 の展望台もあり、何でもありで挑戦します。
そして今回は第一回目、やっぱりここからでしょう。蓮花山。(何がやっぱりなのか・・・)


蓮花山
蓮花山は標高106mの低い山。目の前に広がる頂上からの景色は深圳のビル群でもちろんこの山より高いものばかり。でも都心にある山なのでビルが目の前で す。
私はこれまでに9回訪れています。
この日、頂上で写真を撮っていると「地王大厦はどれですか?」と中国人に聞かれました。ちょっと嬉しい。



蓮花山へのアクセスは

1. 地下鉄 4号線「少年宮」下車
2. バス「★莲花山公园(蓮花山公園)」下車 →  莲花山公园 
 またはバス「公交大厦」下車 →  公交大厦 
 ほかに「北大医院」とか多くのバス停があります。
パノラマ展望 (クリックすると大きくなります。2000ピクセル)


市政府と市民センター


パノラマ展望写真の左(東)外には・・・
もちろん梧桐山が見えます テレビ塔のあるのが小梧桐山、後の高いのが大梧桐山


地王大厦




後は香港最高峰大帽山のはずですがビルにさえぎられています。


2006年7月と2008年7月の写真です。右の方(西側)のビルに大きな違いがあります。
(クリックすると大きくなります)


山頂さまざま








いつでもどこでもたこあげが見えます




そして小平像


小平像の真下から小平目線で(目の高さは違いますけど・・・)


2008年7月22日撮影

Intermissiom 深圳・蓮花山公園の休日

2008年 06月 15日
毎日うっとうしい天気が続きますが雨が降らなければ人出はほんとに多いです。
深圳蓮花山公園の休日。
蓮花山頂上から
蓮花山は100mあまりの低い山。頂上からの展望は頂上よりも高いビルがわんさか見えます。

蓮花山公園の休日


家族でトランプ


子供はサッカー




シャボン玉にはしゃぐ


はしゃぎすぎて・・・


こちらでも


たこあげ


 

 

深圳の1月1日 蓮花山公園で (2008.1.1)

2008年元旦の蓮花山公園
中国は都市の近くに大公園のあることが多いようですが深圳にも都心にいくつかの大公園があります。蓮花山公園もその一つで新しい市政府の北側に標高100mあまりの蓮花山を中心に面積1.66平方キロの蓮花山公園があります。今日の元旦、私が深圳の展望台と思っている蓮花山へ散歩に行ってみました。

中国では正月を陰暦で祝いますので1月1日の元旦は簡単には祝うようですが普通の休日。でも公園の文化節も行われているせいか、普段の休日よりもはるかに多い人の出。
頂上広場への石段も人が列をしていて思うように登れませんでした。

でもこの冬は前年の冬よりもかなり空気の透明感がいいように感じます。今日も空は晴れ渡り気分はすこぶる良好でした。このままの透明感が続いてくれることを祈って・・
マンションを出ると飛行船が飛んでいました


まず地下鉄で「少年宮」駅へ。これは市政府、市民センター


「少年宮」駅から歩きます


蓮花山公園の入り口へ 人の波










標高100mへの登山道も人でいっぱい


頂上広場の小平像
小平が「ここに香港を作れ」と言ってことから発展した深圳の街、深圳にとっては恩人なのでしょう。




去年よりもはっきりビルの数が増えました


人造湖も舟でいっぱい 30分45元




蹴羽根大会をやっていました

福田区 蓮花山公園

2006年 07月 09日
深圳の新市政府庁舎の北側に隣接する蓮花山公園へ初めて行ってみました。深圳の新都心部にある総面積1.66k㎡の奈良の平城宮跡より大きい公園です。


正門



昼間は暑いので夕方頃から出かけました。
マンションからはバスで10分、「有線電視台」で降り公園の北入口から入り頂上へ。
頂上と言っても海抜106mの低い山。大和三山の天香具山みたいで歩き始めて15分くらいで山頂に到着。4000㎡の頂上広場には小平の大きな像があります。

小平によって深圳が経済特区となり以後の発展を招いたわけですから、深圳人にとっては恩義のある人ですよね。

山頂からは深圳市内を眺めることができます。目の前に新市政府庁舎が見え、発展していく姿がよくわかります。

とにかくよく整備されきれいでした。新しい建造物もよく見られたところから、新市庁舎に合わせて整備が進んでいたのでしょう。朝夕の散歩などにはほどよい運動量。あちこし道草しながら歩いて6000歩ぐらいですから。


山頂広場にある小平像 市民センターに向いています



新市庁舎 市民センター



人造湖もあります。水深2.8m。貸しボートもやってます。
 

 

 




城市企画展室


パノラマにしてみました。左の赤いマンション群が30階建てぐらいですのでだいたいの規模が判りますね。後の山は香港です。クリックしてください、大きくなります(400k)


タグ / 蓮花山
前へ?   ? 次へ
2021_10


Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved