SSブログ

深圳 赤湾探訪 南山区赤湾 少帝墓

少帝墓
少帝墓

1278年、蒙古の侵入により南宋王朝が広東まで敗退した時のわずか8歳の南宋最後の少帝の墓。
家臣の宰相、陸秀夫に背負われて海に身を投げた、となっています。
いまではこの周辺は赤湾石油基地で、1982年に赤湾港建設工事の時に墓が発見されたようです。

バス226路の終点、「赤湾站」から歩いてそう遠くない、少し寂しいそうな気のするところにありました。
時々お参りの人がいますが、皇帝という名前からは惨めに感じられるほどのこぢんまりしたお墓です。でも、通りの名前は「少帝路」、追悼の意味があるのでしょう。
そして「少帝路」は「右炮台路」につながっていきます。


赤湾へのアクセス
バス →  赤湾 

2008.8.16と2008.9.18の写真から
文化財の碑


少帝を抱く宰相




少帝墓の前で






少帝路




少帝路に続く右炮台路


近くの赤湾村



「赤湾探訪」 おわり

深圳 南山区赤湾探訪 天后廟へ

2008年 09月 16日
天后廟

天后宮
媽祖と呼ばれ海の女神を祀ったお廟だとのこと。創建年代不詳。
毎年陰暦3月23日は天后の誕生日天后誕で、陰暦18日から23日まで法事が執り行われる。

入場料15元
バス 天后宮 →  天后宮 


天后廟へ
さて今回の赤湾史跡めぐり、次は天后宮です。左炮台をあとにして左炮台路を小南山を見ながら歩きます。
暑い中、20分ほど歩くと天后宮が見えてきました。
小南山を見ながら赤湾の集落に近づきます


天后宮へ


































深圳 南山区赤湾探訪 左炮台へ(2)

2008年 09月 01日

左炮台











砲台がにらんでいた海も今は石油基地


アヘン戦争の雄、林則徐の像


入り口にあった「愛国主義教育基地」はこの林則徐のことを指しているので しょう。









まだ他にもあるかと少し行ってみましたが何もなく・・・


左炮台路を通って次の目的地に向かいます




小南山


深圳 南山区赤湾探訪 左炮台へ(1)

2008年 08月 31日

左炮台

赤湾 炮台

1669年創建。右炮台と左炮台で、12門の大砲があり、兵舎などもあったようです。
→  左炮台 

アヘン戦争時には林則徐もこの炮台を利用しました。
左炮台は保存状態がよく1983年、深圳重点文物保護単位に指定。



バスを降りて歩きます




なんだかわからんところを通り過ぎて・・・


門に到着





石段を登っていくと




着きました




このガジュマルの樹齢は109年




炮台へ




深圳 南山区赤湾探訪 小南山公園 - 赤湾煙墩 (2)

2008年 08月 19日

赤湾煙墩
赤湾煙墩
1394年に築かれたようですが当時の様子はわからなくて現在では四角い砦のようになっていますが創建当初は丸かったという話もあるようです。
 →  赤湾煙墩  

小南山を登る

小南山を登り始める。
それにしても暑い。風がないし急な石段が拍車をかける。それでも20分ほど登るともう頂上に着いた。途中2人の人が登っていた。
標高はどれくらいだろう。200m程度かな。

頂上には歴史的建造物が・・・「赤湾煙墩」と書かれている。どうやらのろし台のようだ。下には右砲台(右炮台)と左砲台(左炮台)があったからアヘン戦争時にも関係していたのだろうか。

単純に小南山に登ってみたかっただけなのに思わぬところで歴史の勉強ができそうだ。万里の長城みたいな砦に登りしばらく写真を。
でも遺跡のそばに高圧線鉄塔を造るって・・・

登ってきたのとは別の道を下山。地図を見ると右砲台への道が書かれているので寄り道をしようとするが途中で引き返し、元の道を下山していくともう一つの小 南山公園の門に着いた。
登ったところよりはすこし大きくてそれらしい雰囲気が。
門の近くには煉瓦造り、煉瓦むき出しの3階建ての住居があった。生活者もいた。めずらしいので写真を。

あと南山のJUSCOのよって少し買い物をして帰宅。
これから登ります


急な石段をひたすら登って


赤湾港


20分ほどで頂上


赤湾煙墩がありました






深圳湾大橋が遠くに


すぐそばには高圧鉄塔


大南山






下山しています




もう一つの登山口


登山口近くの総煉瓦造りの住宅


赤湾港を



帰りに新しい南山のJUSCOで買い物。買い物を終えて外に出ると月が・・


小南山公園
おわり

深圳 南山区赤湾探訪 小南山公園 - 赤湾煙墩(1)

2008年 08月 18日

赤湾村の文化教室

楽器なんかの教室をやっているようですが・・ちょっと廃墟みたいな・・・
南山区の南端・赤湾へ


地図を見ていると蛇口方面、赤湾にいろいろ歴史的な場所であることに気付いて行ってみることにした。ネットでバスを調べるとバス226路が行けそうなので、まず245路の深圳湾口岸行きのバスに乗り海雅百貨で226に乗り換えいつものように初めてのバスはとりあえず終点まで。
途中には「天后宮廟(天后宫庙)」、「左炮台」の文字があった。いずれ行くことになる。
終点は赤湾。
少し歩いてみる。ちょっと古い感じの深圳のイメージ。何となく面白そう。民家へ続きそうな石段を登る。道が続いて関所のような門がある。入っても大丈夫だろうと判断をしてさらに進む。

道は小高いところを行く。古いが端正な感じのアパートが並び、海には港が見える。果樹園らしきところを過ぎさらに歩くと「小南山公園」の門がこぢんまりとあった。とすると、この山は小南山なのか?
中に入るが数人がトランプをしているだけで何もない。あたりを歩き回るがどうもはっきりしないのでゲームをしている人たちに聞いてみる。

「これが小南山?」と山を指さす。
「そうそう」
「登ることはできる?」
「できる、できる。そこから」

指さされた方を見るとさっきは気付かなかったけど草の陰に石段があった。よしよし。
ありがとうを言い登り始める。とりあえず今日は小南山でいいか、天后宮廟とか炮台は別の日にしよう。
つづく


大きなハルピン餃子の店がありました


23:30から6:30まで門が閉じられます


小高い住宅街を




赤湾港


華英路というようです


果樹園 盗難罰金






小南山公園


小南山


タグ / 赤湾探訪
前へ◄   ► 次へ
2020_07


Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved