SSブログ

2008-12-17  カテゴリ: 深圳スポット

《深圳散歩》龍崗区 原子力発電所 大鵬・大亜湾核電站

龍崗区 原子力発電所 大鵬・大亜湾核電站

2008年 12月 17日
深圳の原子力発電所

深圳に原発があるのを知ったのはかなり古くて私の香港時代の初期なので、私が知ってからすでに10年ほどになります。
香港にいた頃に香港周辺の原発地図みたいなのを見て深圳にたくさんの原発があることを知りかなり衝撃的でした。

表題の大亜湾核電站は予約をすれば見学ができるらしい発電所です。予約はなかったのですが大鵬に行ったついでにバスで寄ってみました。
バスは入り口の門の前まで行って終点。門には当然ながら保安がいて入場する人に許可証のようなものをチェックしていました。従って私は遠くから見ていまし た。

この核電站は深圳中心部から50kmほど東の大亜湾にあります。
1987年8月着工、1994年に正式営業を開始。発電量は100億度(「度」はkWh)以上でその70%を香港に供給して30%を広東 省に供給しているとのこと。
→ http://www.shenzhentour.com/sight/sightdetail.aspx?sid=201288891



バス終点の核電站入り口




ゲート ここで車と人をチェックしています



手ぶれ・・
バスの中である乗客が「そこで降りるので止めて」と言うと運転手は「12月15日からバス停のみで乗降することを厳格に守るよう通達されている」と張り紙を指さしました・・・
あーあ、ここもこれから融通がきかなくなるのか・・
2008-12-17 コメント(0) トラックバック(0)

コメント (0)

コメントを書く (发评论・可以用中文)

名前:[必須]
あなたのURL(名前にリンクされます):
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

2021_10


Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved