SSブログ

2008-05-13  カテゴリ: 奈良帰省日記

【奈良帰省日記2008】(3) 世界遺産 薬師寺、唐招提寺、平城宮跡を歩く 《1》 | 2008.4.29 |

奈良帰省日記 2008 (3) 世界遺産 薬師寺、唐招提寺、平城宮跡を歩く 《1》 | 2008.4.29 |

平城宮跡

平城宮跡へ 2008.4.29

電車で平城宮跡へ行くつもりをしていたが気分が変わり家から歩いてみることにした。
家を出て県道に入り子供の時に通っていた地元道へ迂回して九条駅に出る。付近の道が整備されきれいになっているので少し脱線してこちらを歩いてみる。

と、平城京西市跡と石碑ができていた。2010年に開催される遷都1300年記念事業の一環だろうか。ここはまだ郡山市、西市がこのあたりだったとは。少し行くと西市船着き場跡もあった。秋篠川が市場へ物資を運ぶ運河として利用されていたらしい。

自転車道を通ってまず薬師寺を目指す。まだ春の名残の菜の花がたくさん残っている。菜の花の菜種油を燃やしてそのすすから奈良の伝統工芸品である墨を作る。

それにしても帰省するごとにふるさとは美しくなっている。
自転車道をウォーキングする人もちらほら。若者はグループでにぎやか、初老の人々は一人で歩くのが目的のように一点を見つめてすたすた歩く。もうちょっと楽しく歩いてもいいのでは・・

家を出てから1時間あまりで薬師寺へ。あちこち道草しながら歩くので思わぬ時間がかかっている。
子供の時は1300年前の東塔と豊臣秀吉が造ったという仮金堂があっただけで堂内のみ拝観料が必要だったが、再建が進み堂宇が建ち並び拝観料も800円。

少し北にある唐招提寺を目指す。唐招提寺は解体修理中で通り過ぎ、自転車道を通って平城旧跡を目指す。

東側に平城旧跡が見えてきた。秋篠川沿いに歩く。このあたりの秋篠川は川を利用して庭園が造られていたとのことで京都を考え合わせて想像してみた。
郡山を出発




平城京 西市跡


薬師寺塔を


秋篠川と自転車道


薬師寺両塔


1300年の薬師寺東塔


30年満たない薬師寺西塔


10年満たない猫たち






近鉄西ノ京駅




薬師寺の花


唐招提寺へ




唐招提寺


菜の花がきれいです さらに歩いて




平城宮跡の朱雀門が見えて・・ 遠く大仏殿と三笠山

つづく
2008-05-13 コメント(4)

コメント (4)

marin   2008-05-14  (10:55)  

こんにちは!
久しぶりの日本いかがでしたか?一番いい季節でもあり、ひとしおでしょうね。でも本当に趣のある街ですね。
ところでシンセンへ明日訪れる予定です。そこでぜひお聞きしたいのがシンセンの空港は宝安空港ひとつですか?(国内線、国際線)空港内は広いのでしょうか、羅湖行きのリムジンバス乗り場はすぐわかりますか?最後に空港内に中国国内行きの半額くらいになるディスカウントチケット売り場がありませんか?跡で北京に向かうんですが上海には大変安くなる売り場があります。
突然大量質問で本当にすいません!今までがんばって情報収集していたのですが、空港内地図等手ついに入れることができず、戻られて間もないし、忙しいのではと思いつつまた聞いてしまいました。
明日早朝発つ予定です。

sceneway   2008-05-14  (13:04)  

marinさん
私もそんなに詳しいというわけではないのですが・・・

1. 深圳の空港は一つです。
2. 空港はそこそこ広いですが比較的シンプルです。特に到着なら問題ないと思います。
3. 空港を出たらバスのりばになっています。リムジンバスは出たすぐ、路線バスはその後あたりというところでしょうか・・
4. ディスカウントチケット売り場はちょっとわかりません

地図も調べてみましたがやっぱり見つかりません。

もうご存じだと思いますが・・・
http://www.airchina.jp/info/info_04.html#07
深圳宝安国際機場
http://www.szairport.com/CataLog_283.aspx
このブログ
http://sceneway.exblog.jp/7459526/

marin   2008-05-14  (15:58)  

迅速な回答ありがとうございます!
空港内の様子がちょっと垣間見れて少し安心しました。以前広州の空港の広さに閉口したことがあったので不安でした。
今準備でばたばたしています。今回の深圳回りがトラブルなしで有益なものであればと思います。
??!

sceneway   2008-05-14  (19:14)  

marinさん
よいご旅行をお祈りします。

コメントを書く (发评论・可以用中文)

名前:[必須]
あなたのURL(名前にリンクされます):
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


2021_10


Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved