SSブログ

2007-04-19  カテゴリ: 深圳の山と公園

《深圳の公園》羅湖区・仙湖植物園 (1)

羅湖区 仙湖植物園 (1) 弘法寺

2007年 04月 19日
仙湖植物園大門
仙湖植物園

マンション探しの時、偶然に見つけた植物園です。散歩してみようと初めて入園してみました。下調べをせずに植物園という名前で勝手に想像していたのですが全くの思い違いをしてました。広いのです。とりあえず歩いて回るというのはとんでもない話でした。

羅湖区の東、塩田区との境界の深圳最高峰梧桐山944mの麓、蓮塘にある植物園。1988年開園、その広さ590ヘクタール、ほぼ6k㎡、奈良公園と同じぐらい。天上人間、湖区、廟区、砂漠景区と松柏杜鹃景区の五大景区に分かれ、水生植物園、裸子植物園など十数個の植物園があります。
バーベキューをしたりキャンプしたりできるようです。

まあ何度も来るところですね。気持ちを変えてとりあえず全体を把握、その後日を変えて少しずつ回ってもいいかなと。そうすると散歩にはちょうどいい気がします。
今回は初めて、まだ見ていないところがたくさんあります。次のお楽しみでしょうか・・


20元の門票を買ってゲートへ。入り口の大きなゲートは車用でした。歩行者用は右の隅っこにありました。
入ると園内バスがあり、弘法寺へと書かれています。2元。こんなところならもっと高いと思っていたのですが意外に良心的。そういえば売店で売っているペットボトルのお茶も4元。街で買うと3元なので少し高いですが、観光地は普通5元取っているのでこれも良心的。この植物園はそういう場所かと頭にインプットされました。
クリックすると大きくなります






園内バスで弘法寺へ。予備学習をしてないのでとりあえず中へ。

弘法寺


















白い鳩がたくさんいました。




さて見学を終えて道しるべを見ながら歩き出すと遊覧バスが見えました。まず概要を。手っ取り早く乗ってみることにしました。
5元。

でもやっぱり道しるべには目安でいいのでキロ程を書いて欲しいですね。
タグ: 仙湖植物園
2007-04-19 コメント(4)

コメント (4)

kui-maky   2007-04-20  (01:05)  

今深圳で一番行きたいのはこの仙湖植物園です。
お寺好きの私は弘法寺でおまいりしたい!
広いと聞いていましたが、園バスがあると聞いて安心しました。
本格的に暑くなるまでに行ってみたいと思います。

sceneway   2007-04-20  (12:02)  

ほかに遊覧バスがありました。5元。
これは1方向に園内を1周していて乗り降り自由で何回も利用できます。
園内は23時までオープンということで白タクらしいものもたくさんいましたので足に困ることはないと思います。
概要が分かったので次は歩きに挑戦します。

遥   2007-04-20  (15:25)  

福州は仏教徒の方たちが多いのですが、やたらにおふだ等を燃やすんですよね。
街を歩いていると道端で燃やしている光景をよく見ます。
一度は隣のお婆さんが玄関前(!)で燃やしていて、事情を知らない私は火事かと驚きました。
団地の廊下で燃やすんですからね、困りものです。
妻がお婆さんに苦情を言うと、次からは専用のお釜(仏具展で売られている)を使ってくれるようになりました。(笑)

sceneway   2007-04-20  (23:11)  

あ、やっぱりありましたか。
深圳では見たことないのですが、香港に住んでいた頃同じようにマンションで近くの住人が通路で燃やしていました。おもちゃのお札です。
びっくりしました。台湾でたばこを吸いながらたばこの吸い殻をくずかごに直接捨てているのを見た時と同じようなどっきり感を味わいました。

でも苦情を言うとちゃんとしてくれるのですね、ちょっとだけ「ほっ」。

コメントを書く (发评论・可以用中文)

名前:[必須]
あなたのURL(名前にリンクされます):
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


2021_10


Produced by Sceneway   copyright [コピーライト] "中国夢時間 香港から深圳そして中山へ" all rights reserved